カプレーブの日焼け止め効果が知りたい!従来の商品との違いは?

紫外線が怖い季節になってきました。
肌老化を防ぐためにも、バッチリ日焼け止めをしておきたいところです。

そこで、気になるのがカプレーブ
雑誌でもよく取り上げられているようですが、その日焼け止め効果はほかの商品とどうちがうのでしょうか。
紫外線が強くなる前に、カプレーブの効果をチェックしておきましょう!

紫外線による「光老化」が怖い!

毎日スキンケア

紫外線によくあたっている手の甲と、紫外線にあたる機会がほとんどないお腹やお尻。
肌を比べてみると、ずいぶんと違っているのがわかりますね。
この違いは、年齢が高いほど大きく出ていると思います。

これは紫外線によって肌老化が進んでしまうという、わかりやすい証明になっています。

肌老化の80%は「光老化」が原因

紫外線においては、日焼けで肌が黒くなるといった即効性の現象よりも、少しずつ蓄積され老化を進める現象のほうがよほど怖いといえます。

こうした紫外線による肌の老化現象を、光老化といいます。
肌の老化は、加齢などによる自然現象の起因が20%で、残りの80%はこの光老化が原因になっているといわれているのです。

だから紫外線にあたっていない肌の部分は、紫外線にあたっている部分に比べて若々しい肌をしているわけです。
単純に計算しても、紫外線にあたらなければ老化のスピードが5分の1になるわけですから。

この光老化は、紫外線にあたっていた時間や強さに比例すると考えてください。
そこで紫外線を肌にあてないようにカットすることは、とても大切なんです。

A波が光老化を進める

紫外線にはA波、B波、C波の3種類があります。
C波は地上まで届かないので問題ありません。
カットしなければいけないのはA波とB波。

それぞれ、同じ紫外線といっても特徴が違います。
B波はエネルギー量が強く、肌を赤くしたり、水ぶくれを引き起こしたりといった即効性の影響力をもっています。
ガンやシミの原因になりやすいのも、B波のほうです。

一方でA波には即効性の影響力はありません。
そのかわり、ジワジワと肌の奥まで浸透していきダメージを蓄積していきます。

光老化の原因になるのは、このA波のほうなんです。

紫外線の波長の違いについては、こちらの記事を参考にしてください

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016.05.13
紫外線、カプレーブ

A波は防ぎにくい!

毎日スキンケア

B波はエネルギー量が強い代わりに、波長が短いために地上まで届きにくくなっています。
雲やオゾン層によってもカットされるので、地上まで届くのは全紫外線のうち10%程度になります。
帽子や日傘でも防ぎやすいのがB波です。

ところがA波は雲やオゾン層も通り抜けてしまい、窓ガラスだってすり抜けて私たちの肌を襲ってきます。
天候や、屋内外に関係なく油断できないのがA波です。

季節に関係なくA波は怖い!

B波は、日差しが弱くなる冬場には弱くなってくれます。
ところがA波は冬場でも弱くなることを知らず、B波の何倍もの紫外線量で私たちの肌に降り注ぎます。
A波はB波よりもずっと防ぎにくく、手強い紫外線なんです。

この手強いA波をどこまで防ぐことができるかが、肌の老化を防ぐための大事なキーポイントになってきます。

従来の日焼け止めの現状

毎日スキンケア

従来の日焼け止めは、このA波を防ぐために紫外線吸収剤散乱剤を配合しているものがほとんどになります。

A波を防ぎきれない!

散乱剤を使用している日焼け止めの場合は、酸化チタン酸化亜鉛といった金属粉対で作られています。
すると、ミクロ単位でみるとどうしても隙間ができてしまいます

一方で紫外線吸収剤のほうは油に溶けにくく、結晶化してしまう性質をもっているため、微量しか配合できなくなっています

だから紫外線吸収剤も散乱剤も、どちらもA波をしっかりブロックできているかというと、ちょっと心もとないのが現状なんです。

酸化チタン、酸化亜鉛に注意!

日焼け止めに配合されている酸化チタン、酸化亜鉛は、光に当たることで活性酸素を発生させます。
活性酸素は肌を酸化させ、老化を進めてしまう怖いものです。
紫外線をせっかく防いでも、活性酸素で肌老化を進めてしまっては意味がなくなってしまいます。

それでも、紫外線よりは活性酸素のほうがまだマシ!と考えて日焼け止めを使わなくてはならないのです。
だから日焼け止め効果の強さと肌ダメージは比例してしまうので、シーンに合わせてなるべく効果が低い日焼け止めを使ったほうがいいわけですね。

カプレーブはここが違う!

毎日スキンケア

紫外線をカットしたい!でも肌ダメージも怖い!そんな矛盾を解決したのがカプレーブなんです。
従来の日焼け止めと、大きく違う点が2つあります。

1・酸化チタン、酸化亜鉛が不使用

カプレーブは、世界初の工法によって酸化チタン、酸化亜鉛不使用で製造されることができた商品です。
さらに紫外線吸収剤が保湿成分、油剤によってコーティングされているので、肌に直接触れることがありません

つまり肌へのダメージが、とことんカットされた日焼け止めなんです。

加えて保湿成分やハリ成分も配合されているので、使うごとに肌の保湿、リフトアップも期待できるというから驚きです!

2・A波のブロック能力がほぼ100%

カプレーブでは「エステロール#26」という油剤を使用。
これは、A波紫外線吸収剤を結晶化させずに溶解することができる油剤です。

このエステロール#26を導入することによって、紫外線吸収剤を十分に配合することが可能になりました。
従来の日焼け止めよりも、ずっとA波を防げるようになったわけです。

紫外線カットの効果検証によると、ほとんど100%に近いプロテクト力が立証されました。

s-tenki

カプレーブで肌老化にストップ!

紫外線による肌老化をストップさせたい!と考えるなら、ぜひ1度はその効果を試してみたいカプレーブ。
ちょっと価格が高めなのが難点なのですが、シーンに合わせた使い分けでもいいので、上手に使ってみてはいかがでしょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク