毛穴開きが気になるときに!収れん化粧水を上手に使う方法

収れん化粧水を使ったことはありますか。
聞いたことはあるけど、使ったことはない!という人も多いのではないでしょうか。

あまり馴染みがないというか、使いかたがよくわからない人が多い収れん化粧水。
毛穴の開きや皮脂が気になるときに、とても役に立ってくれるものです。

これからの季節にピッタリなので、今回は収れん化粧水について効果や使い方を解説していきましょう。

収れん化粧水とは

毎日スキンケア

「収れん」とは肌の組織を引き締める作用のことです。
つまり収れん化粧水とは、肌を引き締める効果に特化した化粧水ということです。

「引き締め化粧水」や「タイトニングローション」「トーニングローション」「アストリンゼントローション」とも呼ばれています。
たくさん呼び名があるんですね。
同じものだったんだ!と今気づいた人もいるかもしれません。

肌を引き締めるので毛穴だけでなく、たるみにも効果が期待できます。

毛穴、皮脂の強い味方!

収れん化粧水は目立つ毛穴や、皮脂でテカりが気になるときに役に立ってくれます。

毛穴が目立つからとファンデを重ねていっても厚塗りになるばかり…。
皮脂でテカテカの肌は化粧直しもうまくいきません。

収れん化粧水は、そんな困った肌の強い味方になってくれます!
テカリが気になる肌質の人は、夏だけでなく四季を通して活用できます。

セラミド、守る

収れん化粧水の2つの効果

毎日スキンケア

なぜ収れん化粧水は毛穴や皮脂に効果的かというと、大きな2つの特徴があるからです。

1・肌の引き締め効果(収れん作用)

収れん化粧水には収れん剤というものが含まれています。
この成分によって肌に引き締め効果が生まれます。

また、収れん化粧水でパッティングをすることで肌の熱が奪われます。
この冷却作用によって肌の温度が一時的に下がり、さらに毛穴が引き締まるようになります。

2・皮脂コントロール効果

収れん化粧水には皮脂をコントロールする作用もあります。
肌のベタつきが軽減されるので、夏には愛用者が増える理由の一つです。

皮脂がコントロールされると化粧のノリも良くなり、化粧崩れもしにくくなります。

普通の化粧水とココが違う!

収れん化粧水は肌を収れん(引き締める)させることに特化されています。
つまり普通の化粧水のように潤いを与えたり、肌をやわらかくしたりといった成分はメインになっていません。

だから収れん化粧水を普通の化粧水と同じようにバシャバシャつけてスキンケア終了!なんてことはN.Gです。
あくまで基本のスキンケアに、お助けアイテムとしてプラス使用しましょう。

収れん化粧水に使われている成分

毎日スキンケア

では、収れん化粧水はどんな成分で肌を引き締めるのかみていきましょう。

・ビタミンC
(ビタミンC誘導体など)

・植物抽出エキス
(ハマメリスエキス、アーチチョーク葉エキス、カテキンなど)

・有機酸
(クエン酸、タンニン酸、乳酸など)

・アルコール分
(メントール、エタノールなど)

こういった成分で肌や毛穴の引き締め効果を狙っています。
ビタミンCには引き締めだけでなく、皮脂コントロール作用も期待できます。

これらの成分に加えて、うるおいを与えるための保湿成分を配合している商品もあります。
(保湿成分の例:ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなど)

アルコール不使用タイプも

収れん化粧水を使ってみたいけど、アルコールはとり入れたくないという人もいると思います。
そんな人にはアルコール不使用タイプの収れん化粧水もあります。

アルコール不使用タイプは、植物由来成分を使っているものが多いです。
とくにハマメリスエキスという植物エキス配合が多く、アルコールのようにスーッとした清涼感が得られます。

収れん化粧水を使いたい肌・使いたくない肌

毎日スキンケア

収れん化粧水は特徴的な化粧水なので向き、不向きがあります。

収れん化粧水がおすすめの肌

・皮脂が気になる肌

・メイク崩れが気になる肌


・肌のたるみが気になる肌

こういった肌には収れん化粧水がおすすめです。

暑い季節になると皮脂が過剰になる人も一時的に使用するといいでしょう。
ただし皮脂が気にならない季節まで使用することはありません。
アルコールといった成分が肌への刺激になることもあるからです。

収れん化粧水をおすすめできない肌

・敏感肌

・乾燥肌

こういった肌には収れん化粧水をおすすめできません。
収れん化粧水のアルコール分が乾燥を進ませてしまうことがあるからです。

乾燥肌や敏感肌の人が収れん化粧水を使用したいときにはアルコールフリーの商品を選んでください。
それでも敏感肌はコットンで負担になることもあるので注意が必要です。

肌荒れを起こしている場合も、収れん化粧水の使用は控えるようにしましょう。

パッチテストをしよう!

新しいスキンケア用品を使用するときには必ずパッチテストをするのが基本です。
いきなり顔に使用するのはいけません。

とくにアルコール成分配合の場合は肌に刺激を与える可能性が高いといえます。
敏感肌じゃなくても、使用する前に必ずパッチテストをしておきましょう。

シリカ、肌

収れん化粧水の基本的な使いかた

毎日スキンケア

収れん化粧水を使ったスキンケアは

普通の化粧水
  ↓
乳液、クリーム
  ↓
収れん化粧水

基本的にはこの順序で肌に必要な成分をしっかりと入れてから、収れん化粧水で肌に閉じ込めるというイメージになります。

パッティングが効果的

収れん化粧水を使うときは、コットンにたっぷりと含ませてパッティングが基本です。
皮脂や毛穴が気になるところを中心に、弾ませるようにパッティングしていきます。(※こすってはいけません)

パッティングした部分がヒンヤリしてきたら終了です。

毛穴が気になるときは順番を変える

基本的には最後に収れん化粧水なのですが、毛穴が気になるときは洗顔後一番に収れん化粧水を使っても効果的です。
収れん化粧水の後に普通の化粧水→乳液、クリームとなります。

ただしこの使いかたをする場合はアルコール不使用タイプにしてください。
洗顔後すぐの肌には、アルコールの刺激が強すぎてしまいます。

メイク直しに応用できる!

毛穴は温度が高くなると開きやすくなります。
日中になってメイク直しをしようと思ったら毛穴が開いている!そんなときにも収れん化粧水が役に立ってくれます。

まずはミニサイズのスプレーボトルに収れん化粧水を入れておき、ポーチの中へ。
そしてメイクを直すときに…。

メイクが崩れた場所へシュッとひと吹き
   ↓
コットンで叩きながらメイクをオフ
   ↓
肌が落ち着くのを待つ
   ↓
ベースメイクをオン

これできれいにメイク直しができます。

s-summr

収れん化粧水を使ってみよう!

これから肌のテカリが気になる季節になってきます。
毛穴が目立つ、化粧が崩れやすいと感じたときは、ぜひ収れん化粧水を試してみてください。
さっぱりとした肌にメイクができるので、とても気持ちがいいですよ!

スポンサーリンク