紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

紫外線は肌に悪い!というのが一般的な考えです。
だから日差しが強くなってくると、誰もが紫外線対策を始めますよね。
肌をしっかりガードしたい人は、季節に関係なく紫外線対策をしています。

では紫外線が肌にどんな影響を与えるのか、知っていますか。
また、紫外線って悪影響しかないのでしょうか。

今回は日差しが強くなる前に、紫外線の種類、肌への影響についてを学んでおきましょう。

紫外線とは

毎日スキンケア

紫外線は太陽から出ている光の一種です。
じつは、太陽の光って電磁波なんです。
つまり紫外線も太陽光線の一つなので、電磁波ということになります。

電磁波というのは、電気と磁気が影響しあってできる「波」のことです。
その波が、1回のうねりでどのくらいの距離を進むかを表すのが「波長」という言葉になります。

太陽光線は紫外線可視光線赤外線と3つの種類に分けられます。
そしてその中で、一番波長が短いのが紫外線です。

紫外線は有害なだけではない

紫外線は必ずしも人体に悪影響だけを与えるわけではありません。
紫外線には、体内でビタミンDの合成を助ける働きがあります。
ほかにも血行や新陳代謝を良くしたり、殺菌消毒をする作用あります。

ただしビタミンDの合成については、体内のコレステロールでも合成ができます。
ビタミンD生成のために紫外線をとり入れる必要はないということです。

紫外線の種類

毎日スキンケア

一言で紫外線といっても、さらに3つの種類に分けられます。
それが「UV-A(長波長紫外線)」「UV-B(中波長紫外線)」「UV-C(短波長紫外線」です。

紫外線、種類

紫外線の場合は波長が短いほど有害になっています。
この中で一番波長が短いのはUV-C。
UV-Cをまともに浴びれば、皮膚が焼けただれるほどの害があるといわれています。

オゾン層がUV-Cから守ってくれる

では、なぜ私たちが皮膚を焼かれることなく生活できるかというと、オゾン層がUV-Cをカットしてくれているからです。

だからどんどんオゾン層が破壊されてしまうと、私たちの肌は大変危険だということです。
地球の健康と、そこに住む私たちの健康は密接に関係しているわけですね。

紫外線の肌への影響

毎日スキンケア

では私たちの肌まで届いているUV-AとUV-Bは、肌にどういった影響を与えているのでしょうか。
この2つは、それぞれ違った影響力をもっています。

ジワジワと肌に影響が出るUV-A

波長が一番長いUV-Aは、ジワジワと肌の奥まで浸透していきます。
急激に作用するものではなく、肌に影響が出るまでに時間がかかるのです。

そして表皮の一番奥にある基底層まで到達すると、メラニン色素を大量発生させてしまいます。
いわゆる「日焼け」の状態です。
さらにメラニン色素の量が多くなっていくと、シミができやくすなります。

また、UV-Aは真皮にまで入り込むことができます。
そこまで到達すると、肌の弾力やうるおいを保っている成分「コラーゲン」や「エラスチン」を破壊してしまいます。
つまり肌を黒くするだけでなく、肌をたるみやすくしたり、乾燥させたりしてしまうということです。

すぐに影響が出るわけではありませんが、UV-Aは今後の肌状態に悪影響を与える、怖い存在なのです。
さらにガラスなども通り抜けてしまうので、室内にいるからといって油断ができない存在でもあります。

紫外線A波、紫外線B波

ソッコーで肌に影響が出るUV-B

UV-Bは、UV-Aほど波長が長くありません。
そのため肌の奥まで届くことはなく、ほとんどが表皮までの到達になります。

そのかわり、UV-Aよりも強烈なパワーをもっています。
皮膚に炎症を起こす作用力が、なんとUV-Aの1000倍近くもあります。
これによって、「肌が赤くなってヒリヒリする」「肌が水ぶくれになった」といった現象がおきます。

炎症が落ち着いたあとも色素沈着の可能性が高くなり、シミができやすくなってしまいます。

また、UV-BはDNAを傷つけることもあり、免疫力を低下させるばかりか皮膚ガンを発症させる場合もあります。

s-tenki

肌の紫外線対策は万全に!

肌への影響が強い紫外線。
日焼け予防だけでなく、肌の劣化を防ぐためにも紫外線対策は必至です。

日焼け止めの選び方について、ぜひこちらの記事も参考にしてください

日焼け止めの選び方、間違えてない?正しい選び方をマスターして!

2016.05.14

万全の紫外線対策で、日差しに対抗していきましょう!

スポンサーリンク