美白成分の種類を知って、正しいシミの治し方を!

シミが気になって、早く治したい!
でも美白成分っていろいろあるから、どれを選んでいいのかわからない…。
そんな人も多いようです。

今回は、シミを早く消すためにも間違った化粧品選びをしないように、美白成分について詳しくみていきましょう。
ぜひ、自分に合った美白成分を選ぶための参考にしてくださいね!

正しい美白成分とは

毎日スキンケア

コスメコーナーに行けば、たくさんの美白化粧品が並んでいます。
そこでまず間違えやすいのが、「美白っぽいもの」を美白成分配合と勘違いしてしまうことです。

なかには美白成分をたいして配合していなくても、「ホワイト○○○」などのネーミングで販売されている化粧品もあります。

本気で美白を考えるなら、そういったイメージ戦略に惑わされず、「ちゃんとした美白成分」をどの程度配合しているかを考慮して選ぶ必要があります。

そこで、美白成分に関しての知識がある程度必要になってきます。

メラニンでない色は消せない

メラニンの生成を抑えるのが美白成分なので、メラニン以外の色素を消すことはできません
肌の黄色みや、ニキビの赤みなどを白くすることはできないので、間違えないようにしましょう。

美白成分の効果

毎日スキンケア

美白成分とは、メラニン色素がつくられるときに肌内部で起こる反応を、抑える働きがあるものです。
つまりメラニン色素をつくる工場があったとして、どこかでその作業を阻害してくれる成分だということです。

一言で「美白成分」といっても、美白するための過程がそれぞれの成分によって違います。
どいうった過程かは大別すると以下のようになります。

1・エンドセリンを阻害するもの

紫外線が皮膚にあたると、表皮細胞からエンドセリン(ET)という情報伝達物質が分泌されます。
そのエンドセリンがメラノサイトに伝達されるとメラニン色素が生成されるのですが、その伝達を阻害する成分です。

2・チロシナーゼ酵素を阻害するもの

メラノサイトの中でメラニン色素が生成されるときに、チロシナーゼという酵素が働きます。
このチロシナーゼの働きを阻害することで、メラニン色素の生成を邪魔する成分です。

現在市販されている美白化粧品は、ほとんどがこれに該当しています。

3・プロスタグランジンを阻害するもの

プロスタグランジンとは、メラニン色素を生成するときに関わる表皮伝達物質のひとつです。
そのプロスタグランジンの働きを阻害する成分です。

4・そのほか

上記以外にも、メラニン色素生成のときに働くDNAにアプローチをかけるものや、チロシナーゼ酵素自体をつくらせないようにするものなど、さまざまな段階で効果を発揮する美白成分が次々に開発されてきています。

s175

美白成分の種類

毎日スキンケア

厚生労働省が、美白成分として認可しているものは現在(2016年)で14種類あります。
また、認可されているもの以外でも、各メーカーが独自に開発したものなど、美白成分は無数にあります。

これらの成分の中で、「これはいい」というおすすめの成分ももちろんありますが、美容成分というものは肌との相性が必ずあります。
かぶれる、かぶれないといった根本的な肌質との相性以外にも、効果の出方も人それぞれ違うものです。

自分に合った美白成分を見つけるには、まず「これ」といった成分をピックアップして、自分の肌で試していくのが確実です。

厚生労働省が認可している美白成分

厚生労働省が認可している美白成分を配合していれば、美白化粧品として医学部外品の認可を受けることができます。
つまり、美白の効能をうたうことが可能な製品になるということです。
(認可がない化粧品は、効能についてうたうことができません)

認可されていない美白成分も多数ありますが、まず試してみるなら効果がはっきりとしている認可成分が選びやすいと思います。
ぜひ美白化粧品選びの参考にしてください。

1・アルブチン

もともとはコケモモから抽出された成分です。
チロシナーゼ酵素の働きを阻害することで美白効果があります。

2・エラグ酸

イチゴやブラックベリーから抽出された成分です。
チロシナーゼ酵素の働きを抑制することで美白効果があります。

3・ルシノール

北欧のモミの木の成分をヒントにして生まれた成分です。
チロシナーゼ酵素と、メラニンの生成段階で起こるチロシンとの結合を防ぐことで美白効果があります。

4・ビタミンC誘導体

ビタミンCを、肌に浸透しやすいように形を変えたものです。(そもそもビタミンCは肌に浸透しにくい成分です)
チロシナーゼを抑制することで美白効果があります。
※抗酸化作用もあり、美容皮膚科でよく扱う成分です。

5・プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出した成分です。
チロシナーゼ抑制効果があり、保湿効果や代謝促進効果などもあります。
※美容皮膚科でのプラセンタ注射は、人間の胎盤から抽出したものなので別物です。

6・トラネキサム酸

本来は消炎剤や止血剤として用いる成分です。
美容皮膚科では、肝斑の治療に使われています。
メラノサイトの樹枝状突起形成に対して抑制的に働くので、樹枝状突起形成が発達する肝斑には効果的です。

プロスタグランジンE2抑制効果、チロシナーゼ抑制効果があります。
※血栓症のリスクがある人は使用できません。

7・カモミラET

カモミール(西洋カミツレ)から抽出した成分です。
エンドセリン伝達阻害効果があり、抗炎症作用もあわせもっています。

8・t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)

情報伝達物質であるプロスタグランジンを抑制して、美白効果をもたらす成分です。

9・リノール酸

サフラワー油などの植物油から抽出する成分です。
チロシナーゼの量を減らすことで美白効果をもたらします。

10・コウジ酸

コウジ菌から抽出された成分で、海外でも注目されている成分です。
チロシナーゼ抑制効果があり、黄ぐすみ(糖化で肌が黄色っぽくなること)にも効果があります。

最近注目されている「肌の糖化」についての過去記事です。
ぜひこちらも参考にしてください。

糖化が肌を老化させる!糖化を防ぐための簡単なポイント5つ

2016.06.23

11・ハイドロキノン

欧米ではかなり以前から使用されていましたが、日本では皮膚科でしか取り扱っていなかった成分です。
規制緩和によって、日本でも化粧品に配合することができるようになりました。
チロシナーゼ抑制効果があります。

※非常に効果が高い成分である反面、「白斑」になる可能性もある成分です。
上手に使っていくためにも、こちらの記事を参考にしてください。

シミにはハイドロキノン?上手な使い方で、強い味方に!

2016.04.04

12・4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)

メラニンの抑制効果とターンオーバーを促進することで、メラニンを含む古い角質を落としやすくする成分です。

13・ニコチン酸アミド

水溶性のビタミンB3です。
メラニン色素が、表皮細胞に受け渡されていく過程を阻害する成分です。

14・マグノリグナン

チロシナーゼタンパク質の成熟化を阻害することで、美白効果を得る成分です。

s-hart3

上手に美白を!

美白成分は、作用が高いほど肌トラブルのリスクも高くなると思っておきましょう。
シミを治す過程で、さらに肌トラブルが追加されないように、肌との相性をみながら使用していってくださいね。
パッチテストは必須です!

そして、シミを早く改善するには美白成分とピーリングを併せるのがおすすめ。
ピーリングについては、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016.08.01

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク