海外で話題のグリーンコーヒーとは!?美容とダイエットに効果◎

今、アメリカで話題になっている「グリーンコーヒー」。

まだ日本では馴染みがありませんが、海外セレブも愛飲しはじめたということで、そろそろ注目したい美容情報です。

では、ダイエットと美肌作りに効果絶大といわれているグリーンコーヒーについて、チェックしていきましょう!

グリーンコーヒーとは?

s-skin9

まず、グリーンコーヒーと聞いて、「緑のコーヒー?」と不思議に思いますよね。
でも、特別なコーヒーというわけではありません。
焙煎していないコーヒー」のことなんです。

焙煎前の生のコーヒーは、じつはみんな緑色をしています。
特別なコーヒーではないのですが、「焙煎前」というだけで焙煎後のコーヒーとは別物のような効果を含んでいるんです。

肥満大国であるアメリカでは、ダイエット番組や健康情報番組が盛んになっています。
そんな中、「ドクター・オズ・ショー」という人気番組でグリーンコーヒーが取り上げられると、あっという間に話題になったそうです。

グリーンコーヒーの効果

s-skin7

焙煎前のグリーンコーヒーと、通常の焙煎後のコーヒーの大きな違いは「クロロゲン酸」が含まれているかどうかです。
コーヒーに含まれているクロロゲン酸という成分は、焙煎すると失われてしまうからです。

しかしこのクロロゲン酸が、ダイエット、美肌、健康にかなりの影響を与えることが明らかになってきました。

クロロゲン酸とミトコンドリア

ではこのクロロゲン酸は、なぜ私たちの体に大きな影響を与えるのでしょうか。
それは体内の「ミトコンドリア」と密接なつながりがあるからです。

ミトコンドリアとは?

ミトコンドリアとは、体の中の細胞にある小器官の一つです。
近年の研究の中で、ミトコンドリアが健康や老化問題に関連していることがわかってきました。

体内のミトコンドリアの数が減少したり、質が低下したりすると、若さを保つためのエネルギーが低下することが解明されたのです。
つまりそれは、さまざまな機能の低下を意味します。

クロロゲン酸がミトコンドリアに働きかける!

コーヒークロロゲン酸には、ミトコンドリアに働きかける力があります。

脂肪運搬酵素によって脂肪が燃焼しやすくなったり、体の基礎代謝が上がることで美肌効果が期待できるようになるのです。

クロロゲン酸による美容&ダイエット効果

クロロゲン酸には、細胞レベルでの身体機能の「底上げ」が期待でき、そこにはさまざまな効能をとり上げることができます。
その中でも、代表的な美容に関する効果をみていきましょう。

抗酸化作用

美容業界でも注目されている「抗酸化作用」。
私たちの肌を老化させる「活性酸素」を、抑制するための作用です。

コーヒークロロゲン酸によって、この活性酸素を強く抑制することができ、アンチエイジングに高い効果が期待できます。

脂肪燃焼効果

脂質は、ミトコンドリアのもつ酵素の働きによって燃焼され、エネルギーへと変換されます。
コーヒークロロゲン酸によって、このミトコンドリアの還元作用が促進されるため、体脂肪が大幅に軽減されるようになります。

「たまっている脂肪」にも「入ってくる脂肪」にも効果が現れるので、某大学の研究結果ではグリーンコーヒーを22週間摂取するだけで、体脂肪が15%も減少することが明らかにされています。

また、糖質の吸収を抑える作用もあるため、ダイエットに関してはかなりの効果が期待できるといえます。

コーヒー

グリーンコーヒーを飲むには?

s-skin9

日本ではまだ流通が少ないため、カフェなどでの取り扱いはないようです。

グリーンコーヒーを飲むには、生豆を扱っているショップで買い求め、自分で淹れることになります。
グリーンコーヒーは焙煎されたコーヒーとはまた一味違い、なかなか飲みやすいと評判です。

グリーンコーヒーを淹れるポイント

グリーンコーヒーを楽しむには、大切なポイントがあります。
それは「沸騰したお湯はつかわないこと」です。

クロロゲン酸は熱に弱いため、アツアツのお湯で淹れてしまうと、せっかくの成分が壊れてしまいます。
グリーンコーヒーには90度~95度程度のお湯を使うようにしましょう。

また、硬水を使用するとミネラル成分がクロロゲン酸と化学反応を起こしてしまう可能性があります。
グリーンコーヒーには軟水を使用するようにしましょう。

s-cafee

グリーンコーヒーで楽々美容

飲むだけで、美容効果たっぷりのグリーンコーヒー。
ぜひ試してみたくなりますね。

スリムな体と美肌が一緒に手に入るなんて、美容界にまた新しい注目株の登場です!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク