ニキビ肌のスキンケア、間違ってない?化粧水選びのポイントは?

ニキビ肌に悩んでいる人は、スキンケアにも気をつけているはずです。
でも、大丈夫?間違ってはいませんか?

今回は、意外と間違えがちな化粧水のお話です。
ニキビ肌のときは、どんな化粧水を選ぶべきなのでしょうか。

化粧水の役目

毎日スキンケア

化粧水の役目は、「肌の水分補給」です。

洗顔後は、肌の水分量が一気に低下しています。
そこで、まずは化粧水で肌の水分量を整えます。

ここでカン違いしていけないのは、肌に化粧水で水分を与えたからといって「保湿」にはなっていないということです。
化粧水は肌の水分と一緒に、やがて蒸発してしまうので、必ずクリームなどでフタをする必要があります。

ニキビ肌は何を求めている?

毎日スキンケア

ニキビ肌の原因は、「皮脂」にあります。
皮脂が毛穴に詰まるところから、ニキビが発生するからです。

これは、誰もが知っていることなので、ニキビができるとまず皮脂をおさえようと考える人がほとんどです。
これは、間違ってはいません。

ただし、「皮脂をおさえる方法」を間違えている場合があります。
なんとなく、肌がサラサラしているほうが皮脂が少ないようなイメージになりますよね。
しかし、ニキビ肌はサラサラしたいわけではありません。

ニキビ肌は保湿を求めている

「保湿」=「ベッタリ」というイメージをもっている人も少なくないでしょう。
しかし、保湿を意識したスキンケアで一時的に肌がベタついても、皮脂量が増えているわけではありません。

肌は、水分量が少なくなると皮脂を分泌するようにできています
つまり、皮脂量のコントロールが必要なニキビ肌には、「保湿」が必要だということです。

とくに、大人になってからできる「大人ニキビ」には保湿が大事になってきます。

精製水

ニキビ肌への化粧水

毎日スキンケア

化粧水は、洗顔後の肌の水分量を整える大事な役割をもっています。
その後にフタをされて、肌に留まるわけですから、もちろん化粧水選びも保湿を意識する必要があります。

ニキビ肌に選びたい化粧水

ニキビ肌の人は、「さっぱりタイプ」や「皮脂をおさえる」といった化粧水を選びがちです。
しかし、そういった化粧水を選ぶ必要はありません。

ニキビ肌には、保湿成分が入った化粧水を選びましょう。
保湿成分には「セラミド」や「ヒアルロン酸」など、いろいろなものがあります。
しかし、一言で保湿成分といっても、それぞれ特色があります。
肌の保湿を第一に考えるなら、「セラミド」配合の化粧水がおすすめです。

保湿成分の違いについては、こちらの記事を参考にしてください。
乾燥肌、敏感肌向けに書いた記事ですが、保湿成分の違いがわかります。

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

ニキビ肌に選びたくない化粧水

まず、絶対に避けたいのはアルコール入りの化粧水です。
肌を乾燥させ、皮脂の分泌量を上げてしまいます。
肌トラブルの原因にもなりかねません。

つぎに、さっぱりタイプや皮脂をおさえるタイプの化粧水も、肌を乾燥させる可能性があるのでやめておきましょう。

また、大人ニキビの人が、思春期ニキビ向けの化粧水を使うのもNGです。
思春期ニキビ向けの化粧水は殺菌効果があるため、肌を乾燥させてしまいます

s-hart2

ニキビ肌こそ、肌の水分量が大事!

肌の皮脂量をコントロールするためにも、化粧水の成分を見直してみましょう。
ニキビ肌こそ、水分量をしっかりとキープできるスキンケアを目指す必要があります!

肌の水分量を上げるには、こちらの記事を参考にしてください。

あなたの肌の水分量は何%?水分量を上げるためのポイント5つ

2016.03.22

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク