肌がみるみる若返る!?注目の成分「CVアルギネート」とは?

肌のたるみが気になるなら、コラーゲンが必要です。
コラーゲンは肌の一番奥で、ハリを保っている成分だからです。

しかし、コラーゲンは肌にとり入れにくいという難点が…。
そこで活躍する成分が、CVアルギネートです。
新しく注目されている成分ですが、コラーゲンとどういった関係がある成分なのか、どんな働きがあるのか詳しくみていきましょう。

CVアルギネートとは

毎日スキンケア

CVアルギネートは、海藻由来の粘度成分です。
ポーラ研究所が開発した成分で、アンチエイジングへの効果が期待されています。

ではどういった働きで、アンチエイジングができるのでしょう。

CVアルギネートの働き

真皮にあるコラーゲンヒアルロン酸エラスチンといった成分が肌の弾力やハリを保っています。
これらの成分が衰えてしまうと、肌は弾力を失ってたるんでいきます。
だからこれらの成分は、アンチエイジングにおいてとても大切な成分です。

そしてそのコラーゲンやエラスチンを作りだしているのが線維芽細胞です。
CVアルギネートには、この線維芽細胞を活性化させる働きがあるんです。

つまりCVアルギネートによって、コラーゲンなどの肌の弾力成分が増えやすくなるという、夢のような成分なんです。

CVアルギネートによってコラーゲンが1.7倍に!

研究によると、CVアルギネートを線維芽細胞に添加したところ、コラーゲンの産生量が1.7倍にも増えたという研究結果が出ています。

これは、コラーゲンを単体で摂取するよりもずっと高い効果といえます。
なぜならコラーゲンは肌にとり入れることがとても難しい成分だからです。

コラーゲンは摂取しにくい成分

そもそも、どうしてコラーゲンは摂取しにくいのでしょうか。
大きな理由は二つあります。

まず、コラーゲンは分子がとても大きい成分です。
そのために、肌になかなか浸透してくれません。

もう一つは、コラーゲンは肌の一番奥(真皮)で働く成分なので、そこまで大きな分子を届けるのはとても難しいといえるからです。

「低分子コラーゲン」や「マイクロコラーゲン」など、分子を小さくして浸透させやすくしたコラーゲンもありますが、それでも摂取が難しい成分といえます。
また、真皮まで届けることができたとしても、自ら生成されたコラーゲンでなければ定着はできません。(保湿効果のみということになります)

だからコラーゲンは、単体でとり入れるよりも「コラーゲンを生成する成分」をとり入れたほうが効率がいいといえるのです。

コラーゲンについて、詳しい記事はコチラ
コラーゲンの働きについても載っているので、ぜひ参考にしてください

肌のハリが欲しかったらコラーゲンを!コラーゲンの基礎知識

2016.02.22

CVアルギネート配合のスキンケア

毎日スキンケア

CVアルギネート配合のスキンケア商品は、どちらかといえば年齢肌が気になる人向けといえます。
CVアルギネートのほかにも、保湿がしっかりできるセラミドなどが配合されているものがおすすめです。
保湿力が高くなると、敏感肌にも対応できます。

セラミドについて、詳しい記事はコチラ

保湿成分ならセラミド!セラミドの基礎知識を5分で学ぼう

2016.01.26

おすすめはアヤナス

CVアルギネートが配合されていて、保湿もしっかりできるスキンケア商品ならアヤナスがおすすめです。

アヤナスに配合されているセラミドは、「ヒト型ナノセラミド」で、とにかく浸透力も高い
@コスメでも高評価の、敏感肌と年齢肌に対抗できるスキンケアシリーズです。

まずはトライアルで試してみてください。

敏感肌ケア×エイジングケア・アヤナストライアルセットのお試しはコチラ

s-bag

CVアルギネートでハリを実感!

コラーゲン単体では、なかなか肌のハリを実感できなかった人…ぜひ一度CVアルギネートをとり入れてみてください。
気になるほうれい線にも効果的です!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク