アラサー女子に贈る!後悔しないスキンケア

アラサーに突入すると、女性の肌は「ゆらいで」きます。
つまり肌に安定感がなくなってくるんです。

保湿成分の減少が本格的になり、バリア機能の低下や肌の酸化による老化現象など、さまざまな要因が影響してきます。

そんな、不安定になってくる30代の肌。
ここでしっかりとスキンケアをしていかないと、10年後の肌に大きく差がついてしまいます

では、どんなスキンケアで乗り切っていくべきなのでしょうか。
アラサーの肌状態と、効果的なスキンケア対策をみていきましょう。

アラサーの肌は、こんな肌

毎日スキンケア

肌が本来もっている保湿成分など、大事な肌機能はだいたい20歳くらいから減少がはじまります。
でも20代はまだ「減りはじめ」なので、肌の衰えは感じない人がほとんどです。
肌トラブルとしては、「大人ニキビができやすくなったかな?」くらいでしょう。

しかし、20代も後半になってくると「お肌の曲がり角」に突入。
肌の保湿成分の減少が影響しはじめ、肌内部の水分が足りなくなってきます
こうしてさまざまな肌悩みが生まれるようになるのが、アラサーの肌です。

アラサーの肌悩み

アラサーになると、こんな肌悩みが生まれてきます。

・大人ニキビ

・目元のシワ


・ほうれい線


・シミ


・毛穴の開き


・頬のたるみ
こういった、年齢を感じさせるような肌トラブルが増えてきます。
思い当る人も、まだ思い当らない人も、スキンケアを見直していく必要があります。

アラサーのスキンケア

毎日スキンケア

では、アラサーの肌に必要なスキンケアを確認していきましょう。

1・保湿

肌の保湿成分が減っていくので、まず第一に保湿を見直します。
肌が乾燥することによってさまざまな肌トラブルが発生していくので、アラサーの肌に保湿は基本の基本になってきます。

ここで間違っていけないのは、「保湿」の本当の意味です。
肌に水分を与えるだけを、保湿と思ってはいませんか。
アラサーになったら、そのカン違いが肌を大きく左右します。

本当の意味での保湿とは、肌の水分を保つ力、つまり「保水力」を上げることです。
アラサーになって保水力が下がっている肌に、保水力を上げる保湿成分を与えることが大切です。
化粧水でいくら肌に水分を与えても、その水分を保てる保水力がないと意味がなくなってしまうからです。

肌の保水力を上げて肌の水分量が上がれば、乾燥によって起きていく肌トラブルを回避していけます。

保湿成分はいろいろありますが、三大保湿成分といわれているのが「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「セラミド」です。

三大保湿成分の違いについては、こちらの記事に詳しく載っているので参考にしてください

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

2・洗顔、クレンジング

つぎに、洗顔クレンジングを見直します。
洗顔とクレンジングは、ほとんどの人が毎日行っているものです。
これを間違ってしまうと毎日の「間違い」の積み重ねが、いずれ大きな肌ダメージとなっていきます。

アラサーになったら「ただメイクを落とす」「肌をスッキリさせる」だけの洗顔からは卒業しましょう。
なぜなら、それではますます肌の保湿成分が減少してしまうからです。
保湿成分を補いたいアラサーの肌なら、少しでも保湿成分を守る必要もあります。

まず、クレンジングは「メイクが落ちればいい」というものではありません。
自分のメイクに合わせて、できる限り少ない刺激のクレンジング剤を選びます。

クレンジング剤の選びかたについては、こちらの記事を参考にしてください

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18

同じように、洗顔でも肌への刺激を減らすようにしていきます。
おすすめは「朝は洗顔料を使わずに、夜だけ洗顔料を使う」という方法です。
朝だけでも、洗顔料から保湿成分を守るためです。

ただし、これはすべてのアラサーにすすめられるものではありません

自分に合っているかどうかは、こちらの記事を参考にしてください

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016.03.17

3・スペシャルケア

自分の肌状態に合わせて、スペシャルケアもプラスしていきましょう。

紫外線を多く浴びた日は、パックをする。
目元の乾燥が気になるときは目元美容液を使うなど、肌コンディションに合わせていきます。

自分の肌コンディションを把握するには、毎日のスキンケアのときにチェックを欠かさないことがポイントになります。
肌の変化を見逃さないようにしましょう

s-bas

アラサーのスキンケアで、アラフォーの肌を守る!

アラサーに突入しても肌をしっかりと守るスキンケアをしていけば、アラフォーになったときに「して良かった!」と思える肌になっているはずです。
毎日のスキンケアは、積み重なって将来の肌へとつながっていきます。
後悔しないためにも、しっかりとスキンケアをしていってくださいね!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

スポンサーリンク