冬こそ美白に力を入れて、美しい肌を手に入れたい!

「色白の肌は七難隠す」という言葉がありますね。
色白の肌なら、多少の顔の難もフォローできるという意味です。

色白だと、目もパッチリに見えるし、ルージュも映える。
やっぱり女性の憧れは、白い肌!

だから紫外線の強い季節には、美白ケアに力が入るというもの。
でも、紫外線が弱い季節には美白ケアしなくていいの?

いいえ!紫外線が弱い冬こそ美白ケアに力を入れて、雪のようにきれいな肌を手に入れましょう!

冬にしておきたい美白ケアのポイント・4つ

毎日スキンケア

では、冬の美白ケアってどんなことをしていけばいいのでしょうか。
ポイントをおさえて、効率的に美白していきましょう。

1・徹底的に保湿

乾燥の季節には、保湿が命。
いわれなくても、保湿に力を入れている人がほとんどですね。

しかし乾燥だけでなく、美白にも保湿はとても大切なんです。

乾燥による肌ダメージは、ターンオーバーを乱してしまいます。
そしてターンオーバーが乱れてしまうと、紫外線によって生成されたメラニンの排出が、追い付かなくなってしまうんです。
つまり肌が美白から遠ざかってしまうということです。

だから、美白と保湿はセットと考えておきましょう。
乾燥による肌トラブルを防ぐこともできるので、一石二鳥です。
冬はしっかりと保湿に力を入れてくださいね!

2・冬だけど美白化粧品

アルブチンやビタミンC誘導体といった、美白化粧品。
夏だけ使用するという人も多いようですが、冬にもぜひとり入れてください!

しかし保湿にも力を入れなくてはいけないので、ライン全部を美白化粧品にするのは難しくなります。
そこで、美容液だけ美白化粧品にしたり、美白パックをとり入れたりと、保湿と併用できる範囲でうまく美白化粧品をとり入れていきます。

ビタミンC誘導体は、エラスチンやコラーゲン生成の促進効果もあります。
肌のハリを保つためにも大切な成分なので、冬でもどんどんとり入れていきましょう!

美白成分

3・紫外線対策も油断しない

夏にはしっかりと日焼け止めを塗っても、冬には塗らない人がけっこう多いようです。
日差しがゆるんでいるからといって、気持ちもゆるませてはいけません。
冬だって、紫外線は肌を攻撃していますよ

せっかく美白ケアに力を入れても、紫外線によってメラニンがどんどん生成されては元も子もありません。
SPF機能付きの下地クリームを使用するなど、しっかりと紫外線対策をしていきましょう。

ただし、SPFの強さは肌への負担の強さと比例しています。
強さにはこだわらず、冬場ならSPF10~20くらいを目安にしてください。

日焼け止めの選び方、間違えてない?正しい選び方をマスターして!

2016.05.14
もちろん、スキー場などの紫外線が強い場所に出かけるときは、夏用の日焼け止めを使ってくださいね。

4・インナーケアも頑張る

美白といえばビタミンCですね。
フルーツや野菜にはビタミンCがたっぷりなので、積極的にとり入れていきましょう。

しかし食生活の中ではとり入れにくい、といった場合は、ビタミンCサプリを活用してください。

ビタミンCはおすすめサプリNO.1!コスパも美肌効果も最高!

2016.07.04
さらに、寒い季節は代謝が落ちやすく、ターンオーバーも遅くなってしまいがち。
そこで温かい飲み物をとったり、軽い運動をとり入れたりと、体を冷やさない工夫をしていきましょう。
代謝を落とさないことが、美白ケアにつながっていきます

s-hart

冬に差が付く美白ケア

つい美白を忘れがちな季節ですが、そんなときにしっかりと美白ケアをしておくと、未来の肌に大きな差が付きます。
冬の美白ケアで、きれいな色白肌を手に入れてくださいね!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク