肌断食の注意点は?年齢肌なら「プチ断食」にしておいて!

一時期、美容業界でも注目された肌断食
興味をもっている人も多いかと思います。

肌断食は、やろうと思えばすぐにスタートできるお手軽な美容法です。
しかしだからといって、簡単に始めてはいけない美容法でもあります。

今回は諸刃の剣になりかねない肌断食について、失敗しないための基礎知識や注意点をみていきましょう。

肌断食とは

s-skin9

「肌断食」とは、美容業界で「肌へのケアを絶つ」という行為にあてはめた言葉です。
語源となる「断食」とはご存知、一定の期間にわたって何も食事をとらないことです。

肌断食においては、どこまでスキンケアを「絶つ」のかは個人の見解によって違ってきます。
洗顔料、クレンジング、化粧水、美容液、乳液といったスキンケア用品のすべてを絶つ人もいれば、洗顔料だけは使用する人もいます。
基本的には洗顔も水のみにして、一切のスキンケアを絶つことを「肌断食」とすることが多いようです。

肌断食の役目

保湿重視のスキンケアが提唱されているなか、肌へのケアを絶つことに違和感を覚える人もいるはずですが、肌断食にも理にかなった目的があります。

まずは、普段の生活において過度になりがちなスキンケアやメイクを絶つことで、肌を休めます。
そしてスキンケアの効果を使わずに、肌本来の力を引き出そうというものです。

肌断食の注意点

s-skin7

肌断食は、「日頃のケアを止める」といったものなので、いつでもスタートできます。
「そんなに簡単なら、今日からでも」と思う人も多いでしょう。

しかし肌断食は簡単に始められても、簡単に成功できるものではありません
肌断食がうまくいかなかった場合、肌ダメージもかなり大きくなるといわれています。

肌断食を始めたいなら、失敗しないためにもしっかりと注意点を確認しておきましょう。

1・肌荒れの区別が難しい

肌断食を始めると、まず一時的に肌が荒れる人が多くみられます。
これは普段借りているケア用品の力がなくなることで、肌コンディションが整わなくなるからです。
そこから肌本来の力を取り戻し始めると、肌の調子が整ってきます。

しかしこれは、肌断食の成功例になります。
最初のプロセスである肌荒れが、肌状態が良くなる前兆なら問題なのですが、逆に肌が苦しんだまま回復できない場合もあります。

前兆」なのか「危険信号」なのか、見極めができないと肌老化や肌トラブルを招く結果にもなりかねません。
自分では判断がつかないと思うなら、肌断食はやめておいたほうがいいでしょう。

肌断食から肌老化へ!?

肌の水分量は、肌年齢と大きく関わっています。
肌の水分量を高く保つことで、肌はハリやうるおいをもち、若々しくなっていきます。

肌断食においては外側から保湿ケアをしないことで、自らの保湿力を高めて肌の水分量を上げていきます。
しかし肌の保湿成分というものは、加齢とともに減少していくものです。
年齢次第では、取り戻そうにも取り戻せるだけの保湿成分がない人もいるわけです。

保湿ケアを絶つことで肌が乾燥したままになり、肌老化が加速するパターンもあります。

2・UVケアができない

メイクやスキンケア用品を使用しないということは、紫外線に対して無防備になってしまいます。

紫外線の影響は大きなもので、肌が紫外線を吸収するとさまざまな肌リスクを背負うことになります。

紫外線と肌の関係については、こちらの記事を参考にしてください

紫外線と肌の関係を基礎から学んで、日差しに対抗していく!

2016.05.13

紫外線によるデメリット」と「肌断食によるメリット」を測りにかけると、やはり紫外線による肌リスクのほうが怖いともいえます。
日焼け止めによる肌への負担もありますが、それでも最低限の紫外線対策は大切です。

3・期間が必要

肌断食は、1日や2日で終了するものではありません。
やっぱり今日はメイクが必要になったからといって途中でメイクをしてしまったら、ただ単に「数日ケアを怠っただけ」になり、肌断食失敗です。

本当に肌断食が成功するまでメイクやスキンケアなしでいいのか、もう一度よく考えてみましょう。
肌断食は、決して気軽に始められるものではないのです。

年齢肌なら「プチ断食」くらいで

s-skin8

肌断食の難しさを並べてしまいましたが、「肌を休ませる」というメリットはぜひとり入れたいものです。
そんなときは、プチ断食にしてみませんか。

肌の休息日をつくるだけ

肌断食のようにバッサリとケアを絶つのではなく、肌の休息日をつくるのがおすすめです。
とくに年齢肌の人は肌断食のリスクが高すぎるので、こういった休息日をつくることで肌を休ませてみましょう。

メイクの必要がない日に、メイクとクレンジングを絶ちます。
洗顔と保湿ケアは通常通りにしていきましょう。
これだけで、肌をかなり休ませてあげることができます。

s-hart2

肌状態に注意して!

私の肌はまだまだ若いし、肌断食をやってみたい!という人は、肌状態にじゅうぶん注意しながら肌断食を進めていってくださいね。

肌断食についてはたくさんの意見が交わされているので、この記事も一つの参考としていただければと思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク