乾燥小じわの対策に絶対やっておきたいケア・ポイントは3つ

乾燥によってできてしまう小じわ
「ちりめんジワ」とも呼ばれていて、とくに目元などの乾燥しやすい場所にできるシワです。

こうした乾燥による小じわは、ケアで治すこともできるし予防もできます。

シワの種類と、治すことができるシワ、治すことが難しいシワ

2017.01.28
目元のしわは目立ちやすいのでしっかりと対策しておきたいところ。
ではどんなケアを心がけるべきなのか、3つのポイントに分けてご紹介していきましょう。

1・保湿

まず第一に保湿です。
ちりめんジワは乾燥によってできるので、しっかりと保湿することで治せるし、予防もできます。

保湿は小じわだけでなく、肌老化や肌トラブルを防ぐためにも大切です。
スキンケアの中で、水分保持力を高くできる保湿成分を肌に補っていきましょう。

化粧水だけをいくら肌に塗っても「濡らしているだけ」で、いずれ肌内部の水分は蒸発してしまいます。
肌の保水力を高くすることが、正しい保湿です。

保湿成分の違いを知っておくべし!乾燥肌にも敏感肌にも有効活用

2016.02.08

紫外線対策も忘れずに

紫外線はシミをつくるだけでなく、肌の保湿成分を破壊してしまいます。
せっかく保湿成分で肌の保水力を上げても、紫外線で肌を乾燥させてしまっては台無しです。

保湿を心がけるなら、外出時の紫外線対策も忘れないようにしましょう!

目元にはアイクリーム

目元の皮膚は、ほかの部分の皮膚よりもとても薄くなっています。
そのために乾燥しやすいうえ、まばたきによる負担もかかるのでとくに小じわができやすい場所です。

そこで目元には、専用のアイクリームでのケアがおすすめ!
しっかりと目元を保湿できる商品を選びましょう。

2・加湿

肌を乾燥させないためには、65%~75%の湿度が必要といわれています。
湿度が60%以下になると肌乾燥に注意が必要です。

しかし冬場ともなると、湿度は地域にもよりますが40%台にまで下がってしまいます。
それでは肌も乾燥し、小じわができやすくなってしまいます。

部屋や職場には湿度計を置くようにして、つねに湿度をチェック!
60%を下回る日はしっかりと加湿するようにしてください。

加湿器なしでも加湿O.K!

加湿器をもっていない!という人だって、加湿はできます。

・部屋でお湯を沸かす

・塗れたタオルを干す(洗濯物を干す)

・カーテンに霧吹きをかける

・洗面器にお湯をはっておく

・フローリングなら水拭きする

などなど、工夫次第で湿度を上げることができます。

水槽で熱帯魚を飼育したり、葉っぱの大きな観葉植物を置くのも湿度アップにつながりますよ!

オフィスではかわいい卓上加湿器!

オフィスで加湿するなら、卓上加湿器がおすすめ。
電源がなくてもUSBで給電できる商品が勢ぞろいです。(逆に別売りのアダプタを購入すれば、コンセント式にもなります)

価格も1,000円前後からかわいい加湿器があるので、肌をうるおしながら気分も上々にしてくれそうです。

Yidarton ミニディフィーザー レモン型加湿器
Amazon価格・1099円(2017年5月現在)


Yidarton ミニディフューザー卓上加湿器・Amazonでチェック

自分の職場ではちょっと置けない…といった場合は、お湯の入ったコップを卓上に置くだけでも湿度アップに!

3・洗顔

肌を乾燥させないために、洗顔もとても大切です。
肌の汚れを落とそうとゴシゴシこすってはいけません。
肌に負担をかける洗顔は、一気に肌を乾燥させてしまいます。

しっかりとしたきめ細かい泡が汚れを吸着してくれます。
だから洗顔のときには泡立てがポイント!
まずは泡立てネットを使い、濃密な泡をつくってください。

手のひらを逆さにしても落ちないくらいの泡ができたら、泡を肌の上で転がすようにして汚れを落とします。

洗い流すときのお湯は熱くせず、32度~35度程度のぬるま湯をつかいましょう。
熱いお湯は肌の保湿成分も流してしまうので、肌を乾燥させてしまいます。

クレンジングも要注意!

洗顔だけでなくクレンジングもするときには、クレンジング剤に注意してください。
クレンジングには油分と水分を馴染ませるための界面活性剤が配合されているので、メイクを落とす代わりに肌負担をかけるものです。
スルスルとよくメイクが落ちるものほど、界面活性剤の配合率も多くて肌への負担も大きいと思ってください。

自分の使用しているメイクを落とせる中で、少しでも肌への負担が少ないクレンジング剤を選ぶようにしましょう。

クレンジング基礎知識/あなたに合ったクレンジング剤の種類は?

2016.03.18
肌の乾燥が気になるときは落としやすいメイク用品を選び、肌負担の少ないクレンジング剤を使用するのがおすすめです。

目元のクレンジングにも注意!

最近のアイメイク用品は「落ちにくい」がウリになっている商品が多く、きれいにキープできる反面、クレンジングでもなかなか落とせなくなっています。
しかし目元の乾燥しやすい場所をクレンジングでゴシゴシこすり続けるのは絶対にNG。
あっという間に目元を乾燥させてしまいます。

そこでアイメイクは、普通のクレンジングの前にポイントメイクリムーバーを使用して落としておきます。
ゴシゴシこすらずに、リムーバーをたっぷりと含ませたコットンで馴染ませるように落とすのがポイントです。
クレンジングによる目元への負担を、グッと減らすことができます。

乾燥小じわはケア次第!

乾燥による小じわは、とにかく肌を乾燥させないことで対策可能です。
普段から肌を乾燥させないようにして、小じわをつくらないようにしてくださいね!

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

スポンサーリンク