ゼラチンパックに注意!黒ずみ、角栓を効果的にとる方法は?

海外で話題になり、日本でもよく耳にするようになったゼラチンパック
材料も身近なもので、簡単にできてしまうからスキンケアにも取り入れやすいでしょう。

しかしこのゼラチンパック、注意したい点がいくつかあります。
失敗しないためにも、トライする前に作り方と一緒に注意点を詳しくみていきましょう。

ゼラチンパックとは

s-skin9

ヴィクトリアズ・シークレットのモデルとして有名なカーリー・クロスさん。
以前は日本製の「ビオレ毛穴パック」がお気に入りだったそうですが、今では自作のパックを愛用中と雑誌のインタビューでコメントされました。
そのコメントが発端で広まった自作のパックというのが、ゼラチンパックです。

そう、ゼラチンパックは自分で簡単に作れてしまう毛穴パックのことなんです。

※ほかにも保湿目的の「ゼラチンパック」がありますが、ここでは角栓除去のためのゼラチンパックをご紹介します。

ゼラチンパックの効果

毛穴の汚れは、なかなかクレンジングだけでは落としきれません。
そこから角栓(毛穴の詰まり)ができてしまうと、黒ずみが発生したりといった毛穴トラブルに頭を悩ませることになってしまいます。

そこで毛穴パックをしたりピーリングをしたりと、毛穴の汚れや詰まりを落とすために頑張る女性はたくさんいます。
ゼラチンパックは、そんな毛穴パックの一種になります。

毛穴の黒ずみや角栓をとり除き、毛穴の汚れをスッキリさせる効果があります。

保湿効果もある!?

個人の感じかたによりますが、ゼラチンパック使用後は「しっとりする」といった感想も多いようです。
これは、ゼラチンに含まれているコラーゲンが関係していると推測されています。

※コラーゲンは分子が大きいので、真皮にまでは届かないし定着もしませんが保湿効果はあるので、一時的にしっとりするんです。

しかしどちらかといえば、ゼラチンと一緒に使用する牛乳のほうが肌への効果が高いでしょう。
牛乳に含まれているタンパク質には、老廃物を取り除く作用(ピーリング効果)があります。
また、SODという酵素も含まれていて、これはアンチエイジングに欠かせない酵素の一つです。

こういったゼラチンと牛乳の作用から、ゼラチンパックには毛穴をきれいにする効果だけでなく、美肌効果も期待できるのです。

抗酸化

ゼラチンパックに挑戦!

s-skin8

では早速ゼラチンパックにチャレンジしてみましょう。

ゼラチンパックは牛乳とゼラチンで作ります。
どちらも食品で口に入れるものなので、市販の毛穴パックよりも安全な印象ですね。
ただし、牛乳にアレルギーのある人は使用できないので注意してください。

材料

・ゼラチン(味がついていないもの)…大さじ1

・牛乳…大さじ1

用意するもの

・耐熱容器

・電子レンジ

・(あると便利の)刷毛

たったこれだけで手軽に作ることができます。
刷毛があると顔に塗るとき便利なのですが、なくても大丈夫です。
ゼラチンは、パウダー状のものが溶けやすくて楽にパックを作れます。

ゼラチンパックの作り方

①ゼラチンと牛乳を耐熱容器に入れ、よく混ぜ合わせる

②そのままラップせずに、電子レンジ500Wで20秒~30秒加熱
(加熱し過ぎると固まってしまうので注意)

③温かいうちに、とろとろのハチミツ状になるまで手早く混ぜます。

これでできあがりです。

失敗しないコツ

ゼラチンの濃度が低いと、ちゃんと固まってくれません。

ゼラチンと牛乳を混ぜ合わせてレンジにかける前の段階は、ボロボロしてるくらいの固さがちょうどいいです。
レンジにかける前に、とろとろの固さを求めないようにしましょう。

ゼラチンパックのやり方

できあがったパックが適度な温度になったら、小鼻などの角栓が気になる部位に塗っていきます。(※ヤケド注意

そのまま放置してしまうと次第に固まってしまうので、粗熱がとれたら手早く塗ってしまいましょう。

塗り終わったら10分~20分ほど放置して、パックが乾くのを待ちます。
パックが乾いたら、外側からゆっくりとはがしていきます。

はがすときの注意

パックが乾燥して肌に貼りついてしまっているときは、無理やりはがさないようにしましょう。
お湯やぬるま湯で濡らし、パックをやわらかくしてはがしてください。

アフターケアをしっかり!

毛穴パックのあとは、毛穴がかなり開いています。
そのままにしないで、収れん化粧水や冷やした化粧水をつかい、毛穴を引き締めるようにしてください。

化粧水で肌を整えたら、しっかりと保湿ケアで肌を潤わせてください。

牛乳

ゼラチンパックの注意点

s-skin7

ゼラチンパックに限らず毛穴パックというものはすべて、角栓が目に見えて除去できるから楽しいものです。
しかし、角栓と一緒に角質層もはがしてしまうものでもあります。
ゼラチンパックは牛乳とゼラチンという食材でできていますが、こういった点は同じだということを忘れないようにしてください。

楽しくても、10日~2週間に1度を限度としておきましょう。
また、使用後は角質層がはがれた状態なので、肌が非常に乾燥しやすくなっています。
そのために保湿が必要だということも忘れないでくださいね。

欧米女性と日本人女性は違う!

でも、有名なモデルさんも愛用なのにそんなにリスクがあるの?と不思議に思う人もいるはずですね。
それは、ブームのきっかけになったカーリー・クロスさんは白人系のアメリカ人だからです。

欧米人(白人系)の肌は日本人の肌よりも、かなり表皮の層が厚くなっています。
欧米のエステでは、施術の前に必ずといっていいほどスクラブやゴマージュを勧めます。
そういった処理をしないと、美容成分が浸透しにくいくらい表皮層が厚くなっているからです。

表皮の厚さが日本人女性と違うことから、毛穴パックへのリスクも欧米人の場合は低いのです。

s-hart

上手に毛穴ケアを!

毛穴の詰まりを除去することは、スキンケアにおいて大切なことです。
しかし、毛穴パックを乱用しないようにしましょう。
頻度を守って、肌を傷めないように上手に毛穴ケアをしてくださいね。

毛穴パックについてのリスクが詳しく載っている記事です。
ぜひあわせてお読みください。

毛穴パック注意報!やり過ぎで肌がますます汚くなる!?

2016.04.30

スポンサーリンク