化粧水をレンジでチン!浸透力アップで超節約な美容法みつけた!

そろそろ乾燥が怖い…。
肌がカサついたり、毛穴が目立つようになったり…。

そんなとき、化粧水をグイグイ肌に浸透させるとウワサの「レンチン化粧水」はいかがですか。

お金もかからないレンチン化粧水の効果とやり方をご紹介していきます!

化粧水をレンジでチン!?

毎日スキンケア

「レンチン化粧水」と呼ばれているのは、化粧水を使用する前にレンジでチンする(温める)というもの。
「エッそれだけ?」とか、「冷やすんじゃなくて、温めるの!?」と思ってしまいますよね。

レンチン化粧水の効果

意外にも、たったこれだけのひと手間でビックリするほど化粧水がグレードアップ。

温まった化粧水は浸透しやすくなり、肌にのせた瞬間からジュワッと浸透していく感触が…!
スチーム効果がプラスされたようになり、毛穴にもしっかりと浸透してくれます。

新しく保湿効果の高い化粧水を購入する必要もなく、いつもの化粧水が変身してくれるのでお金もかかりません。
超節約なスキンケア術なんですね。

たったの7秒で変身

レンチン化粧水の作り方は、とっても簡単です。

耐熱性の容器に、使用するぶんだけの化粧水を入れます。
そして、レンジ(600W)で7秒加熱したらできあがり

こんなに簡単なのに、効果がバツグンとの口コミがたくさんあるんです。

レンチン化粧水の注意点

毎日スキンケア

とっても簡単なレンチン化粧水ですが、ちょっとした注意点があります。

ビタミンC誘導体配合化粧水はチンしない

ビタミンCは非常に熱に弱い成分です。
そのため、レンジで温めるとせっかくの成分が壊れてしまう可能性があります。

ビタミンC誘導体配合の化粧水はレンチンせずに、手のひらでよく温める程度にしましょう。

化粧水だけで終わらせない

レンチン化粧水だけでしっとり感があるからといって、そこで終わりにしないようにしましょう。
化粧水だけでは、いずれ肌の水分が蒸発してしまいます。

いつものように、美容液やクリームで保湿もしてくださいね。

クリームやゲルは7秒じゃない?

クリームやゲル状の化粧品も温めて使いたいときは、レンチンの時間に気をつけましょう。
液体の化粧水とは温まり具合が違ってきます

どの程度の時間がベストか、まずは短い時間から試してみてください。
一部分は温かくなくても、別の部分は熱くなっている場合もあるので注意してくださいね。

睡眠

レンチン化粧水・応用編

毎日スキンケア

レンチン化粧水の効果が気に入ったら、さらに応用もしてみましょう。

コットンパックに応用

温めた化粧水で、コットンパックもおすすめです。

まるで美容液をつけたような肌感触になると、SNSでも話題になっています。

コットンパックについては、こちらの記事を参考にしてください

知ってるようでわかってなかった!コットンパックの正しいやり方

2016.03.15

クレンジングに応用

化粧水だけでなく、クレンジング料も温めることで能力が倍増します。

温まったクレンジング料はメイクとスルスル馴染み、いつもより短時間でメイクを落としてくれます
肌への負担が減るので、肌のコンディションもアップしやすくなりますね。
※クレンジング料は種類によって温める時間が異なります。
ちょうどいい時間を見つけてからトライしてくださいね。

s-bas

さっそく今夜やってみる!?

レンチン化粧水は、とにかくお手軽にできます。
さっそく今夜のスキンケアにとり入れてみませんか。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク