口周りのくすみ、どうにかならない?黒ずみをきれいに治すには?

口周りが、どうにもくすんで黒く見える…。
そんな悩みを抱えている女性は結構多いんです。

黒ずみがひどくなっている人はマスクで隠している場合もありますが、マスクを付けられないシーンもあります。
コンシーラーで隠そうにも口周りは動きが激しいので、ひび割れてしまいがちです。

そんな口周りの困ったくすみ、何が原因になっているのでしょうか。
解消法も含めて解説していきます!

口周りのくすみ、原因は?

毎日スキンケア

口周りのくすみは色素沈着によってできてしまったものです。
ではなぜ色素沈着を起こしてしまうのでしょうか。
原因はいくつかあります。

1・乾燥

口周りはほかの部分と比べて、皮膚が比較的薄くなっています。
そのために保湿力が低く、皮脂によるバリア機能も低くなっています。
また、食事や会話などでつねに動いているので消耗も激しい場所です。

こういった条件から乾燥しやすく、ターンオーバーが乱れがちになることでくすみができやすくなっています。

2・紫外線

紫外線の影響によって色素沈着が起きる場合もあります。

紫外線の影響は即日に現れるわけではありません。
徐々に蓄積されて将来的に黒ずみになっていきます。

紫外線によってメラニンが生成されてもターンオーバーさえしっかりしていれば、メラニンは排出されていきます。
ところが肌乾燥などでターンオーバーが追い付かなくなると、メラニンはそのまま排出されずに黒ずみになってしまうのです。

3・摩擦

口周りの産毛をカミソリで処理している人は、摩擦によって黒ずみができてしまう可能性が高いです。

摩擦による刺激はメラニンを過剰に分泌させてしまうので色素沈着を起こしやすいのです。

4・ビタミン不足

ビタミンが不足すると肌ダメージが防げなくなり、黒ずみができやすくなります。

とくにビタミンCビタミンEはメラニンの生成に大きく関わっている成分です。
ビタミンが不足しがちな食生活には要注意!

口周りのくすみ解消法

毎日スキンケア

肌の乾燥、ターンオーバーの乱れ、摩擦などが黒ずみの原因になるということを解説してきました。
では口周りのくすみを解消するには、どういった対策をとるべきなのでしょうか。

保湿に力を入れる!

まず第一に保湿をしっかりとし、肌乾燥を解消することです。

化粧水でたっぷりと水分を与えた後に、保湿機能を高める成分配合のクリームや美容液をとり入れます。
化粧水だけでは水分を肌に留めることはできないので注意しましょう。
肌の「保水力を高くすること保湿」です。

保湿に力を入れることでターンオーバーが正常になり、古い角質が入れ替わることでくすみが解消されます。
一朝一夕で解消されるわけではなく、最低でもターンオーバーが一周する期間(28日くらい)が必要です。

肌のターンオーバーの仕組み(正常な状態で28日ほどで生まれ変わる)

おすすめ成分はセラミド

肌の保湿成分はいろいろありますがセラミドがおすすめです。
角質層内に水分を抱え込む成分でバリア機能も高まるから効果的!

保湿成分については、こちらの記事を参考にしてください

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08
■バリア機能は超大事!

肌のバリア機能は、肌保湿の大事なキーポイント。
肌のバリア機能が低くなると外部刺激が侵入しやすくなり、肌内部の水分も蒸発しやすくなってしまうからです。

セラミドは肌の角質層内でバリア機能を保つ成分です。
肌乾燥を防ぐ成分として、かなり有効な成分といえます。

紫外線対策をしっかり!

メラニンの生成を増やさないためにも、外出のときは紫外線対策を忘れないようにしましょう。

室内でも日光がよく当たる場所なら紫外線対策が必要です。

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016.05.13

ビタミンCとビタミンEを補う!

肌の黒ずみ解消にビタミンを補っていきましょう。
とくに「ビタミンC」と「ビタミンE」が大切です。

ビタミンCにはメラニンの生成を抑え、くすみを解消する効果があります。

ビタミンEは抗酸化作用があり、メラニン生成の抑制と同時に血行も良くなるのでターンオーバーを助けてくれます。
※ただしビタミンEの過剰摂取はニキビの原因にもなりえるので注意が必要です。

美白になるビタミンC誘導体

ビタミンCをとり入れるならビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめ!

ビタミンCの美白効果は黒ずみ解消に効果的。
さらにはコラーゲンを生成する働きもあるので、肌のたるみ解消にも効果を発揮する優秀成分なんです。

しかしビタミンCはそのままでは肌に浸透しにくい成分。
そこで浸透しやすくしたものが「ビタミンC誘導体」になります。

ビタミンCは水溶性なので化粧水でとり入れていくのがいいでしょう。
(ビタミンC誘導体には油溶性のものもあります。油溶性と水溶性では特性がちょっと違います。)

生活習慣の見直し!

肌のターンオーバーを整えるために生活習慣を見直しましょう。
まずは良質な睡眠をとることです。
睡眠はターンオーバーを整えるうえでとても大切な生活習慣です。


肌をきれいにする睡眠のとり方とは?<体内美肌シリーズ3>

2016.10.20

睡眠前にスマホなどをみていると脳に刺激が残り、良質な睡眠がとれません。
睡眠前はゆったりと過ごし、深い睡眠でターンオーバーを整えましょう。

最近、モデルさんたちが愛用していることで話題の黒ずみケア商品ハーバルラビット

ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム
  • 無添加で肌にやさしい
  • 保湿成分がたっぷり4種類
  • 美白成分もたっぷり4種類
  • 60日間全額返金保証付き

セラミドやビタミンC誘導体といった黒ずみ解消に効果的な成分がしっかりと配合されています。
早く効果的にくすみを解消したいなら、こういった専用の黒ずみケア用品を試してみるのもいいですね!

60日間の全額返金保証もついているので、効果をしっかりと確認できます。

s-tenki

正しい対策でくすみ解消

口周りのくすみには、「保湿をしっかり」として「ターンオーバーを整える」ことが解消の近道になります。
仕組みとしては単純なので、がんばって明るい口元を取り戻していきましょう!

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

スポンサーリンク