乾燥肌にも!ミルフィーユ塗りの効果で一日中しっとり肌が続く!

乾燥肌が気になる人、小じわが気になる人は、スキンケアでも保湿に力を入れたいですよね。
そんなとき、どんな保湿対策をしますか。

もちろん保水力が高くなるスキンケア用品をとり入れるのが一番いいでしょう。
しかしいい保湿成分が配合されていると、どうしてもお値段が高いものです。

そんなときはミルフィーユ塗りがおすすめ!
乳液と化粧水があれば簡単にトライできてしまいます。

ミルフィーユ塗りとは

毎日スキンケア

一般的なスキンケアといえば、洗顔のあとに「化粧水→乳液→クリーム」の順番ですね。
しかしミルフィーユ塗りとは、「乳液→化粧水→乳液→化粧水…」と、乳液と化粧水を交互に肌に重ねていく方法です。

ケーキの「ミルフィーユ」が、クリームとパイ生地を何層にも重ねているのに似ていることから、ミルフィーユ塗りと命名されました。

乳液を一番に塗る効果

まず疑問に思うのは、「一番最初に化粧水じゃないの?」という点ですね。
洗顔後の手順として、あたり前になっている化粧水を飛ばすのは、なんとなく不安に思う人もいるはずです。
しかし乳液を一番最初にすることで、大きなメリットがあります。

それは、乳液が「ブースター」の代わりになるというメリットです。
洗顔後の肌は乾燥しているので、化粧水が浸透しにくくなっています。
濡れたタオルには水分がスッと染み込むのに、乾いたタオルは水分をはじくのと同じ原理です。

そこで化粧水を浸透させやすくするのが、ブースターです。
乳液がこのブースターの代わりになり、油分で柔らかくなった肌にスッと化粧水を染み込ませてくれます。

乳液と化粧水を交互にする効果

乳液がブースターの代わりになるだけでなく、乳液と化粧水を交互に重ねることで、一日中うるおい感が続くようになります。

高価な化粧水やクリームを用意する必要もなく、手持ちの化粧水と乳液だけでうるおい感が実感できるのでお得な気分に!

ミルフィーユ塗りのポイント

毎日スキンケア

簡単に手持ちの化粧水と乳液でできてしまうミルフィーユ塗りですが、大事なポイントがあります。

ポイント!浸透させてから重ねる

乳液、化粧水と重ねていくわけですが、このときにすぐ塗っていかないようにしましょう。

ハンドプレスでしっかりと肌に吸収させ、ベタつかなくなってから次を塗るのがポイントです。
こうすることで、ミルフィーユ塗りが最大限に生かされるようになります。

化粧水は「しっとりタイプ」よりも「さっぱりタイプ」のほうがベタつきにくいので、ミルフィーユ塗りには向いているといえます。

s-hart3

美容液も浸透しやすくなる

ミルフィーユ塗りは美容液の浸透も良くしてくれるので、最後には保湿力の高い美容液を使うのもおすすめです。

ただしミルフィーユ塗りはうるおい感があるものの、肌の保水力を高めるものではありません。
あくまで一時的な方法として使い、できれば保水力が上がるクリームや美容液で根本的な改善を目指しましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク