花粉症の季節到来!肌荒れ対策のポイントと注意点は?

花粉の飛び交う季節がやってきました!
花粉症の人は気が重いですよね。

この季節はくしゃみや鼻水だけでなく、肌荒れも目立つようになってしまいます。
肌のコンディションを悪くしないために、スキンケアにおいてのポイントや注意点をチェックしておきましょう。

花粉症はどうして起きるの?

まずは花粉症が起きるメカニズムを簡単に解説しておきましょう。

人間のもつ機能の中には免疫機能があります。
ご存知、「体を守ろうとする働き」のことです。

この機能によって、体内に異物が侵入してくるとそれを退治するための抗体が放出されます。
その抗体が粘膜下組織や結合組織の表面に結合するとヒスタミンが出るわけですが、このヒスタミンがアレルギー反応を引き起こしてしまいます。

つまり花粉症とは花粉を異物と認識して、過剰に免疫システムを作動してしまっている状態です。

花粉との接触を防ぐのがポイント

そこで花粉症の人は、マスクをしたりメガネをしたりと少しでも花粉をガードしますよね。
花粉との接触を減らせば、それだけアレルギー反応の症状も緩和できるからです。

これはスキンケアでも大切なことで、花粉がなるべく肌に接触しないような対策をしていく必要があります。

花粉のガードにファンデーション

まず花粉症の肌対策として、気をつけておきたいのはファンデーションです。

肌が荒れているからといって、ファンデーションを塗らないのは禁物。
肌がノーガードになり、肌に直接花粉が触れてしまいます。

ファンデーションをちゃんと塗っておくことで肌の上に膜が一枚張れていることになり、花粉の刺激を緩和することができます。
ただしファンデーションはリキッドではなく、パウダータイプを使用してください。
リキッドでは花粉が付着しやすくなってしまうので、サラッとしたパウダーを使用することで花粉の付着を防ぎます。

パウダーファンデーションを塗った後に、さらにフェイスパウダーで表面をサラサラに保つのがポイントです。

ミネラルファンデーションがおすすめ

肌が荒れているときにはミネラルファンデーションがおすすめです。
ミネラルのみでつくられたファンデーションなら、肌への負担を最小限にすることができます。

配合成分の中にマイカ亜鉛といったミネラルが含まれていると、抗炎症作用があるので荒れた肌には最適です。

ミネラルの名前に気をつけて!

ミネラルファンデーションを選ぶときに気をつけたいのは、ミネラルという名称に飛びつかないということです。
ミネラル100%ではなくても、ミネラルという名前をつかっている商品がたくさんあります。
なかには「これでミネラルって名乗るの!?」と言いたくなるくらい、添加物がたくさん配合されているものもあります。

100%ミネラルのファンデーションといえば、オンリーミネラル
5年連続で国内の売り上げNo1の人気です!
デビューセットなら、かなりお得に買えます。


UVカットがパワーアップしたオンリーミネラル⇒今だけお得!!

肌荒れをいたわりたいこの時期は、ちゃんと100%ミネラルでできたファンデーションがいいでしょう。

とにかく保湿で肌機能回復

花粉でアレルギー反応がでているときは、肌のバリア機能も崩れてしまいがちです。

肌のバリア機能は、肌の一番外側にある角質層によって保たれているわけですが、ここが乾燥してしまうと外部刺激がどんどん内部に侵入してしまいます。
だから肌をしっかりと保湿し、バリア機能の回復を図ってください。

ただし油分の多いクリームなどを使用するときには注意が必要です。
肌がベタ付いていると花粉が付着しやすくなってしまいます。
必ず上からパウダーをはたくなどして、肌はサラサラにしておくようにしてください。

セラミドがおすすめ

保湿成分にはいろいろありますが、角質層の水分を保つ成分はセラミドです。

だからバリア機能を回復させたいときには、セラミド成分で保湿するのがおすすめ。

敏感肌用スキンケアなら一石二鳥

敏感肌用のスキンケアシリーズは、このセラミドを配合しているものが多くあります。
さらに敏感肌用のスキンケア商品なら、低刺激に作られているので荒れた肌へも使用しやすくなっています。

敏感肌用で人気のスキンケアシリーズはつつむ
配合のセラミドはヒト型ナノセラミドなので、浸透力がバツグン!
トライアルでお得に花粉シーズンを乗り切って!


潤い敏感肌ケア<<つつむ>>2週間トライアルセット送料無料1,470円

バリア機能回復と低刺激ということで、花粉症の時期だけでも敏感肌用のスキンケアシリーズを使用してみましょう。

洗顔は大事だけど、洗い過ぎに注意

顔に付着してしまった花粉を落とすためにも、この時期の洗顔はとても大切です。
しかし花粉を落としたいからといって、ゴシゴシと洗うのは絶対にNGなので気を付けましょう。
肌の保湿成分までゴッソリと落としてしまうと、肌乾燥を進めてしまってバリア機能の回復どころではなくなってしまいます。

クレンジングもなるべく低刺激のものを使用し、やさしく丁寧に洗顔をします。

クレンジングの種類についてはこちらの記事を参考に

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18

また、スクラブピーリング入りといった肌に刺激を与える洗顔料の使用は控えておいたほうが無難です。

じょうずなケアで肌を守ろう!

目のかゆみや鼻水で辛いけど、せめて肌は守ってあげたいですよね。

花粉が通り過ぎるまでの間と思って、いつもよりも丁寧なスキンケアを心がけて肌コンディションを整えていきましょう!

スポンサーリンク