洗顔は石鹸の選び方で大きく変わる!洗顔フォームとの違いは?

ドラッグストアにいけば、たくさんの種類が並んでいる洗顔料
何気なく選んで買ってはいませんか。

洗顔料も、大切なスキンケアの一部です。
というよりも、スキンケアの土台になる大事な工程です。

洗顔料のことを正しく知っておかないと、スキンケアが大きく損をすることになります!
ここで洗顔料の選び方、洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて詳しくみておきましょう。

ほとんどの人が選ぶ、洗顔フォーム

毎日スキンケア

手頃な価格で、使いやすいチューブ式の洗顔フォーム
ほとんどの人が洗顔フォームを選んで購入していると思います。

しかし、顔を洗うだけだから洗顔料はどれでもいいなんて考えてはいけません!
洗顔の段階で肌のコンディションが悪くなると、その後のスキンケアの浸透も悪くなり、肌が損をしてしまいます。
洗顔料は種類によって、大きな違いがあることを知っておいてください。

では、そもそも洗顔フォームとはどういったものなのでしょうか。
洗顔石鹸とどう違うのでしょうか。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

洗顔料は大きく分けると洗顔石鹸洗顔フォームの2種類になります。
意外と、この2つの違いについて間違えている人が多いようです。

「チューブ式=洗顔フォーム」で「固形石鹸=洗顔石鹸」と思われがちですが、じつは違います。

洗顔フォームの特徴の一つは、合成界面活性剤を配合しているかどうかです。
だから合成界面活性剤が配合されていれば、固形石鹸でも「洗顔フォーム」になります。

逆に合成界面活性剤が配合されていなければ、固形じゃなくても「洗顔石鹸」ということになります。

合成界面活性剤が怖い!

毎日スキンケア

合成界面活性剤という言葉は、スキンケアの中でよく出てくる言葉です。
肌に悪いというイメージがある成分ですが、水と油を馴染ませる働きがある成分です。

肌の皮脂やメイクは油分のため、水分だけではどうしても落とすことが難しくなります。
そこで洗顔フォームやクレンジングには合成界面活性剤を配合し、油分を落としやすくしているわけです。

「落とす」ためにはとても役立つ成分なのですが、肌に悪いというイメージ通りに肌へのリスクも高い成分です。
肌にとって必要な皮脂や水分、保湿成分も奪ってしまうので、そのダメージが蓄積されると数年後には乾燥肌や敏感肌になってしまうこともあります。

洗顔石鹸は肌にやさしい

一方で、合成界面活性剤が配合されていない洗顔石鹸は、代わりに脂肪酸カリウム脂肪酸ナトリウムといった天然の成分で汚れや皮脂を落とします。
合成界面活性剤配合の洗顔フォームと比べると洗浄力の強さでは劣りますが、肌へのやさしさに大きな違いがあります。

洗顔料は毎日使うものなので、肌にやさしいものを使うかどうかで数年後の肌状態に大きな違いが生まれてきます。
できれば、肌にやさしい洗顔石鹸を使うことをおすすめします。

ドラッグストアの洗顔フォームに注意!

ドラッグストアに並んでいる洗顔フォームには、合成界面活性剤や香料、防腐剤といった添加物が多く含まれていると考えてください。

さらに、よく「保湿成分配合」と記載されている商品が並んでいます。
しかし保湿成分配合の洗顔フォームは洗い上がりがしっとりとしていても、肌に油膜が張られてしまうこともあります。
油膜が張られてしまうと、その後のスキンケアが浸透しにくくなってしまいます。

ドラッグストアの商品がすべてそうだとは限りませんが、そういった商品が多いということも覚えておいてください。
洗い上がりの感覚に惑わされないようにしましょう。

洗いすぎない洗顔料が望ましい

毎日スキンケア

洗顔料を選ぶうえで、大切なのは「洗いすぎない」洗顔料であることです。

洗顔においては、肌にある余分な皮脂や汚れを取り去ることが目的です。
いいかえれば、肌に必要な皮脂や保湿成分はできるだけ残しておきたいのです。

脱脂力、洗浄力が強すぎる洗顔料では、肌に残しておきたいぶんの皮脂や保湿成分までゴッソリと落とされてしまいます。
そういった洗顔料を使用していると、乾燥肌から敏感肌へと悪化してしまったり、肌乾燥から大人ニキビができてしまったり、さまざまな肌トラブルの原因にもなりかねません。

洗顔料を選ぶときは、「洗浄力が強すぎない、シンプルなもの」を選ぶようにしましょう。
そう考えると、やはり洗顔フォームよりも洗顔石鹸のほうが望ましいといえます。

洗顔石鹸の種類

毎日スキンケア

では、洗顔石鹸に興味をもった人もいると思うので、少し固形石鹸についても補足説明しておきましょう。

洗顔石鹸を調べてみると、固形のものが多いと思います。
そしてその固形石鹸は、製法によって機械練り石鹸枠練り石鹸の2種類に大別されます。
この2種類の違いも、洗顔石鹸を選ぶうえでの参考にしてください。

機械練り石鹸とは

機械練り石鹸とは、名称のとおり機械で製造していく石鹸です。
石鹸の材料を機械で練り上げたあとに成形し、急速に冷却をして乾燥させます。

強力な機械で練り上げるため、粒子がそろって仕上がるので見た目がキレイにできあがります。
さらに大量生産が可能なのでローコストです。
そのぶん、販売価格も手ごろになります。

一方で、急速な冷却と乾燥の処理をしているため、水分の配合が少なく作られています。
そのために、ふやけやすいという難点があります。

保湿成分が2%以下

さらに機械練り石鹸の特徴として、大量生産をするために98%は石鹸素地を原料としています。
つまり、石鹸の中にほかの成分を配合したくても2%以上は配合できないのです。
いろいろな成分を配合することができないので、個性が出せない石鹸といえます。

枠練り石鹸とは

大きな枠の中に原料を流し込んで、時間をかけてゆっくりと固めていく製法の石鹸です。

石鹸の分子が大きな結晶になるので粒子が荒く見えますが、機械練り石鹸とは逆にふやけにくくて丈夫な石鹸です。
ただし水分量が多く作られているので、保存しているときに水分を失うと変形してしまう特徴があります。

美容成分が入れたい放題!?

製造の工程に手間がかかるので、コストもかかり、販売価格も高いといえます。
しかし、石鹸素地以外の成分を30%~40%も配合することができます。

さまざまな美容成分を配合することが可能なので、個性も出しやすい石鹸です。
各メーカーが試行錯誤して、美容成分をたくさん配合しているのはこちらの枠練り石鹸のほうです。

s-bas

上手な洗顔料選びでスキンケアもワンランクアップ

スキンケアを頑張っているのに、なかなか肌コンディションが整わないときは洗顔料が良くない場合もあります。
洗顔料を軽視せずに、スキンケアをランクアップさせるためにも正しい洗顔料選びをしてくださいね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク