むくみには足湯が効果的!手軽に冷え性も改善できる!

一気に冬の気配がやってきました…。
女性には冷え性の人も多いので、辛い季節になりますね。

足や顔もむくみやすくなるし、なんとかならないかしら…というとき。
手軽でお金のかからない健康法が欲しいとき、足湯がおすすめ!
手軽なのに、健康効果もたくさんあるんです。

魅力たっぷり!手軽な足湯

毎日スキンケア

足湯とはご存知、お湯に足を浸けること。
たったそれだけなのに、体にうれしい効果がたっぷり!
介護や医療の現場では、ずいぶん前からとり入れられてきたケア方法なんです。

副交感神経への効果から、さまざまな健康効果が証明されています。

足湯は場所を選ばない

現在では足湯は、温泉施設だけに留まらず、道の駅やサービスエリア、駅の構内にも設置されていると話題になっています。

そうです。
足湯は健康効果だけでなく、場所を選ばずにできることも大きな魅力なんです。
だからリビングでも、書斎でも、ちょっとしたスペースがあれば足湯ができてしまいます。

そして、何かを「しながら」でもできてしまいます。
テレビを観ながら、勉強をしながら、本を読みながら、手軽に健康効果をゲットできます。

足湯には、全身浴と同じ効果がある

不思議に思うかもしれませんが、足湯には全身浴と同じ効果があります。
なぜ足をお湯に浸けるだけで、全身をお湯に浸けるのと同じ効果が生まれるのでしょうか。

足先は、全身の中でも一番心臓から遠い場所。
つまり血液が一番循環しにくく、冷えやすい場所になるんです。

その足先が温まると、血液の循環が良くなり、体全体の血流も良くなります。
そして、全身浴のように体温も高くなっていきます。
だから足先を温めるだけで、全身浴と同じ効果を得ることができるんです。

足湯はヨーロッパでは昔からとてもポピュラーな習慣で、風邪や高血圧でお風呂に入れないときによく行っているそうです。
私たちもそういった症状のときに、活用してみるといいですね。

タオル、石鹸

足湯はむくみに効果的!

毎日スキンケア

足をお湯に浸けるだけで、なぜむくみがとれるのでしょうか。
その理由は、大きく分けて3つあります。

1・自律神経と血流が関係している

血管が収縮して、血流が悪くなっているとむくみが生じます

足湯によって体温が上昇すると、それだけでも血流が良くなりますが、さらに自律神経も関係してきます。
冷えやすい足先が温まると、自律神経の一つである「副交感神経」が活発に働き始めるのです。
すると体の緊張やこわばりがなくなるので、血液が流れやすくなります。

こうして血流が改善されることで、むくみが発生しにくくなります。

2・むくみと免疫機能が関係している

そして副交感神経が活発に働き始めると、「ナチュラルキラー細胞」が活性化してきます。

ナチュラルキラー細胞とは、免疫をつかさどっているリンパ球の一種です。
このナチュラルキラー細胞が、血管内の水分調節をしている「アルブミン」と密接に関係していて、むくみの改善に効果的に作用してくれます。

3・肝機能とアルブミンが関係している

さらに足湯は、そのアルブミンの生成力を高める効果があります。

普段私たちの体は、体温を維持するために肝臓が働いてくれています。
ところが足湯によって体温が上がると、肝臓は働く必要がなくなるので、余力が生まれます。
つまり肝機能が向上するので、アルブミンが生成されやすくなるのです。

アルブミンは血管内の水分調整をする働きがあるので、しっかりと生成されることでむくみが改善されます。

寝るときマスク

ほかにもうれしい効果がたくさん!

毎日スキンケア

足湯によって副交感神経を活発にできるわけですが、それにともなってむくみ解消だけでなく、さまざまなうれしい効果が生まれます。

リラックス効果

副交感神経が活発になることで、リラックス効果が生まれます。

寝つきが悪くなっているとき、疲れが溜まっていると感じているときにも、足湯はとっても効果的です。

冷え性改善効果

足湯によって血流が良くなると、内臓部分の血流も促進されることになります。

内臓の血流が促進されることで、冷え性改善効果も期待できます。

免疫力アップ効果

ナチュラルキラー細胞の活性化によって、免疫力もアップされます。

ナチュラルキラー細胞の免疫力はガン細胞にまで影響力があるとされ、現在医療業界でも注目されています。

疲労回復効果

血液の循環が良くなることで、疲労も回復しやすくなります。

疲れた一日の終わりにも、足湯はとっても効果的。

洗面器

自宅で簡単!足湯スタート

毎日スキンケア

では、足湯をスタートしてみましょう。

用意するものは

・足湯の容器
・お湯

これだけです。

足のくるぶしより、指4本分くらい上に「三陰交」というツボがあります。
三陰交は、冷え性やむくみに効果的なツボ

だからこのツボが隠れるくらいまで、足をお湯に浸すのが大事なポイント
準備する容器は、三陰交に届くくらいの深さのものを用意してください。

1・容器にお湯を溜める

用意した容器に、39度~42度のお湯を溜めます。

お湯の温度はなるべく一定に保ちたいので、容器をタオルで巻くなどして冷めないように工夫してください。
熱めのお湯を用意して、冷めたら足し湯をするようにしましょう。

低めの温度がいい場合も

心臓病や高血圧の人は、温度を低くしておきましょう。

38度くらいから始めて、様子をみながら調節していってください。

2・20分くらい足を浸ける

基本的には20分くらいが目安ですが、汗が出そうになったら終了してください。

足湯が終わったら水分をよく拭き取って、足が一気に冷めないように温かい靴下を履いてください。

長時間はしない!

足湯はとっても楽チンなので、ついつい長時間になってしまうことも。

しかし長時間の足湯は、かえって疲れが溜まってしまいます。
タイマーなどをセットして、時間オーバーしないようにしましょう。

s-hart3

水分補給もしっかりと!

むくみだけでなく、健康効果もたっぷりの足湯。
好きな香りのアロマオイルをプラスしたり、工夫次第でリラックス効果も高まります。
足湯は発汗作用もあるので、水分補給も忘れずに。

足湯でポカポカ冷え性改善、むくみ知らずの冬を過ごしていきましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク