肌にインナードライの疑いアリ!正しい改善策を教えて!

すぐに皮脂がベタついて、化粧が崩れてしまう。
ファンデーションを塗るほどに、毛穴が目立ってキレイに仕上がらない。
それって、肌が「インナードライ」になっているのかもしれません。

インナードライ肌は、そのままケアをしないでいると、乾燥からシワやたるみができてしまいます。

では、正しい改善策も含めて、肌のインナードライについて詳しくみていきましょう。

肌のインナードライとは?

毎日スキンケア

肌がインナードライの状態になっていると、肌内部は乾燥しているのに、肌表面は皮脂でテカテカしてしまいます。

肌表面に皮脂が過剰に分泌されているため、肌が乾燥していることに気付かない人も多い状態です。

しかし、テカリがおさまらない、化粧崩れがひどいといった、「過剰な皮脂の分泌」こそが危険信号です。
インナードライを疑って、しっかりとケアをしていきましょう。

なぜ皮脂分泌が過剰になる?

ではなぜ、インナードライになると皮脂分泌が過剰になってしまうのでしょうか。
答えは簡単で、「肌の防衛本能」のようなものです。

肌には「2つのバリアがある」と考えてください。
1つめは「皮脂膜」で、2つめは「角質層」です。

2つめの角質層の中は、セラミドが水分を抱え込むことでバリア機能が高くなります。
しかし角質層内の水分が少なくなり、バリアがスカスカになってしまうと、肌は「危険!」と判断します。
そして、1つめの皮脂膜の皮脂量を増やし、なんとか外部刺激から身を守ろうとするわけです。
※しかし皮脂によってのバリア機能は、かなり頼りないものです。

肌バリア、図

つまり角質層内の水分量は、「バリア機能の保持」だけでなく、「皮脂量をコントロールする」ためにもとっても大切だということですね。

角質層内の水分量をあげるためには、セラミドという保湿成分が重要になるので、ここでしっかりと覚えておきましょう。

保湿成分ならセラミド!セラミドの基礎知識を5分で学ぼう

2016.01.26
セラミドの量は20代に入ると減少していくので、20代からインナードライには要注意です。

NG行動、スキンケア

インナードライ対策でのNG行動

毎日スキンケア

皮脂量が過剰になっているので、化粧直しのときにはとにかく皮脂をとらなくては…そう思うのは当たり前です。
しかし、ダメなんです

肌がインナードライになっているときには、やってしまいがちだけど、やってはいけないことがいくつかあります。

1・皮脂をオフしない

油とり紙や、ティッシュで皮脂をとりまくってはいけません
肌の水分量をさらに下げることになり、肌はもっと皮脂量を増やそうとがんばってしまいます。

また、肌に摩擦をあたえる行為自体が、肌にとってマイナスになるので注意が必要です。

2・洗浄力の強い洗顔料を使わない

皮脂が気になると、しっかりと油分を落としたい、スッキリさせたいといった理由から、洗浄力の強い洗顔料に手を出してしまいがちです。
しかしこれも、インナードライ肌にはNGの行動です。

肌の乾燥を進めてしまい、インナードライの改善を邪魔することになってしまいます

洗顔料は、「洗顔フォーム」よりも「洗顔石鹸」がおすすめです。

洗顔は石鹸の選び方で大きく変わる!洗顔フォームとの違いは?

2016.07.02

洗顔の回数を増やさない!

皮脂量が過剰ということで、洗顔の回数を増やしてしまう人も多いようです。
しかしこれも、洗浄力の強い洗顔料を使用するのと同じように肌の乾燥を進めてしまうので、やめておきたいNG行動です。

たるみ毛穴

インナードライの正しい改善策

毎日スキンケア

では、インナードライを少しでも早く改善するためには、どんなケア方法が効果的なのでしょうか。
ここをしっかりとおさえておきましょう。

洗顔での対策

まずは洗顔で肌を乾燥させないようにします。

「洗浄力の強い洗顔料は使わない」だけでなく、洗顔料を洗い流す温度にも気を配ってください。
熱いお湯で洗顔料を洗い流すと、肌の保湿成分まで一気に流されてしまいます

お湯の温度は、30度~35度のぬるま湯に設定しましょう。

今さら聞けない!正しい洗顔方法のチェックポイントは?

2016.03.16

洗顔後はなるべく早くスキンケア

洗顔後は、肌が濡れているので自覚しにくいですが、かなり乾燥しています
その乾燥によって、肌が「危険!」と感じて皮脂を過剰分泌させる前に、しっかりとスキンケアで保湿していきましょう。

スキンケアでの対策

スキンケアで、化粧水をたっぷりつけたから大丈夫!というカン違いはいけません。
化粧水をいくら肌にふくませても、それは「保湿」とはいえないからです。

肌の保湿とは、肌の水分量を上げることですが、化粧水だけでは肌の水分保持能力は上がらずに、まもなく蒸発してしまいます。
正しく保湿するには、肌が水分を保持できる「保湿成分」を補ってあげる必要があります

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

セラミドがおすすめ!

保湿成分にはいろいろな種類がありますが、早く肌の乾燥を改善したいならセラミドがおすすめです。

肌の水分保持力を高めるだけでなく、肌内部の水分蒸発も防ぐ働きができるからです。
なかでも、「ヒト型セラミド」がオススメ!

セラミド選び、間違ってない?セラミドの種類をまるごと解説

2016.01.27

ファンデーションで対策

肌にファンデーションを塗れば、もちろんクレンジング料を使って落とします。

しかしこのクレンジング料には「界面活性剤」が多く配合されていて、肌への負担は大きなものです。
そのため、クレンジング料はスキンケアの中でももっとも肌リスクが高いものといえます。

そのクレンジングをカットできれば、肌の乾燥も早い改善が見込めるようになります。

しかしメイクをしたらクレンジングをしないわけにはいかない…というわけでもありません。
クレンジング不要のファンデーションを使用すればいいのです。

クレンジング不要といえば、ミネラルファンデーションがオススメです。
薄付きのイメージですが、ナチュラルできれいに仕上がるミネラルファンデーションもたくさんあります。
この機会にぜひ試してみましょう。
UVカットもできる、大人気ミネラルファンデーションはコチラ

※アイメイクだけは、専用のリムーバーで落としてくださいね。

s-hart2

インナードライは改善できる!

インナードライ肌は、NG行動を避けて、正しい改善策をとっていけば改善できる肌症状です。
そしてこの改善策は、肌コンディションを整えていくうえでも大切なので、改善後もできるだけとり入れていきましょう。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク