睡眠はダイエットに影響する!寝るだけで痩せるってホント!?

ダイエットを頑張っている人、体重が気になる人、食事にばかり気を取られていませんか。
じつは意外なことに、睡眠もダイエットに関係しています。

最近の研究では睡眠と肥満の関係性などが明らかにされ、睡眠がどのようにダイエットに影響するかが明確になってきました。

今回は睡眠とダイエットの関係について、詳しく解説していきましょう。

睡眠中もカロリーは消費されている

毎日スキンケア

寝ている間よりも、起きているときのほうがカロリー消費されると思いますよね。
たしかに寝ているだけでは、カロリーの消費などしていないイメージです。

しかし、それは思い違いなんです。
寝ている間だって、しっかりとカロリーは消費されています。
なんとレム睡眠(浅い眠り)中は、起きているときよりもカロリーを消費しているそうなんです。

つまり寝ているだけでも、ダイエット効果を得られるということになります。
体重が気になる人にとってはうれしい限りですよね!

成長ホルモンが影響している

成長ホルモンとは、その名前の通り成長を促すホルモンですが、このホルモンがダイエット効果に大きく影響してきます。

なぜなら成長ホルモンの分泌によって「代謝が上がる」「脂肪が燃焼しやすくなる」「筋肉が付きやすくなる」といった効果があるからです。
運動や食事制限だけでなく、この成長ホルモンのダイエットサポートが、ダイエットの結果を大きく左右していきます。

成長ホルモンはいくつまで出る?

「成長ホルモン」っていうくらいだから、若い人にしか分泌されないんじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。
成長しきった後にだって、成長ホルモンは分泌され続けています
ただ、その分泌量は減少していってしまうんです。

だからこそ、分泌量を増やすために睡眠が大切になってきます。
「質の良い睡眠」をしっかりととることによって成長ホルモンの分泌が増え、いくつになっても脂肪がつきにくい体を作ることができるんです。

ダイエットに効果的な睡眠とは

毎日スキンケア

ただ眠るだけでなく、成長ホルモンが分泌されやすい…つまり質の良い睡眠をとることがポイントになってきます。

ではどんな方法が睡眠の質を上げるのか、見ていきましょう。

1・睡眠時間を改善

忙しい女性にとって、就寝前の時間は大切な自由時間ですよね。
やりたいこともたくさんあるし、自由時間をたくさん確保したくなります。
しかし自由な時間をたくさん使うほどに、睡眠時間が削られることに…。

ダイエットに効果的な睡眠時間は、7~8時間です。
睡眠時間が少ないほどに、太りやすくなるので要注意。

アメリカの研究チームによると、肥満率が一番高いのは睡眠時間4時間。
そこから睡眠時間が1時間増えるごとに肥満率が下がっていきます。

もっとも肥満率が低いのは睡眠時間7~8時間で、22%となっています。
ところが睡眠時間が9時間になると、今度は26%と上がってしまいます。
つまり、睡眠のとり過ぎもダイエットに悪影響ということです。

7~8時間という、ダイエットに最適な睡眠時間を確保できるように生活を改善していきましょう。

2・糖質を控えておく

人間のエネルギー源には「糖質」と「脂質」があります。
優先的に消費されるのは糖質のほうです。

そこで糖質が足りない状態にしておくと、睡眠中も脂質のほうでカロリー消費がおこなわれるようになります。
つまり寝ている間に脂肪が燃えてくれるということです。

また、就寝時に胃腸が活発になっていると、質の良い睡眠がとれなくなります。

そこで、「睡眠の3時間前には食事を済ませておく」ことと、「夕食時の糖質は控えておく」ことで睡眠の質を上げ、脂肪の燃焼も促進していきましょう。

3・就寝前の時間を工夫する

就寝前の1時間は、質の良い睡眠をとるための導入時間と考えましょう。

まず、スマホやPCの画面などは脳に刺激を残してしまうので、睡眠の妨げになってしまいます。
また、良質な睡眠を促すためのメラトニンというホルモンの分泌をおさえてしまう働きもあります。
導入時間の間は、スマホやPC、テレビといった「バックライト」や「ブルーライト」を使った機器を見ないようにしましょう。

導入時間の間はなるべくリラックスをして過ごし、アロマの香りの中でストレッチなどするのがおすすめです。
入浴などで体を温めながらリラックスするのも、眠りに入りやすくなります。
自分なりに寝つきが良くなるようなリラックス方法を見つけてみてください。

4・太陽の光を浴びる

良質な睡眠をとるために、メラトニンというホルモンが活躍してくれます。
眠気を誘うホルモンです。

このホルモンは、太陽の光を目で感じ取ってから約14時間後に分泌が始まるといわれています。

自分の就寝時間から逆算して14時間前に太陽の光をたっぷりと浴びておけば、良質な睡眠に入りやすくなるということです。

寝不足はデブになる!?その原因とは

毎日スキンケア

良質な睡眠が、ダイエットをサポートしてくれるのがわかってきたと思います。
では逆に、寝不足になるとどうなるのでしょう?

そうなんです。
逆に太りやすくなってしまうんです。
その原因は4つほどあります。

1・グレリンで食欲増進

グレリンとは胃から分泌されるホルモンで、食欲を増進させる作用があります。
このグレリンというホルモンが、寝不足になることで過剰分泌されてしまいます。

夜更かししていると普段よりもお腹が空きやすくなるのは、このグレリンの影響です。

さらにこのグレリンは、血糖値を上昇させる働きもあります。
つまりグレリンの分泌量が増えれば増えるほど、カロリーの摂取量も増えてしまうんです。

2・レプチン減少で代謝も下がる

レプチンとは、体の代謝を促進するホルモンです。
このレプチンがたくさん分泌されるほどカロリーが消費されやすくなって、太りにくい体になるということです。

ところが睡眠不足になると、レプチンの分泌量が減少してしまうんです。
つまり太りやすい体になってしまうということですね。

3・危機管理システムで脂肪が溜まる

人間の身体は、危機を察知すると脂肪を溜めこもうとする働きがあります。

リバウンドがいい例です。
急激な体重の減少を「危機」と認識して、体が脂肪を溜めこむ現象です。

睡眠不足も、体は「危機」と認識してしまい、脂肪を蓄えようとしてしまうんです。

4・インスリンが脂肪を作る

インスリンとは、血糖値を安定させてくれるホルモンなのですが、同時に糖を脂肪に変える働きももっています。
とても「太らせやすいホルモン」なんです。

このインスリンが、睡眠不足になると血中に残りやすくなります。
つまり寝不足でインスリンが増えるほど、脂肪も増えるということになるんです。

真夜中にお腹が空いて、それをガマンしたとしても、結局は脂肪が作られてしまうということに…。

s-tenki

美容と健康にも睡眠は大切

太りにくい体を作るために、睡眠は大切です。
もちろん、美容や健康のためにも睡眠はとても大切です。

睡眠中に、私たちの体はより良いほうへとバランスが整えられていくわけです。
忙しい時間の中で睡眠時間を確保するのはなかなか難しいとは思いますが、しっかりと睡眠がとれる習慣を作っていきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク