ボディクリームとローションの違いは?肌に合わせて使いこなす!

乾燥が気になる季節になると肌が痒くなったり、白い粉がふいてしまったり…。
そんな人の役に立つのが、ボディクリームボディローションといった保湿ケア用品です。

季節の変わり目になるとドラッグストアにもズラリと並び始めて、どれを選べばいいのか迷ってしまいますね。

そこでクリームとローションの違いをわかっておけば、少しはケア用品選びの役に立ってくれるはずです!
では2種類の違いや特徴について、みていきましょう。

ボディクリームとローションの違い

毎日スキンケア

ボディクリームとローションの大きな違いは、「油分」と「水分」のバランスです。

クリームのほうが油分が多めで、水分が少なめになっています。
そのためテクスチャーも固めで、密度が高いものが多いです。

一方、ボディローションは油分が少なめで、水分が多め
だからテクスチャーはサラリとしていて、みずみずしい使用感のものが多くなっています。

こうして水分と油分の配合割合が違うクリームとローションでは、テクスチャーの使用感だけでなく保湿力も大きく違ってきます
自分の肌の乾燥状態に合わせて、じょうずに使い分けることが大切です。

ボディクリームの特徴

毎日スキンケア

油分が多いボディクリームは、ローションよりも保湿力が高くなっています。
乾燥がとくに気になる季節、乾燥が進みやすい肌質の人はクリームのほうをを選ぶのがおすすめ。

また、肘やかかとなど部分的に乾燥が気になっているときに部分使いとして使用するにも適しています。

ボディクリームのデメリット

ボディクリームはテクスチャーが固いため、ローションよりも伸びが悪いです。
部分使いとしては使いやすいのですが、広範囲に伸ばすとなるとなかなか広がらずに、白くムラになって上手に塗れない…そんな人も多くみられます。

伸ばしにくいとどうしても何度も肌をこすってしまいます。
摩擦は肌への負担になるので、できるだけ避けたい行為です。

だから「保湿力が高いほうがいい」と単純にクリームを選ばずに、そこまで乾燥がひどくないなら摩擦が少ないローションのほうを選んだほうがいいのです。

ボディローションの特徴

毎日スキンケア

サラリとしたテクスチャーのボディローションは、伸ばしやすいしつけ心地も良くて使いやすいです。
軽いつけ心地なので、暑い季節でも使用しやすいともいえます。
紫外線の肌への負担を考えて、夏場でも保湿ケアをしたいならローションのほうがいいでしょう。

保湿力はクリームに敵いませんが、まだそこまで乾燥していないとき、体全体をケアしたいときなどはローションのほうがオススメです。

クリーム+ローションの併せ技も!

高い保湿力が欲しい!けど、伸ばしやすいほうがいい!というときには、クリームとローションを混ぜて使用するという小技もあります。
クリームだけを使用するよりもベタつきが少なくなるので、ベタベタが苦手な人にもおすすめの使用法です。

クリームとローションの配合割合は商品のテクスチャーによっても違いますので、ベストの配合率を見つけてくださいね。

クリーム、香り

上手な保湿ケアのポイント

毎日スキンケア

ボディへの保湿ケアは、お風呂上がりに体を拭いてから塗り始める人がほとんどです。
しかしじつは「体を拭く前」に塗るのがポイント。

肌に残った水分と、クリームやローションに含まれている油分が混じり合い、乳化されて伸びやすくなるのです。

さらに水分と油分を肌に閉じ込めやすくなるので、保湿力もアップします!

s-bas

ボディも保湿ケアでスベスベに!

乾燥が気になる季節には、ボディへもしっかりと保湿ケアをしてコンディションを整えておきましょう。
じょうずに保湿アイテムを選んで、使いこなしてくださいね!

ボディへのケアはオイルもおすすめです
ぜひ、こちらの記事も参考にしてください

ボディオイルの効果的な使い方で、紫外線に負けないスベ肌作り!

2016.06.20

スポンサーリンク