女性ホルモンのバランスでスキンケアも変わる!紫外線にも注意!

肌の調子を整えるためにスキンケアを頑張っている人はたくさんいますが、ホルモンバランスを気にしている人は意外と少ないものです。

しかし女性ホルモンと肌とは密接な関係にあり、ホルモン状態によって肌の調子も変わってきます。
つまりホルモンバランスの状態で、スキンケアのポイントも変わってくるんです。

今回は、そんなホルモンと肌の関係について詳しくみていきましょう。

女性ホルモンと肌の関係

毎日スキンケア

女性の体は月に一度の排卵、そして生理と複雑な仕組みになっています。
その1ヵ月の間に、女性ホルモンのバランスは大きく変化していくわけです。

それだけでなく初潮が始まってから閉経までの間にも、大きく変化、減少をしていきます。
さらに、妊娠や出産の時期にも劇的な変化をすることになります。

こうして複雑に変化し、減少や増加をしていく女性ホルモンは、当然ながら肌にも大きな影響を与えるわけです。

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンは、大きく分けて2種類あります。
プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

この2つのホルモンのバランスによって、肌も変化していくわけです。
つまり、その変化に合わせたスキンケアを心がけておく必要があります。

プロゲステロンとスキンケア

毎日スキンケア

プロゲステロンは、生理前に分泌が盛んになるホルモンです。

このホルモンの影響によって皮脂分泌が過剰になるので、ニキビができやすくなります。
また、シミもできやすくなるといわれています。

イライラしやすかったり、むくみやすくなるのもプロゲステロンの影響です。

このプロゲステロンの影響は、普段の生活が不摂生だったり、ストレスが溜まっていたりするとより強く出てしまいます。
女性の体質として考えれば仕方がないのですが、生活習慣の改善である程度は緩和できるということです。

スキンケアの注意点

プロゲステロンの分泌が多くなる時期(生理前)は、肌が普段よりも弱くなっている(敏感になっている)と考えるようにしましょう。

おすすめなのは、この時期だけ敏感肌用のスキンケアシリーズを使用することです。

生理前にニキビができやすくなるという理由で、ニキビ用のスキンケアシリーズを使用する人もいるかと思いますが、むしろこの時期は避けたほうが無難です。

美白などの積極的なお手入れもしないようにして、保湿だけのシンプルなお手入れがいいでしょう。

ニキビの原因はプロゲステロンだけじゃない

生理前には、たしかにニキビができやすくなります。
しかし必ずしもプロゲステロンが多くなっていることが原因とも限りません。

どのホルモンが多くなっているとか、少なくなっているという単純な問題ではなく、「ホルモンのバランスが崩れている」ことが原因と考えるべきです。
プロゲステロンの過剰分泌でバランスが崩れることもありますが、ストレス睡眠不足で乱れることも多くあります。

ニキビができやすい人はまずホルモンバランスの崩れを疑って、何が原因で崩れているかを振り返ってみましょう。

エストロゲンとスキンケア

毎日スキンケア

エストロゲンは、生理後に分泌が盛んになるホルモンです。

コラーゲンを増やす作用があり、肌をみずみずしくしてくれます。
女性の肌をキレイに保つために、とても大切なホルモンなんです。

エストロゲンはその美肌作用の大きさから、最近では注目度も高くなってきています。
美容業界では、肌の若々しさを保つキーポイントとしても取り上げられるようになってきました。

スキンケアのポイント

エストロゲンは美肌作用のあるホルモンなので、分泌が多い時期にこれといったスキンケアの注意はありません。
そのかわり、減少による肌の衰えを考えておくべきです。

エストロゲンは思春期の時期から一気に分泌が増え、30代ごろから減少が始まると、閉経とともに急激に分泌が少なくなってしまいます。

つまり30代ごろのエストロゲンの減少とともに、肌のパワーも衰えてきてしまうということです。
減少の時期になったらエイジング効果のあるスキンケアをとり入れたり、エストロゲンを減らさない努力が必要になってきます。

大豆イソフラボンで対抗できる!?

減少していく女性ホルモンの対抗手段として、話題になったのが大豆イソフラボンです。
大豆イソフラボンには、女性ホルモンによく似た作用があるからです。

日本人の食生活には大豆を含んだものが多く、そのために老化が遅いのではといわれているほどです。

しかし大豆イソフラボンの効果には腸内環境が大きく関係していることがわかってきました。
腸内環境次第で、効果に強弱があるということです。

そこにはエクオールという成分が関わっているのですが、詳しくはこちらの記事をご覧になってください。

エクオールには若返り効果が!?アンチエイジングに朗報!

2016.01.25

紫外線にも要注意!

毎日スキンケア

生理前に分泌が盛んになるプロゲステロンには、紫外線感受性を高くする作用があります。
つまり生理前の時期の肌は紫外線を吸収しやすくなっているので、紫外線対策をいつもより強化する必要があるということです。

妊娠中の人や、ピルを飲んでいるときも同様に紫外線を吸収しやすくなっています。
シミを予防するためにも、万全の紫外線対策をしておきましょう。

また、ハイドロキノンなどの美白効果が高いスキンケアをしている人も、生理前は注意が必要です。
より紫外線の影響を受けやすくなってしまうので、生理前には使用をストップしておくのが無難です。

ストレスにもご用心!

ストレスが溜まってくると、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌が多くなってきます。
このホルモンも、メラニン産生に関わっているのでシミができやすくなってしまいます。

ストレスは活性酸素の発生も増やして、肌老化を加速。
美肌の大敵なので、ご用心です!

s-hart2

女性ホルモンを意識して、ピカピカお肌に!

普段と同じようにスキンケアをしていても、肌の調子が変化するのはホルモンの影響かもしれません。
スキンケアだけでなく、ホルモンのバランスも意識してピカピカのお肌を作っていきたいですね!

女性ホルモンのバランスを考えた、「ラ・ミューテ」というスキンケアシリーズもあります。
興味があったら読んでみてください。

ラ・ミューテの美肌効果とは?30代からはホルモンを意識して!

2016.06.15

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク