シミができやすい人、できにくい人、あなたはどっち?

そろそろ紫外線が怖い季節に突入です。
紫外線対策に気合を入れなければいけません。

なぜ紫外線対策が必要かというと、肌の老化が怖いから、シミが怖いからといろいろな理由がありますね。
では自分の肌ってシミができやすいかどうか、考えたことはありますか。
あなたはどちらのタイプでしょう。

日本人の肌は大きく分けて3タイプ

毎日スキンケア

日本人の肌は、紫外線に対する強さで分類すると3つのタイプに分かれます。

タイプ1
紫外線にあたるとすぐに赤くなってしまうけど、黒くはならない。

タイプ2
紫外線にあたると、赤くならないですぐに黒くなってしまう。

タイプ3
紫外線にあたると赤くなって、2~3日経ってから黒くなる。

この中で分類するとタイプ1の人が紫外線に対する抵抗力が一番弱くタイプ2の人が一番強いといえます。

s95

シミができやすいのはどのタイプ?

毎日スキンケア

では紫外線に弱いタイプ1がもっともシミができやすいのかというと、じつは違います。

それぞれのタイプの、紫外線との関係性をみていきましょう。

タイプ1

タイプ1の人は、もともと色白の人に多いタイプです。
つまり、メラノサイトの活動が弱いのです。
だからある意味では、シミができにくい肌なんです。

しかし紫外線による光老化が起きないわけではありません。
「シミができにくい」というだけで、紫外線の悪影響はありますので油断せずに紫外線対策をしてくださいね。

タイプ2

タイプ2の人は、もともとメラノサイトの活動が盛んな人です。
紫外線に対しての抵抗力があるので火ぶくれなどは起きにくいですが、シミができやすいタイプと思ってください。

さらに紫外線とは関係のない炎症性色素沈着は、このタイプにもっともできやすいといえます。

炎症性色素沈着とは?

ニキビやケガのあとに、茶色く残ってしまうシミのことです。
ムダ毛を毛抜きで抜き続けていると毛穴の周りが黒ずむことがありますが、それも炎症性色素沈着の一つです。

炎症性色素沈着はできてしまうと消えるまで2~3年かかることもあり、消えるまでの間に日焼けをすると消えない場合もあります。

タイプ3

タイプ1とタイプ2の中間のタイプです。

シミができやすいとも、できにくいともいえます。
日本人には一番多い肌タイプです。

s-tenki

紫外線対策はやっておこう!

どのタイプだとしても、シミへの油断は大敵です。
光老化の怖さもあります。
紫外線対策はしっかりとしていきましょう!

紫外線の肌への影響については、こちらの記事を参考にしてください

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016.05.13

スポンサーリンク