水分不足は便秘のもと!こまめな水分補給で肌もキレイに!

多くの女性を悩ませている便秘。
腸内の環境は肌に現れるので、便秘は肌の調子も悪くしてしまいます。

では、どうして便秘が解消しないのでしょうか。
食物繊維が足りない?運動量が足りない?いろいろな要因があると思います。
そんな中、見落としがちなのが水分補給です。

水分補給は腸内環境のため、肌のためにとっても大切です!
水分不足になりがちなこれからの季節、水分のメリットを知っておきましょう。

水分と便秘の関係

毎日スキンケア

便秘がちな女性がまずとり入れるのは食物繊維ですね。
とくにダイエット中なら、野菜中心の食事をしていると思います。
しかし、一生懸命食物繊維をとっているのに、ちっとも便秘が解消できない!そんなときは水分が足りていないのかもしれません。

食物繊維には水分が必要

食物繊維は、便秘解消に効果的です。
しかし食物繊維のみでは上手に働けないのです。

食物繊維には、「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類があります。
不溶性食物繊維は、腸内で水を含んでふくらみ、腸壁を刺激してくれる働きがあります。
水溶性食物繊維は、水に溶けてやわらかくなり、有害物質などを吸着しながら便をやわらかくしてくれます。

つまり、どちらの食物繊維も水分があっての働きになるわけです。
食物繊維+水」と考えて、食物繊維をとるときは必ず水分も一緒に摂取しましょう。

水で太るなんてウソ!

毎日スキンケア

ダイエット中の人で、間違えやすいのが「水太り」という言葉です。
この言葉のせいで水でも太ると思い、水分補給を控える人も多いようです。

しかし、水分で太るということはありません
水分はむくみを招くことがあり、それが「太る」と勘違いさせているだけです。
水分でむくんでしまうのは、水分補給のしかたに問題があります。

水太り、むくまない水分補給についてはこちらの記事を参考に。

水太りの原因とは?水を飲むとホントに太るの?太らないの!?

2016.06.02

ダイエット中でも水分補給をしていかないと、便秘や肌荒れの原因になります。
水分で太ることはないので、1日あたり体重×0.03~0.04リットルの水をこまめに分けて摂取しましょう。

s175

こまめな水分補給・メリット4つ

毎日スキンケア

こまめに水分補給をすることは、便秘解消以外にも大切なメリットがあります。
どんなメリットがあるのかみていきましょう。

1・美肌効果

なんといっても大切なのが、肌への効果です。

保湿、保湿とスキンケアを頑張ってみても、肌内部の水分が不足していては肌が乾燥してしまいます。
キレイな肌をキープするためにも、肌の水分量を上げておくことは必須です。

しっかりと水分補給をして、肌の水分量を助けていかなくてはいけません。

2・血液がサラサラに

水分が足りなくなると、血液がドロドロになって流れにくくなります。
血液が体を流れにくくなると、血管系の疾病以外にもさまざまな弊害が起きてしまいます。

血液の約半分は水分で構成されているわけですが、その水分量を減らさないようにしましょう。
こまめに水分補給をしていけば、血液がサラサラになって流れやすくなります。

3・新陳代謝が促進される

血液の流れが良くなれば、体内の老廃物も排出されやすくなり、新陳代謝が促進されます。

この新陳代謝も、美肌のためにはとっても大切。
肌のターンオーバーを整えて、キレイな肌をキープするためにも水分は大切ということですね。

もちろん、新陳代謝が促進されれば脂肪も燃焼しやすくなるので、ダイエットの手助けにもなります。

4・デトックス効果

「セルライト」の原因は、老廃物と脂肪細胞です。
セルライトを蓄積させないためにも、老廃物はどんどん排出していく必要があります。

そして老廃物は、肌荒れの原因にもなってしまいます。
美肌のためにも、老廃物は体内に溜めないようにしなくてはいけません。

老廃物をスムーズに排出するために大事なポイントは「尿」です。
1日の排尿回数は8~10回くらいが理想的で、それより少なくなると老廃物が排出されにくくなります。

排尿の回数を減らさないためにも、こまめな水分補給が大切です。

s-fruit1

こまめな水分補給を心がけて

水分補給は、適度な量をこまめにとっていくことがポイントです。
水分不足になりがちな季節には、しっかりと意識していきましょう。

美肌効果、ダイエット効果のためにも、水分補給は大切です!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク