夏の紫外線対策は、+パウダーファンデーションでより強化する!

夏の紫外線対策に、ほとんどの人が日焼け止め効果のある化粧品を使用していると思います。
では、そこにファンデーションは何を使っていますか。

日差しの強い季節に紫外線対策を強化するなら、パウダーファンデーションがより効果的!
ではその理由を解説していきましょう。

パウダーファンデーションは紫外線カットができる

毎日スキンケア

パウダーファンデーションには、特別に「紫外線カット」などの効果をうたっていなくても、紫外線防止効果があります。
なぜならファンデーションの色粉には、「紫外線散乱剤」と似たような効果があるからです。

たとえばレーザー治療をするときに、肌にパウダーファンデーションが残っているとレーザーの光を跳ね返してしまいます。
パウダーファンデーションには、そのくらい光を反射する力があるということです。

日焼け止め効果化粧品+パウダーファンデーション

夏の紫外線が強い季節には、日焼け止め効果のある化粧品にプラスして、パウダーファンデーションを使うのがおすすめ!
日焼け止め化粧品のみを使うよりも、ずっと紫外線を跳ね返す力がパワーアップされます。

また、リキッドやクリームタイプのファンデーションよりも、界面活性剤の配合が少ないパウダーファンデーションのほうが肌への負担も少なくなります。
紫外線の強い季節は肌へのダメージも強くなっているので、少しでも肌への負担を少なくしていきましょう。

あえて普通のファンデーションを使う

日焼け止め効果をうたっているファンデーションには、紫外線吸収剤を含んでいるものがあります。
紫外線対策として日焼け止め効果のあるファンデーションを使いたくもなりますが、紫外線吸収剤は肌へ負担をかける成分でもあります。

普通のパウダーファンデーションでも紫外線カット効果はありますので、あえて普通のファンデーションを選んだほうが肌への負担は軽くなるともいえるんです。

海、山

家で過ごすなら、パウダーファンデーションだけで

毎日スキンケア

家で過ごすからメイクは必要がない日にも、窓ガラスを通して紫外線が入ってきます。
ちゃんと用心をしている人は、家で過ごしているときにも日焼け止めを塗っているはずですね。

しかし家で過ごすなら日焼け止めではなく、パウダーファンデーションのみを使用するのがおすすめです。
日焼け止めだとどうしても塗る量が少なくなってしまったり、時間経過とともに効果が薄くなっても塗り直しを怠りがちになるからです。

メイクのいらない日に、日焼け止め+ファンデーションまで装備する必要はないので、肌への負担を軽くするためにもパウダーファンデーションのみとしておきましょう。

日焼け止めとクレンジング

毎日スキンケア

日焼け止めを使った場合、クレンジングをどうするかが悩みどころですね。

もちろん、肌に負担のかかる成分はしっかりと落とす必要があります。
しかしクレンジング自体も肌に負担がかかるものです。
つまり、不必要ならクレンジングは使用しないほうがいいということです。

クレンジングについては、こちらの記事を参考にしてください。
肌への負担についても載っています。

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18

ウォータープルーフならクレンジングを

一般的には、ウォータープルーフタイプの日焼け止めはクレンジングが必要になります。

そのほかの日焼け止めについては、パッケージに「石鹸だけで落とせます」や「クレンジングをしてください」などの記載があるので、それを目安にしてください。
クレンジングが不必要な日焼け止めに対しては、クレンジングを使用しないようにしましょう。

連日使用には工夫も必要

海などへの旅行で、連日ウォータープルーフタイプの日焼け止めを使用したとします。
すると、毎日しっかりとクレンジングをすることになりますね。
でも毎日のようにしっかりクレンジングをし続けると、肌への負担から肌乾燥を起こしかねません。

そんなときは、旅行の滞在中は軽めのクレンジングにしておきます。
そして旅行の最終日にしっかりとクレンジングをして、日焼け止めを肌に残さないようにするなどの工夫も大切です。

クレンジングのあとは、保湿をしっかりとすることを忘れずに!

s-tenki

上手にシミ予防をしていこう!

紫外線は、肌老化やシミを招く存在です。
だからといって日焼け止めさえ塗っておけば大丈夫!と油断してはいけません。

日焼け止めは肌への負担も意味するので、そこの兼ね合いがとっても大切です。
肌への負担が少しでもかからないような紫外線対策をして、上手にシミや肌老化を防いでいきましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク