日焼け後の肌老化対策が大事!これだけはやっておきたい4つ

紫外線は肌にシミをつくるだけでなく、肌年齢を一気に上げてしまう怖い存在です。
肌老化の原因は自然現象が20%で、紫外線によるものがなんと80%もあるんです!

こうした紫外線による肌老化を「光老化」といい、肌の老化を防ぐためにもUV対策は超重要なエイジング対策です。

しかしうっかり日焼けしてしまった!というときは、光老化を進めないためにこれだけはやっておきましょう!

日焼け後の肌老化対策・4選

s-skin8

日焼けをしてしまったときは、いつもと同じスキンケアというわけにはいきません。

まずは肌を冷やし、皮膚の熱をとってから特別なケアをスタートしていきます。
皮膚に熱がこもったままだと肌を修復しにくいので、ここも大切なポイントです。
冷たいシャワーを体にあてるなどして、なるべく早く肌をクールダウンしてください。

1・やさしく洗顔

まずは、肌の角質や皮脂を落とすために洗顔をします。
古い角質を落とすことでターンオーバーが促進されるので、肌修復の助けになります、
また、その後のスキンケアの浸透も良くなるというメリットもあります。

紫外線によってダメージを受けているので、くれぐれもやさしく洗うようにしましょう。

おすすめは泡によるパック。
しっかりと泡立てた洗顔料を顔に乗せて覆い、2~3分ほど待ちます。
その後に指でやさしく、肌の汚れを落としていってください。
(※泡パックは刺激が少ない洗顔料に限ります

ピーリングやスクラブ禁止!

角質を落としたほうがターンオーバーの促進になるからといって、ピーリングやスクラブ入りの洗顔は絶対にやめてください。
ピーリングやスクラブは肌への刺激になるので、日焼け後の弱った肌にさらにダメージを与えることになってしまいます。

2・とにかく保湿

日焼けをしてしまった肌は、水分を失ってかなりの乾燥状態になっています。
肌を乾燥させたままにしておくとシワやたるみのもとになり、光老化も一気に進んでしまいます。
そこで、とにかく保湿が重要になってきます。

普段よりも年入りに保湿ケアをしていきたいのですが、おすすめは敏感肌用のスキンケア商品
日焼けによってデリケートになっている肌にも、低刺激になっている敏感肌用の商品なら比較的安心して使用することができます。
また、敏感肌用のスキンケア商品は保湿成分を豊富に含んでいるものが多いからです。

肌にたっぷりと水分を補いながら、火照りを冷ましていってください。

冷やしたシートパックがおすすめ!

保湿成分配合のシートパックをプラスするのがおすすめです。
シートパックを冷蔵庫などで冷やしておくと、さらに火照りが改善されやすくなります。

なかなか肌の火照りが治まらないときは、1日に2~3回ほど冷やしたシートパックを使ってみましょう。

3・美白ケアでメラニンをブロック

日焼けによる火照りが治まったら、保湿に加えて美白ケアをしていきます。
火照りが治まらないうちは、美白ケア成分も刺激になりやすいので注意が必要です。
必ず「火照りが治まってからの美白ケア」としてください。

この段階でしっかりと美白ケアをしておかないと、メラニンが生成されて色素沈着になる可能性があります。
シミの原因にしないためにも、しばらくの間は念入りに美白ケアをしていってください。

美白美容液を活用!

日焼け後の肌には、保湿美白ケアの2つが必要になります。

そこでスキンケアプランに工夫が必要です。
クリームで保湿成分をしっかりととり入れることにして、美白成分は美容液でしっかりとり入れるのがおすすめプランです。
さらに化粧水はビタミンC誘導体配合のものにしたり、乳液で保湿成分をプラスするのもいいでしょう。

美白成分については、ぜひこちらの記事を参考にして商品選びに役立ててください

美白成分の種類を知って、正しいシミの治し方を!

2016.07.30

4・インナーケアも忘れずに

スキンケア対策に加えて、インナーケアもしていきましょう。

まずは良質な睡眠をとって、肌のターンオーバーを整えます。
睡眠は肌にかなりの影響を与える生活習慣の一つです。
紫外線を大量に浴びた場合、これはおさえておきたいインナーケアといえます。

また、野菜やフルーツをできるだけとるようにしましょう。
肌の栄養になるミネラル、ビタミン類を体内にとり入れて、肌の回復に役立ってもらいます。

肌をきれいにする睡眠のとり方とは?<体内美肌シリーズ3>

2016.10.20

ビタミンCとポリフェノールが欲しい!

とくにビタミンCを含んだ食品を積極的に食べるようにしましょう。
ビタミンCはコラーゲンの生成も促してくれるので、日焼け後の肌回復に適した栄養素です。
また、抗酸化物質であるポリフェノールも積極的にとり入れたい栄養素です。

s133

日焼け後には、こんな注意も必要

s-skin7

ほかにも、日焼けの後には注意しておきたい点があります。

・水分をしっかりと摂取する

・洗顔料やボディソープを低刺激のものにする


・それ以上紫外線を吸収させないようにUV対策をする
こういった点に注意して、とにかく肌を刺激しないようにしましょう。
カミソリなどで産毛の処理をするのも、絶対にNGです!

s-hart3

紫外線は肌の大敵!

紫外線にはUV-AとUV-Bがあり、とくにUV-Aは波長が長く、皮膚の真皮にまで届いてしまいます。
真皮にまで届いた紫外線は保湿成分を破壊し、肌老化を進めてしまいます。

紫外線と肌の関係については、こちらの記事を参考にしてください

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016.05.13

だから日頃の紫外線対策はとても大切です。
もしも日焼けをしてしまったときは、必ずその後のケアを万全にしておきましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク