毛穴パック注意報!やり過ぎで肌がますます汚くなる!?

肌の角栓は気になるものです。
毛穴からプツプツと白い角栓が出ていると、どうしても取ってしまいたくなりますよね。
そしてついやってしまいたくなるのが、角栓をごっそり取ってくれる毛穴パック

しかし毛穴パックには要注意!
やり過ぎると、かえって肌が汚くなってしまいます。

では毛穴パックのリスクと注意点について、しっかりとみておきましょう。

毛穴パックは肌ダメージが大きい!

毛穴パックは、肌から無理やり角栓をはぎ取るという仕組みのものです。
毛穴にのみアプローチしているわけではなく、毛穴パックを張り付けた「肌全体」を引っ張っています。
そのときには角栓だけでなく、肌表面の角質層まで一緒にはがしてしまいます。

角質層がダメージを受けてしまうと肌が乾燥し、バリア機能も低下して外部刺激に対抗できなくなってしまいます。
さらには肌内部の水分も蒸発しやすくなるといった状態に…。

たしかに角栓が毛穴に詰まっていると目詰まり毛穴になったり、ニキビに発展したりしていきます。
だから角栓を取り去るというのも大切なのですが、毛穴パックは肌へのダメージも大きいということも知っておかなくてはいけません。

毛穴パックで毛穴トラブルに…!

毛穴をきれいにするために毛穴パックをしたはずなのに、逆に毛穴トラブルを招く可能性もあります。
どんな毛穴トラブルになるかというと…。

開き毛穴になるかも?

毛穴パックのやり過ぎで肌が乾燥すると、角質層が厚くなっていきます。
角質層が厚くなると毛穴がクレーターのように盛り上がっていき、ぽっかりと穴が開いたようになるのです。
これは開き毛穴と呼ばれる毛穴トラブル。

開き毛穴を治そうと毛穴パックをする人もいるようですが、それは逆効果なので注意してください。
開き毛穴の場合は角栓が詰まっているわけではないので、毛穴パックは必要ありません。

開き毛穴については、こちらの記事を参考にしてください

開き毛穴の原因と治し方がまるわかり!もう毛穴を見せたくない!

2016.01.21

黒ずみ毛穴になるかも?

肌が乾燥することによってかえって皮脂分泌が多くなり、角栓ができやすくなる可能性もあります。
その角栓が酸化して黒くなってしまうと黒ずみ毛穴になってしまいます。

いわゆる「イチゴ鼻」というものです。

黒ずみ毛穴については、こちらの記事を参考にしてください

黒ずみ毛穴の治し方を知りたい!鼻のイチゴよ、さようなら!

2016.02.03

こんな風に毛穴ケアをするつもりが、かえって大きな毛穴トラブルになってしまうこともあります。

s65

毛穴パックの注意点

毎日スキンケア

では、毛穴パックはどう使っていけばいいのでしょうか。

毛穴パックの頻度

毛穴パックの頻度は、せいぜい10日~2週間に1回にしておきましょう。

これ以上になると、肌ダメージのほうが心配です。

保湿を忘れずに

毛穴パックのあとは、肌がかなり乾燥しています。

毛穴パックの使用後にはしっかりと化粧水で水分補給し、保湿成分配合のクリームでフタをします。
毛穴パックと保湿はセットで行ってください。

毛穴パック以外の角栓ケア

毎日スキンケア

毛穴パック以外でも、角栓をきれいに取る方法はいろいろあります。

おすすめなのはこちらの方法です。
肌にやさしく、綿棒とオイルでできるのでぜひ試してみてください。

オイルと綿棒で角栓ポロポロ!これで小鼻もスッキリきれいに!

2016.04.03
s-hart3

毛穴パックは正しい頻度で

毛穴パックをはがしたときに、白い角栓がシートについていると「取れた!」と気持ちよくなりますよね。
しかし気持ちが良くても、毛穴パックはときどきにしておきましょう。

スポンサーリンク