冷水洗顔のメリットとデメリットを検証して、正しい洗顔方法を!

セレブの間で人気になった冷水洗顔
たしかに毛穴がキュッと引き締まります。

でも、ちょっと待ってください。
引き締まるからといって、「ただ冷水で洗えばいい」というものではありません。

ここでは冷水洗顔のメリットとデメリットを解説しますので、そのうえで正しい冷水洗顔の使い方をマスターしていきましょう。

冷水洗顔のメリット、デメリット

毎日スキンケア

冷水洗顔には、さまざまなメリットとデメリットがあります。
では、まとめてみていきましょう。

メリット

・毛穴が引き締まる
肌を冷たくすることで、毛穴が一時的に縮まります。

・血液の循環が良くなる
温度差を与えることで、肌の血行が促進されます。

・冷水の刺激が心地よい
気温の高い時期には、とても爽快感があります。

デメリット

・毛穴が引き締まるのは一時的
冷水によって毛穴が締まるのは、せいぜい30分程度です。

・汚れが溜まりやすい
毛穴の汚れが残ったまま冷水を肌にあてると、毛穴に汚れが溜まってしまいます。

・美容成分が浸透しにくくなる
毛穴が締まりきってしまうと、その後のスキンケアで美容成分が肌に浸透しにくくなります。

・赤ら顔の原因に
刺激によって毛細血管が拡張された状態が続くと、赤ら顔の原因になる場合もあります。

寝るときマスク

冷水洗顔を分析

毎日スキンケア

こうしてメリットとデメリットを比較してみると、デメリットのほうが多いように感じませんか。

冷水洗顔では「毛穴が引き締まる」という効果が最大の魅力と感じている人が多い中、それは継続的な効果にはなりません

基本的にはぬるま湯で洗顔を!

洗顔は、ぬるま湯でおこなうことが基本です。
デメリットの項目でもあるように、毛穴に汚れが残ったまま冷水で締めてしまうと毛穴に汚れを溜めてしまいます。

だから洗顔はぬるま湯で、しっかりと毛穴の中の汚れまで落とせるようにするべきです。

クレンジングで冷水は絶対ダメ!

冷水は油分を固めます。
クレンジングを落とすときに冷水など使ってしまっては、クレンジングやメイクに含まれている油分が固まってしまいます。
つまり、肌のうえにべったりと油が残ってしまうのです。

クレンジングは必ずぬるま湯で、しっかりと洗い流してください。

冷水洗顔の正しい方法

毎日スキンケア

では冷水洗顔の使い道はないのかというと、そういうわけではありません。
メリットを生かした使い道で、冷水洗顔を上手に利用しましょう。

毛穴を引き締めたいとき

毛穴パックなどで無理に毛穴を開かせるような状態をつくったときには、毛穴を一時的でもいいから早く引き締める必要があります。

こういった特別な毛穴ケアなどで毛穴が開いてしまったときに、冷水洗顔を利用しましょう。
※洗顔料は必要ありません。冷水でバシャバシャするだけです。

血行を促進したいとき

肌のターンオーバーが気になるとき、たるみが気になるときに冷水洗顔で血行を良くするのは効果的です。
ただしぬるま湯で洗顔し汚れを落としてから、最後に冷水をバシャバシャ顔にあてるだけという方法にしましょう。

この場合、顔が冷たくなった状態では美容成分が浸透しにくくなります。
手のひらで肌を温めながら、化粧水や美容液を浸透させるようにしてください。

敏感肌は注意

敏感肌の場合は、冷水の刺激が強すぎて顔が赤くなる場合もあるので注意が必要です。

敏感肌じゃなくても、肌への刺激が強すぎると感じたら冷水の使用は控えるようにしてください。

s-bas

正しい洗顔で美肌作り

洗顔は毎日おこなうものだけに、間違ってしまうとダメージが肌に蓄積されてしまいます。

一方で、正しい洗顔をしていけば美容成分の浸透も良くなり、肌にたくさんのメリットを与えてくれます。
ここで一度、自分の洗顔を見直してみるのもいい機会です。

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016.03.16

洗顔は石鹸の選び方で大きく変わる!洗顔フォームとの違いは?

2016.07.02

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016.03.17

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク