ニキビを薬で治すには?どんな市販薬、処方薬があるの?

ニキビができてしまったら、まず洗顔や化粧水などのスキンケアで治していこうと思いますよね。
しかしスキンケアではなかなか治らなかったり、少しでも早く治したいと思ったら、ニキビ用の薬が役に立ちます。

ではニキビのための薬って、どんなものがあるのでしょうか。
大別すると市販薬処方薬ががありますので、その種類、効果や特徴を詳しくみていきましょう。

塗り薬

毎日スキンケア

まず、一般的にニキビを治す薬といえば塗り薬です。
そして塗り薬にも市販薬処方薬があります。

市販薬とは、ドラッグストアなどで簡単に購入できる薬のことです。
処方薬とは、医療機関で医師が処方してくれないと手に入らない薬のことです。

どちらも「薬」なので、副作用といったリスクがあることも念頭に入れておかなければいけません。
また、即効性はありますがあくまで症状を抑えるものと考え、根本的な解決にはならないと思ってください。

根本的な解決には「ニキビができないような肌作り」をすることが大切です。

市販の塗り薬

では、代表的な市販のニキビ薬の特徴をご紹介していきます。
ニキビにもいろいろな種類がありますが、薬によって有効に効くニキビの種類が違いますので、自分のニキビタイプに合ったものを使用しましょう。

ニキビの種類については、こちらの記事を参考にしてください

ニキビの種類いろいろ!あなたが悩んでいるニキビはどのタイプ?

2016.02.11

クレアラシル

とても有名な市販薬ですが、ほかの塗り薬と比べると即効性に欠けるようです。
赤ニキビに有効です。

ビフナイトSニキビ治療薬

塗り過ぎると、肌が乾燥して赤くなるトラブルがあります。
薄く塗布するのがポイントの塗り薬です。
赤ニキビ白ニキビに有効。

テラ・コートリル

効果が高い成分を使っているので、即効性があります。
その代わり副作用のリスクも高いので、連続使用は1週間以内までです。
赤ニキビ黄色ニキビに有効。

ベアアクネクリームW

効果が出る人、出ない人と、差が出る塗り薬です。
白ニキビに有効。

処方の塗り薬

医療機関で処方される塗り薬は、医師の判断によってさまざまなものがあります。
大別すると抗炎症剤抗生物質の2種類です。

抗炎症剤

早く痛みを取りたい、なるべく早くニキビを目立たないようにしたい人向けの、即効性がある塗り薬です。
赤ニキビ黄色ニキビに有効。

「スタデルクリーム」などが代表的です。

抗生物質

ニキビの菌自体に作用する塗り薬です。
効果が高い反面、めまいなどの副作用を起こす人がいるので注意が必要です。
また、アレルギー体質や妊娠中の人は使用できない塗り薬です。

ニキビの初期症状にあたる、白ニキビに対してとくに効果的。
「アクアチムクリーム」「ダラシンTゲル」などが代表的です。

s178

飲み薬

毎日スキンケア

ニキビといえば皮膚疾患なので塗り薬のイメージが強いですが、体の内側から治していく飲み薬も有効です。

飲み薬も塗り薬と同じように市販薬と処方薬があり、さらに漢方薬もあります。

市販の飲み薬

ニキビを改善するための成分であるビタミン剤などが、バランス良く配合されています。
即効性はありませんが、長期間服用を続けることでニキビが改善されていきます。

「チョコラBB」「ペアa錠」などが代表的な市販薬です。

処方の飲み薬

飲み薬を処方される場合は、おもに抗生物質になります。
繁殖している菌を抑制する働きがあるので、炎症を起こしているニキビ、化膿しているニキビに効果的です。

しかし抗生物質は悪い菌と同時に良い菌まで抑制してしまうので、長期間の服用はできません
医師の注意点をよく聞いて、正しい服用をしてください。

医師にもよりますが、抗生物質にプラスしてビタミン剤などの飲み薬も処方してくれる場合が多いようです。

「ルリッド錠」「ミノマイシン」などが代表的な処方薬です。

漢方薬

抗生物質のような強い薬に抵抗がある場合は、漢方薬がおすすめです。

漢方は漢方薬局で処方してもらうのが一般的ですが、皮膚科で医師が処方する場合もあります。

ニキビにはハトムギエキスどくだみが有効成分とされていて、それらの成分が配合されている漢方薬がヨクイニンです。
ニキビ向けの漢方といえば、まずヨクイニンが処方されます。
イボも取れるといわれているくらい、肌の代謝が高まる漢方薬です。

漢方の場合は、体質によって効果が左右されるといわれています。
しかし体質との相性がいい場合はかなりの効果が期待できる薬です。
漢方薬は体への負担もないので、一度は試してみる価値があります。

漢方薬については、ぜひこちらの記事も参考にしてみてください

美容と健康に漢方が効く!漢方の基本を5分で学ぼう

2016.03.26
s-hart

スキンケアも忘れずに!

ニキビを早く治したい場合に、薬を使うことは有効な手段です。
ただしあくまで薬なので使用上の注意は必ず守り、正しく使ってください。

そしてニキビの症状が治まったとしても油断せずに、正しい洗顔やスキンケアでニキビができない肌作りを忘れずに!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク