目元のクマをやっつけたい!クマの原因と治し方は?

目元にクマがあると、顔がとっても疲れて見えてしまいますよね。
「目は口ほどにものをいう」という言葉もありますが、目元の印象は顔の印象を左右します。
クマに悩んでいる人は、老けて見える、具合が悪そうに見えるといったマイナスの印象に悩んでいるのではないでしょうか。

では、どうしてクマができるのでしょう?
その原因と改善策を解説していきます!

クマは3種類

毎日スキンケア

「クマ」と一言でいっても、大きく分けて3種類あります。

茶クマ」「黒クマ」「青クマ」です。
その種類によって原因も違うし、改善策も違ってきます。
まずは、自分のクマがどの種類になるのかを見極めてください。

茶クマ

まず、茶クマは色素沈着によって茶色く見えるクマです。

茶クマの原因

茶クマの色素沈着は、紫外線の影響や、目をこすったりすることが原因になります。
ほかにも、アイメイクが落としきれずに色素沈着を起こす場合もあります。

茶クマの改善策

・紫外線対策をしっかりとする
・美白効果のあるケア用品を使う
・メラニンの生成を抑える成分(ビタミンCなど)の食品をとり入れる
・アイメイクをしっかりと落とす

黒クマ

黒クマは、肌のたるみによってできる影で黒く見えるクマです。
もともと涙袋の大きい人ほど目立ちやすくなります。

黒クマの原因

黒クマのたるみは、加齢によって目の下の筋肉が衰えたり、肌のハリがなくなっていくのが原因です。
そのたるみによって影ができるので、コンシーラーでもごまかせない困ったクマです。

黒クマの改善策

・目元美容液でハリを取り戻す
・コラーゲンの多い食品をとり入れる
・目元の筋力を強化する表情筋トレーニングをする

青クマ

青クマは血行不良によって、目元が青く見えてしまうクマです。

青クマの原因

青クマは、睡眠不足などで血行不良になることが原因です。
目元の皮膚はとても薄いので、血行が悪くなると毛細血管が透けて見えるからです。
血流を改善すれば治るので、一番治しやすいクマといえます。

青クマの改善策

・目元を蒸しタオルで温める
・運動や入浴で血流を良くする
・鉄分の多い食品をとり入れる
・睡眠をしっかりととる

s-ka-nibaru

目元はデリケート

目元の皮膚は、ほかの部分の皮膚と比べて3分の1しかありません。
そのため刺激にも弱く、とてもデリケートです。

劣化もしやすく悩みも多くなる場所なので、つねにやさしく扱うようにしましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク