スキンケアの中で、ほとんどの人が使っている化粧水
ところが化粧水について、間違った解釈をしている人が意外と多いようです。

スキンケアの中で化粧水がどんな役目になっているのか。
基本的にどんな選び方をするべきなのか。
化粧水の基礎と選び方をみていきましょう。

化粧水の役目

毎日スキンケア

スキンケアのプロセスは人それぞれです。
ラインをすべて使っている人もいれば、化粧水とクリームだけという人もいます。
化粧水だけという人も、中にはいるはずですね。

ところが人それぞれといっても、化粧水を外している人はほとんどいないのではないでしょうか。
それくらい、化粧水はスキンケアの中で重宝されている存在です。

しかし結論からいうと、化粧水はそれほど大切な存在ではないのです。

化粧水で肌乾燥は改善できない

肌の乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因になってしまいます。
スキンケアにあまり興味がない人も「肌は乾燥させないように」と軽く意識しているものです。

そこで、肌に水分を与えるために化粧水が必要と考えてしまいます。
ところが化粧水が肌の水分になるわけではないのです。

肌の水分を保持するためにもっとも活躍しているのは、肌の一番外側の角質層にある角質細胞間脂質です。
その細胞間脂質の中では、主成分になっているセラミドという成分が肌の水分を保ってくれています。(コラーゲンやヒアルロン酸は真皮の層にある成分です)

セラミドなどの保湿成分は、加齢とともに減少していきます。
そして水分を保持する成分(セラミドなど)が減っているところに、いくら水分を与えたところで「ただ濡らしただけ」になるので、肌の水分量は増えないのです。
いずれ時間が経てば、化粧水は蒸発していってしまいます。

化粧水だけはNGスキンケア

肌が荒れていたりするとスキンケアを重くしたくないと思い、化粧水だけにする人もいます。
しかしこれは、スキンケアにおいてNGの行動です。

化粧水だけではさらに肌が乾燥してしまい、肌荒れが悪化してしまう可能性もあります。

あれもこれもと使いたくないときは、クリームか美容液だけにしたほうが肌のためになります。

s18

肌の保湿には「保湿成分」

毎日スキンケア

肌の水分量を増やすためには、保湿成分をとり入れていくしかありません。

おすすめの保湿成分はセラミドですが、ほかにも保湿成分はいくつかあります。
減少してしまった保湿成分を増やして、「肌が水分を保てる(保水できる)状態にする」のが正しい保湿スキンケアです。

保湿成分については、ぜひこちらの記事を参考にしてください。

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

ところが化粧水には、こういった保湿成分があまり配合されていません。
保湿成分は水に溶けにくく、配合したくても少量しか配合できないのが現状だからです。

保湿成分はクリームか美容液で

保湿成分を多く配合しているのは、クリームや美容液です。

肌の水分量を増やすことを考えるなら、化粧水ではなく保湿成分配合のクリームや美容液をとり入れていきましょう。

化粧水の選び方

s-skin8

化粧水に肌の水分量を増やすことができないからといって、化粧水にスキンケアの役目がないわけではありません。

化粧水に役立ってもらうには、化粧水がもっとも効果的な働きをできるものを選べばいいのです。

効果が発揮できるのはビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は水に溶けやすく、クリームなどよりも化粧水に配合したほうが安定性がある成分です。

化粧水でとり入れるなら、こういった水溶性の美肌成分を含みつつ、あれもこれもと成分を含んでいないシンプルなものを選びましょう。

20代からはビタミンC誘導体が大活躍!

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを肌に浸透しやすくしたものです。
(ビタミンCはそのままでは肌に吸収されにくい成分です)

ビタミンCといえば美白成分として有名ですが、シミ以外にも美肌作用がたくさんあります。
老化を防ぐ抗酸化作用、ニキビや毛穴トラブルをを防ぐ皮脂コントロール作用、さらに炎症を抑える作用もあるのでできてしまっているニキビにも効果があります。

20代に突入すると肌は右肩下がりに衰えていきます。
肌のコンディションを整えるため、若々しい肌をキープするために、20歳を過ぎたらビタミンC誘導体をとり入れていくのがおすすめです。

そして、ビタミンC誘導体をとり入れるプロセスとして化粧水を利用していきましょう。

s-hart

化粧水は単体使用しない!

化粧水を使う一番の注意点は、化粧水のみを使用しないことです。
化粧水の後は、必ずクリームや美容液で保湿をしましょう。

そのほかの選び方シリーズ

クレンジング料の基本的な選び方<選び方シリーズ1>

2016.08.03

洗顔料の基本的な選び方<選び方シリーズ2>

2016.08.04

美容液の基本的な選び方<選び方シリーズ4>

2016.08.08

乳液の基本的な選び方<選び方シリーズ5>

2016.08.10

クリームの基本的な選び方<選び方シリーズ6>

2016.08.12

スポンサーリンク