少し前まで、スキンケアでは「化粧水で水分補給+油分でフタ」が保湿という考え方でした。
しかし今では、「保湿成分を肌にとり入れる」のが正しい保湿とされています。

この認識でクリームをとり入れていくなら、どんな選び方をすればいいのでしょうか。
水分を保つ役割と一緒に、詳しくみていきましょう。

肌の水分量は保湿成分にかかってる!

s-skin7

以前は、油分によって肌の水分は守られるとされていました。

しかし実際には、肌の水分がしっかりと保たれている状態で

・角質層内の細胞間脂質(セラミドなど)…80%

・天然保湿成分(NMF)…18%


・皮脂…2%
以上の割合程度で、肌が水分を保つ役割をしていることがわかりました。

つまり皮脂(油分)の役割はほんの2%程度で、ほとんどはセラミドなどの細胞間脂質(保湿成分)によって水分は保たれているわけです。

だからスキンケアにおいては保湿成分をとり入れることが大切になってきます。

s81

クリームの選び方

s-skin7

現在ではクリームの特色もさまざまで、保湿成分がたっぷりと配合されているものや、昔ながらの油分が中心のものなどがあります。
そういった数あるクリームの中から選ぶのは、「それまでのスキンケアの工程によりけり」のクリームとなります。

スキンケアの終盤に使用するクリームは、自分のスキンケアのまとめに「調整役」として活躍させていくのがポイントです。

クリームで保湿成分を補う場合

化粧水や美容液を、保湿目的ではなく美白目的などのものを使用している場合、保湿成分が足りなくなるのでクリームによって保湿成分をとり入れていく必要があります。
また、乾燥肌や敏感肌で保湿成分をたくさん必要としている場合も、クリームでさらに保湿成分を加えていってもいいでしょう。

こういった保湿成分中心のクリームを選ぶときには、配合されている保湿成分の種類が大切になってきます。

保湿成分はセラミドを!

前述したように、肌の保湿力は細胞間脂質が80%を担っています。
ということは、細胞間脂質を補える成分をとり入れていけば、肌の保湿力も上がるということです。

細胞間脂質の中にはスフィンゴ脂質リピジュア®水素添加大豆レシチンなどがありますが、40%はセラミドです。
保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲンなど有名なものがたくさんありますが、細胞間脂質の保水力を高くするのはセラミドという成分なんです。

保湿成分の違いについては、こちらの記事を参考にしてください

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

セラミドはそのまま肌に塗っても角質層には浸透しにくく、クリーム状になった化粧品でとり入れたほうが浸透しやすいという特徴もあります。
クリームで保湿力を上げるなら、このセラミド配合の商品を選ぶのがおすすめです。

セラミドにも種類がたくさんあります

セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

2016.01.27

クリームで皮脂膜を補う場合

美容液や乳液でたっぷりと保湿成分をとり入れている場合は、スキンケアの仕上げにクリームで皮脂膜を補っていきましょう。

ただし、まだ皮脂分泌が盛んな30代くらいまでなら皮脂膜を補う必要性もあまりないように感じます。
肌質によっても違いがあるので、皮脂膜を補う必要があるかどうかの見極めが必要です。
どちらのほうが肌の調子が上がるか、実際に試してから決めてください。

皮脂膜ならワセリンを!

クリームで皮脂膜をフォローしたいときは、ワセリン配合のものがオススメです。

ワセリンは、肌への刺激がほとんどない成分です。
さらに角質層にはほぼ浸透しない性質があり、角質層の上でしっかりと皮膚を守ることができます。

保湿成分をたっぷりととり入れた仕上げに、ワセリンでカバーすればより強力に保水力をキープできるわけです。

s-hart2

クリームは部分使いもアリです

乳液や美容液で保湿成分は十分に補えている、皮脂膜をフォローする必要もないといった場合は、部分使いでクリームを利用するのもおすすめです。

目元や口元は、年齢には関係なく皮脂腺が少なくなっています。
そういった目元や口元だけ、クリームで油分を補っていくと乾燥しにくくなります。
上手に工夫して、スキンケアの中にクリームをとり入れていってくださいね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

そのほかの選び方シリーズ

クレンジング料の基本的な選び方<選び方シリーズ1>

2016.08.03

洗顔料の基本的な選び方<選び方シリーズ2>

2016.08.04

化粧水の基本的な選び方<選び方シリーズ3>

2016.08.06

美容液の基本的な選び方<選び方シリーズ4>

2016.08.08

乳液の基本的な選び方<選び方シリーズ5>

2016.08.10

スポンサーリンク