豆乳を飲むだけで-3キロ!?超簡単な豆乳ダイエットの効果は?

ダイエットをしても、失敗ばかり。
だって、キツくて続かない!
そんな人に朗報です。

なんと、豆乳を飲むだけ!?
ホントにそれだけで痩せるなんて、おいしい話があるのでしょうか。

今回は、そんな話題の豆乳ダイエットについて、詳しく解説していきましょう。

生理前は痩せにくい!?

毎日スキンケア

よく、生理前の時期は痩せにくいといわれ、ダイエットをしてもムダになるので「ダイエット無駄期」なんて呼ばれたりします。
一方で、生理後は痩せやすくなり、ダイエットしやすいので「ヤセ期」と呼ばれています。

豆乳ダイエットは、このサイクルを利用したダイエット方法です。

痩せにくいのはホルモンの影響

なぜ生理前は痩せにくくなってしまうのかというと、それは女性ホルモンに関係しています。

「排卵期」を過ぎると、女性の体は妊娠の有無とは関係なしに「妊娠してもいいように」と体の準備を始めます。
すると、まず「母ホルモン」とも呼ばれる女性ホルモンの「プロゲステロン」が増加しはじめます。
プロゲステロンの増加によって脂肪を蓄え、食欲旺盛になり、まさに妊娠準備の体作りに入るわけです。

老廃物も排出されにくくなり、水分が溜まりやすくなるので「むくみ」が出る人もいます。
妊娠準備のためのメカニズムなので、女性の体にとって大切なことなのですが、体重が気になる女性にとっては苦しい時期となります。

ダイエットを頑張ってもなかなか体重が変化せず、心が折れそうになってしまうダイエット無駄期。
しかし豆乳ダイエットでは、このムダ期を利用していくのです。

豆乳ダイエットの効果

毎日スキンケア

女性の体は、生理前に脂肪を蓄えて(プラス)、生理後に燃焼(マイナス)という流れになっています。
つまり、結果的にはプラスマイナスでゼロになるということです。
ということは、プラスにしておかなければ結果的にマイナスということになります!

豆乳はプラスを抑える

豆乳には「イソフラボン」という成分が含まれています。
イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、更年期障害にも効果があるとして、一時期は話題になりました。

女性ホルモンが増加する生理前のこの時期に、イソフラボンをとり入れることで、ホルモンバランスがコントロールされるようになります。
つまり、本来は増加されるはずのプロゲステロンも、増加されないということです。
その結果、脂肪を蓄える働きも抑えられるようになり、プラスになりにくくなります。

豆乳には、栄養素たっぷり!

豆乳にはイソフラボンのほかにも、優秀な栄養素がたっぷりと含まれています。
レシチン」「リノール酸」「オリゴ糖」「カリウム」などなど…。

中でも「大豆たんぱく質」や「大豆サポニン」といった成分は、基礎代謝を上げたり、糖質の吸収を抑えてくれたりと、ダイエットの強い味方になってくれます。

栄養たっぷりの豆乳は、ダイエットで栄養バランスが崩れがちの体のサポートもしてくれるわけですね。

s126

豆乳ダイエットの方法

毎日スキンケア

豆乳ダイエットの方法は、とっても簡単です!

排卵日がわかる人はその頃に合わせてスタートすればいいのですが、わからない人は生理の7~10日くらい前を目安にスタートしましょう。

生理が始まるまでの間、毎日200mlの豆乳を飲むだけです!

朝の食前に飲むのが効果的

豆乳ダイエットの場合、食後よりも食前に豆乳を飲んだほうが効果的。
豆乳はGI値が低いので、血糖値の上昇を抑える働きがあるからです。
血糖値が上がると、体は脂肪を蓄える働きをするのですが、その働きを抑えることができます。

また、昼食前や夕食前でもいいのですが、朝食前の水分摂取は腸の働きを活発にしてくれます。
便通がよくなるので、ダイエットにはありがたいプラス効果となります。

すると、1日の中で豆乳を飲む絶好のタイミングは「朝食の30分ほど前」ということになります。

無調整豆乳がおすすめ

せっかく豆乳ダイエットをするなら、一番効果的な豆乳を飲みたいですよね。

スーパーにいくと、いろんな種類の豆乳が並んでいます。
その中で一番効果的な豆乳は「無調整豆乳」です。

調整がされていないぶん、豆乳の栄養素がそのまま詰まっています。
ただし、味の調整もされていないので、かなりクセがある味になっています。
好みによっては、飲めない人もいるはずです。

そこで、無調整豆乳が苦手な人は「調整豆乳」にしてください。
無調整と比べると少々濃度が低くはなりますが、効果はちゃんとあります。

選んでいけないのは「豆乳飲料」です。
いろいろなテイストがあり、味を楽しめるようになっている豆乳のことです。
豆乳の濃度が半分くらいになっているので、効果も半減してしまいます。

豆乳を飲むときの注意点

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするわけですが、過剰摂取は禁物の成分です。

イソフラボンの1日の摂取量の目安は、70mg~75mgとなっています。
ただし、日本食は大豆製品が多いため、豆乳以外でもイソフラボンを摂取していると考えるべきです。
その分を差し引くと、豆乳で摂取していいイソフラボンは40mg~50mgくらいでしょう。

無調整豆乳で200mlあたり45mgくらいのイソフラボンが含まれているので、そのくらいを上限にしておいてください。

s-fruit2

豆乳で簡単ダイエット!

豆乳を飲むだけで痩せることができるなんて、本当に簡単なダイエットですね!
今までダイエットが続かなかった人も、ぜひ試してみたくなるダイエット方法です。

効果があったという口コミも多いので、トライしてみてください!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク