アラサー女子に贈る!後悔しないスキンケア

アラサーに突入すると、女性の肌は「ゆらいで」きます。
つまり肌に安定感がなくなってくるんです。

保湿成分の減少が本格的になり、バリア機能の低下や肌の酸化による老化現象など、さまざまな要因が影響してきます。

そんな、不安定になってくる30代の肌。
ここでしっかりとスキンケアをしていかないと10年後の肌に大きく差がついてしまいます

では、どんなスキンケアで乗り切っていくべきなのでしょうか。
アラサーの肌状態と、効果的なスキンケア対策をみていきましょう。

アラサーの肌は、こんな肌

毎日スキンケア

肌が本来もっている保湿成分など、大事な肌機能はだいたい20歳くらいから減少がはじまります。
でも20代はまだ「減りはじめ」なので、肌の衰えは感じない人がほとんどです。
肌トラブルとしては「大人ニキビができやすくなったかな?」くらいでしょう。

しかし20代も後半になってくると「お肌の曲がり角」に突入。
肌の保湿成分の減少が影響しはじめ、肌内部の水分が足りなくなってきます

肌の水分量が減少することによって肌乾燥、毛穴の開きなどからはじまり、やがて肌のたるみも気になるように…。
こうしてさまざまな肌悩みが生まれるようになるのが、アラサーの肌です。

肌悩みの種類

ではアラサーになると、どんな肌悩みが生まれてくるのかみていきましょう。

大人ニキビ

10代の頃にニキビができやすくなるのは、成長ホルモンによる皮脂分泌過剰が原因です。(思春期ニキビといいます)

20代以降ににできるニキビは、肌の乾燥による毛穴の詰まりなどが原因になります。
肌が乾燥することによって皮脂分泌も過剰になるからです。

こうした20代以降のニキビは大人ニキビと呼ばれています。
Tゾーンや頬にできやすい思春期ニキビと違い、Uゾーンにできやすかったり同じ場所に繰り返しできやすいという特徴があります。

ホルモンバランスも影響するので、生理前などの同じタイミングでできる人もいます。

目元のしわ

目元はほかの部分に比べてかなり皮膚が薄くなっています。
さらに瞬きの酷使に加え、最近ではスマホやパソコンによる負担も大きくなっています。

そしてメイクの負担もかなり大きくなっているはずです。
アイメイクは「落ちにくさ」をウリにしている商品が多く、するとメイクオフには洗浄力の強いクレンジングを必要としてしまうからです。
洗浄力が強ければ強いほど、肌の保湿成分も奪われやすいと思ってください。

クレンジング基礎知識/アイメイクは特別に!その理由と落とし方

2016.03.21
こうしてデリケートなうえに負担がかかりやすい目元は、どこよりもしわができやすいパーツといえます。
保湿成分の減少がいち早く影響してしまうわけです。

ほうれい線

鼻から口にかけてできるほうれい線
できてしまうとメイクでのごまかしもきかず、かなり見た目年齢を上げてしまう厄介な存在です。

こうしたほうれい線も、じつは肌の乾燥が原因になります。
乾燥から肌のハリがなくなり、たるんでいくからです。

そして紫外線の影響も大きいと考えてください。
紫外線による影響はシミだけでなく、波長の長いUV-Aが真皮にまで届くことでコラーゲンエラスチンを破壊してしまいます。

肌のハリを保っているコラーゲンが減少することでよりほうれい線ができやすくなります。

シミ

紫外線といえばやはり心配なのがシミ
紫外線によりメラノサイトからメラニンが過剰に分泌してしまうからです。

しかしじつはターンオーバーさえしっかりしていれば、メラニンはちゃんと排出していきます。
ところがターンオーバーが狂ったり、紫外線対策を怠ったりしてしまうと排出が追い付かなくなってしまうのです。

だからターンオーバーが活発だったころは、日焼けしてもなかなかシミになったりしなかったんですね。

毛穴の開き

肌が乾燥すると、毛穴も開きやすくなります。
とくに30代でできやすいのは、肌のたるみにともなって毛穴もたるむ「たるみ毛穴」です。

よくみるとしずくの形に開いているのが特徴です。
そっと肌をもち上げると毛穴がみえなくなるなら、このたるみ毛穴です。

普通の毛穴ケアでは治せず、肌の底上げが必要になります。

こうしてアラサーになると、年齢を感じさせるような肌トラブルが増えてきます。
思い当る人も、まだ思い当らない人も、スキンケアを見直していく必要があるんです!

アラサーのスキンケア

毎日スキンケア

ではアラサーの肌に必要なスキンケアを確認していきましょう。

1・保湿

肌の保湿成分が減っていくので、まず第一に保湿を見直します。
前述したように肌が乾燥することによって、さまざまな肌トラブルが発生してしまうからです。
アラサーの肌に保湿は基本の基本といえます。

だからここで間違っていけないのは「保湿」の本当の意味です。
肌に水分を与えるだけを保湿と思ってはいませんか。
アラサーになったら、そのカン違いが肌を大きく左右することになります。

保湿の意味

本当の意味での保湿とは肌の水分を保つ力、つまり「保水力」を上げることを指します。
アラサーになって保水力が下がっている肌に、保水力を上げる保湿成分を与えることがなにより大切。
化粧水でいくら肌に水分を与えても、その水分を保てる保水力がないと意味がなくなってしまうからです。

肌の保水力を上げて肌の水分量が上がれば、乾燥によって起きていく肌トラブルを回避していけます。

保湿成分はいろいろありますが、三大保湿成分といわれているのが「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」です。

三大保湿成分の違いについては、こちらの記事に詳しく載っているので参考にしてください

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

迷ったらラインで使う

しかし肌の保湿といっても、どう基礎化粧品を選べばいいかわからない…といった場合はとりあえずラインで使ってみましょう。
「保湿」に重点を置いたシリーズなら目的が明確になっています。

ラインで使うことでより効果も高めることができるように開発されているはずです。

2・洗顔、クレンジング

つぎに洗顔クレンジングを見直します。
洗顔とクレンジングは、ほとんどの人が毎日行っているものです。
これを間違ってしまうと毎日の「間違い」の積み重ねが、いずれ大きな肌ダメージとなっていきます。

アラサーになったら「ただメイクを落とす」「肌をスッキリさせる」だけの洗顔からは卒業しましょう。
なぜなら、それではますます肌の保湿成分が減少してしまうからです。
保湿成分を補いたいアラサーの肌なら、少しでも保湿成分を守る必要もあります。

まずクレンジングは「メイクが落ちればいい」というものではありません。
自分のメイクに合わせて、できる限り少ない刺激のクレンジング剤を選びます。

クレンジング剤の選びかたについては、こちらの記事を参考にしてください

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18
同じように洗顔でも、肌への刺激をできるだけ減らすようにしていきます。
おすすめは洗顔石鹸です。
洗顔フォームよりも刺激が少なくなっています。

洗顔は石鹸の選び方で大きく変わる!洗顔フォームとの違いは?

2016.07.02
「朝は洗顔料を使わずに、夜だけ洗顔料を使う」という方法もあります。
朝だけでも、洗顔料から保湿成分を守るためです。
ただしこれはすべてのアラサーにすすめられるものではありません

自分に合っているかどうかは、こちらの記事を参考にしてください

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016.03.17

3・スペシャルケア

自分の肌状態に合わせてスペシャルケアもプラスしていきましょう。

紫外線を多く浴びた日はパックをする。
目元の乾燥が気になるときは目元美容液を使うなど、肌コンディションに合わせて使用していきます。

自分の肌コンディションを把握するには、毎日のスキンケアのときにチェックを欠かさないことがポイント。
肌の変化を見逃さないようにしましょう

s-bas

アラサーのスキンケアで、アラフォーの肌を守る!

アラサーに突入しても肌をしっかりと守るスキンケアをしていけば、アラフォーになったときに「して良かった!」と思える肌になっているはずです。
毎日のスキンケアは、積み重なって将来の肌へとつながっていきます。
後悔しないためにもしっかりとスキンケアをしていってくださいね!

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

スポンサーリンク