ライスオイルを要チェック!お米の美容効果で、肌に乾燥対策を!

美容と健康に効果的と、テレビでも紹介されて話題になったライスオイル

まだまだメジャーとは言い難い存在ですが、体にやさしくて美容効果もバッチリとメリットがたくさん!
ではそんなライスオイルの美容効果や使い方を、チェックしていきましょう。

ライスオイルとは

毎日スキンケア

ライスオイルは「米油」ともいいます。
米油と聞くと、スーパーの食用油のコーナーに並んでいるのを見たことがある人も多いでしょう。

玄米を精米するときに取り除かれる「米ぬか」。
その米ぬかには油分が含まれているので、それを抽出したものがライスオイルになります。

ライスオイルの歴史はとても古く、記録は元禄時代から残っています。
日本人の主食になっているお米からとれるオイルなので、日本女性の肌質にも相性がいいと予想できます。

しかし今までメジャーにならなかったのは、その希少性にあったといえます。
ライスオイルは、米一合(150g)からたったの2gしか抽出できないとても貴重なオイルなんです。

食用と化粧品用がある

ライスオイル(米油)と聞くと、どちらかといえば食用のイメージが強いと思いますが、化粧品用のライスオイルもあります。

その違いは、精製度
化粧品用のライスオイルは不純物をしっかりと取り除いて、肌にも安心して使用できるように製造されています。

ライスオイルは体内にとり入れることでも美容効果がありますが、外側からスキンケアとしてとり入れるときは化粧品用のライスオイルを使用しましょう。

お米

ライスオイルの美容効果

毎日スキンケア

ライスオイルには

・トコフェノール

・オレイン酸

・リノール酸

・γ-オリザノール

…などなど、たくさんの美容成分が含まれています。

では、そんな成分からどんな美容効果が期待できるのか、詳しくみていきましょう。

リノール酸

リノール酸には高い保湿力があり、肌をなめらかにする作用があります。

浸透力が高く、肌のバリア機能も高めてくれます。

オレイン酸

オレイン酸は人間の肌にもともと含まれている成分なので、皮膚との相性がとてもいいです。

肌をやわらかくして、保湿力を高める特徴があります。

トコフェノール

トコフェノールはビタミンEの一種です。

抗酸化作用(アンチエイジング)、血行促進(肌代謝改善)など美容効果がたっぷりです!

γ-オリザノール(ガンマオリザノール)

γ-オリザノールには、シミの原因になるメラニン色素を抑制する働きがあります。

皮膚の乾燥や肌荒れを防ぐ作用もあり、肌再生のサポートもできる優秀な成分なので化粧品にもよく配合されている成分です。

保湿、美容

トコトリエノールに注目!

毎日スキンケア

ライスオイルにはたくさんの美容成分が配合されていますが、なかでも注目したいのはトコトリエノールです。

トコフェノールと同じビタミンEの一種ですが、抗酸化作用が通常のビタミンEの40~60倍
まさにスーパービタミンEとも呼べる存在なんです。

トコトリエノールは米ぬかを含む特定の植物油にしか含まれていない希少な成分で、肌への効果が立証されている美容業界注目の成分です。
ではトコトリエノールにどんな効果が期待できるのか、みていきましょう。

アンチエイジング効果

肌が老化するのは「活性酸素」が原因です。
トコトリエノールがもっている強い抗酸化作用が、この活性酸素を取り除いてくれます。

さらにトコトリエノールにはヒアルロン酸(肌の水分を保つ成分)を生成する作用があります。
これらの効果によって高いアンチエイジング効果が期待できます。

美白効果

トコトリエノールには、メラノサイトに働きかけてメラニンの生成を抑制する作用があります。

加齢とともに肌に蓄積されて、ある日突然シミになるメラニンは女性の大敵。
そのメラニンを抑制し続けていくことは、きれいな白い肌を保つために大切なことです。

毛穴開き改善効果

肌のたるみとともに気になる毛穴の開き(たるみ毛穴)。
トコトリエノールがもつ強力なエイジング効果で肌のたるみが改善されれば、同時に毛穴の開きも改善されていきます。

リセナル商品画像

ライスオイルでおすすめの「リセナル」は、Amazonでも高評価!(60ml・1080円)
リセナル 美容オイルをAmazonでチェック

ライスオイルの使い方

毎日スキンケア

これらのライスオイルの美容効果は食用から体内にとり入れていってもいいのですが、やっぱり化粧品用を使って肌に直接とり入れていくのがおすすめ!

では化粧品用にはどんな使い方があるのか、みていきましょう。

美容液の代わりに

一番王道の使い方といえるでしょう。

スキンケアの中で、美容液の代わりとして使用します。

ブースターとして

ライスオイルには肌をやわらかくする作用があるので、ブースターとして使用すると化粧水の浸透力も高まります。

 

洗顔後にほんの少量を肌に馴染ませてから、スキンケアをスタートさせてください。

ファンデーションをレベルアップ

リキッドタイプのファンデーションを使用しているなら、そこに1滴だけライスオイルを混ぜてみてください。

保湿力がアップし、化粧のもちも良くなります。

ボディオイルとして

もちろんボディオイルとしても使用できます。

ライスオイルには肩こりを改善する効果もあるので、コリが気になる部分を重点的に塗り込んでいくのがオススメ。

s-hart3

お米には美容効果がいっぱい!

お米からとれる美容効果は、私たち日本人女性の強い味方になってくれます。
こちらの記事も、ぜひ参考にしてみてください。

米ぬかの美容効果って?洗顔、パックなど使い方もたっぷり!

2016.09.29

スポンサーリンク