ヒルドイドは魔法のクリーム?最初に知っておきたい注意点とは?

「究極のアンチエイジングクリーム」と呼ばれ、美容マニアの間で話題になったヒルドイド
美容大好きっ子なら、試した人も多いのではないでしょうか。

ヒルドイドの噂を耳にすれば、ちょっと試してみたい…と思う人も多いでしょう。
でも、ヒルドイドは普通のスキンケア商品とはわけが違います
まずはその入手方法や注意点など、基本的なことを知っておいてください。

ヒルドイドとは

毎日スキンケア

ヒルドイドは本来、保湿機能が必要な皮膚疾患に処方される「保険適用の処方薬」です。
かなりポピュラーな処方薬で、保湿薬といえばヒルドイドかワセリンが処方されるのが一般的です。

しかしワセリンが「油分のフタ」として皮膚を保湿するのに対して、ヒルドイドは皮膚に浸透して水分を留める働きをします。
この保湿力が、ヒルドイドを注目させるきっかけとなったんです。

ヒルドイドの効果

ヒルドイドには、大きく分けて3つの効果があります。
この効果が、ほかの高級な美容クリームにも負けないくらいの働きをしてくれます。

1・高保湿効果

ヒルドイドには高い保湿効果があります。
もっちりと内側から保湿されるような感覚があり、ネット上でも高く評価されています。

2・血行促進効果

ヒルドイドには火傷や傷跡を治すための、血行促進効果もあります。
この血行促進効果が肌のターンオーバーを整え、シミやくすみにも効果があるとされています。

3・抗炎症作用

ヒルドイドは皮膚疾患に処方される薬なので、抗炎症作用ももっています。
この作用によって、ニキビや肌荒れが改善されやすくなります。

ヒルドイドは薬です!

こういった高機能な効果から、ネット上でも話題になり、モデルさんにも愛用者が多いとされているヒルドイド。
しかし、あくまで「薬」です。

簡単には手に入らない

毎日スキンケア

ヒルドイドは、医師が処方しなければ手に入らない薬です。
そのへんのドラッグストアで気軽に買えるものではありません。

ネット上では、200~300円で安い!ともいわれていますが、それは保険が適用されて3割負担になった価格です。
そのほかにも初診料や処方料など、医療機関に支払うお金が必要になります。

副作用について

薬といえば、副作用が気になるところです。

どんな薬にも副作用というリスクはつきものですので、当然ヒルドイドにも副作用のリスクはあります。
ただしヒルドイドは古くから皮膚疾患に処方されている薬で、小児科でも処方されていることから、リスクは高くない薬といえます。

マナーを考える

皮膚疾患があるなら処方されて当然なのですが、美容目的となると話が違ってきます。

保険適用でヒルドイドを手に入れるということは、7割を税金で負担してもらうことになるのです。
美容目的に対して、税金を使わせてもらうのはどうかと批判の声も多く上がっています。

乾燥がひどい人なら「医療目的」ともいえますし、線引きが難しいところですが、良識の範囲で使用するべきものといえます。

ヒルドイド

ヒルドイドに代わるもの

毎日スキンケア

皮膚科を受診する名目がない、保険を使うのは気が引ける…といった場合は、同じような効果が見込める市販薬を試してみましょう。

ヒルドイドの主成分は、ヘパリン類似物質と呼ばれるものです。
同じくヘパリン類似物質が配合されているクリームは…。

・アットノンクリーム
・ピアソンHPクリーム
・ヘパリンZクリーム
・ノバルティスファーマHPクリーム
・マーカムHPクリーム
・ノンアフターHPクリーム

などがあります。
たくさんあるので、ドラッグストアで配合率などを確認しながら、現品を手に取ってみてください。

輸入品には注意する

ヒルドイドは海外でも販売されています。
輸入品を購入する手段もありますが、トラブルや安全性を考えると少し怖い気もします。
輸入品には、くれぐれも注意してください。

s-hart3

医薬品でも油断しない

医薬品だから万全だというわけではありません。
肌質に合う、合わないの相性もあります。
また、品質保持のための防腐剤や界面活性剤なども配合されていると考えるべきです。

とくに敏感肌の人は、パッチテストもしっかりとしたうえで使用するようにしましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク