ホントにチョコでニキビができる!?ニキビに関する噂話いろいろ

チョコレートを食べるとニキビができる」とっても有名な話で、誰でも聞いたことがあるでしょう。
しかし本当にチョコレートを食べることでニキビができるのでしょうか。

今回はニキビとチョコレートの関係についてや、ニキビに関する噂話をみていきましょう。

脂質と糖質が問題

ニキビができる原因は、まず毛穴の詰まりです。
毛穴が詰まる発端として、皮脂の過剰分泌があります。

つまり皮脂分泌が過剰になり、毛穴が詰まってしまうとそこにニキビが発生してしまうわけです。

そこで脂質糖質が関係してきます。
脂質…つまり脂っぽい食べものは皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。

そして糖質にも皮脂分泌を過剰にする作用があります。
なぜなら糖質は、体内で脂質に変化するからです。
糖分が脂質に変わることで、皮脂腺が刺激されて皮脂分泌が過剰になるのです。

つまり脂質も糖質も、ニキビの要因となる皮脂の分泌を促進してしまうんですね。

チョコレートは脂質と糖質がたっぷり!

結論から述べてしまうと、じつはチョコレートとニキビに因果関係は(現在のところ)認められていません。

しかしチョコレートには、ニキビの発端となる脂質と糖質がたっぷりと含まれています

一般的なチョコレートの栄養成分表をみると、なんと約半分は脂質
(ナッツやクランチなどが含まれていない場合)

1枚65gの某メーカーのチョコレートで検証すると、チョコレート1枚(65g)で脂質を22.6g、糖質を33.7gも摂取してしまうことになります。

するともちろん皮脂分泌は過剰になり、ニキビの原因にだってなりかねません。
ニキビとチョコレートに因果関係はありませんが、こういった理由からニキビを増やすという噂はあながちウソではないわけです。

食べるなら糖質オフのチョコ

ニキビは気になるけど、チョコは食べたい!
そんなときは糖質オフのチョコレートを食べるようにしましょう。

たとえばロッテの「ZERO」など、いくつか糖質オフのチョコレートが販売されています。

成分表をみると、そこまで脂質と糖質が減らされているわけではないようですが、それでも通常のチョコレートよりは脂質と糖質がオフされています。

ニキビに関する噂話

「チョコレートでニキビができる」という噂話以外にも、へーと思うようなニキビにまつわる噂話があったりします。
ちょっと珍しい海外の噂話などもみてみましょう。

ニキビは日光にあたると治る!?

これは日光による殺菌効果を期待しての噂話なのかな?と思われます。

たしかに日光には殺菌効果がありますが、ニキビには効果がありません。
むしろニキビのアクネ菌は、日光によって増殖するという研究結果まであるほどです。

ニキビに紫外線は大敵なので、日光には極力あたらないようにしましょう。

紫外線でニキビも悪化する!ニキビ肌と日焼け止めの関係は?

2016.05.17

洗顔をたくさんするとニキビが治る!?

これは、けっこう信じて…というよりは、皮脂をさっぱりとさせたくて洗顔の回数を増やしている人も多そうですね。

ニキビができやすい人で、オイリー肌の人は皮脂をさっぱりさせたくなります。
たしかに過剰な皮脂はニキビの原因になるのですが、そこで洗顔の回数を増やし、皮脂を落とそうと考えるのは間違いです。

過剰な洗顔は肌の保湿成分を奪ってしまうます。
すると肌が乾燥するわけですが、肌は乾燥すると皮脂を過剰に分泌させてしまうメカニズムをもっています。
つまり洗顔を何回もしていると、かえって皮脂の分泌が多くなってしまうのです。

皮脂のコントロールは洗顔ではなく、スキンケアや生活習慣(食生活も含む)でおさえていく必要があります。

性交渉でニキビが増える!?

こちらはアメリカで盛んだった噂話のようです。
かなりウソっぽい噂話ですね。(現在ではあまり聞かない話かも)

もちろん性交渉とニキビに因果関係はありません。

おそらく大人たちが、若者を性交渉から遠ざけるために流したデマだったのではないかなと推測できます。

ニキビには噂話がいろいろあるけど…

こんなふうに、ニキビに関する噂話ってなぜかたくさんあるんですよね。
しかし噂話に惑わされずに、ニキビの原因や根拠をしっかりと把握しておいて、正しいケアをしましょう!

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

チョコレートでこんな美容法が!?じつは美容成分たっぷり!

2017.02.11

スポンサーリンク