自宅(ホームケア)で歯を白くする方法・完全ガイド

歯が真っ白だと、笑ったときにドキッとするくらい魅力的。
でもなかなか芸能人のような白い歯をキープするのは難しい…。
歯というものはどうしても日常生活の中で着色していってしまうものだからです。

歯を白くするには、歯科医院などでおこなうホワイトニングが効果的ですがどうしても高額になってしまいます。
そこで自宅でできるホワイトニング方法ならどんなものがあるのか、詳しくみていきましょう。

歯の着色原因は3つ

まずホームケア方法をみていく前に、歯の着色原因について解説しておきましょう。
その原因によって、効果的なケアも違ってくるからです。

歯に色がついていく原因は大きく分けると3つあります。

1・食事、飲料、タバコの着色

まず若い年代なら、食事飲料タバコといったものによっての着色が歯を汚していると考えられます。

色の濃い食べもの、飲料、タバコのヤニが歯の表面を汚しているわけです。
原因3つの中でも一番落としやすいといえ、歯磨き粉などの物理的ケアでも効果が見込めます。
ただし蓄積させ続けているとステイン(着色汚れ)になってしまい、歯のエナメル質が黄色く変化してしまいます。

2・エナメル質内部の着色

さらに着色汚れが進むと、歯の表面だけでなく歯の内部まで色素が沈着していきます。
ここまでの状態になるとホームケアで歯を白く戻すのは難しくなり、歯の内部まで漂白できる成分を使用する必要が出てきます。

3・象牙質の色が見えている

加齢などによって歯のエナメル質が薄くなってしまうと、歯内部の象牙質が透けて見えてきます。
象牙質は黄ばんだ色をしているので、その色が見えてくると当然歯も黄色く見えます。

こういった症状には個人差もあり、もともとエナメル質が薄い人は黄色くなりやすいといえます。
ちなみにエナメル質の厚さは遺伝的要素が高いといわれているので、両親のどちらかの歯が早い段階で黄色くなっている人は要注意。

歯内部の象牙質が見えている場合は、残念ながらホームケアで白くすることはできません

自宅で歯を白くする方法

ではセルフケアで歯を白くするには、どんな方法があるのかご紹介していきましょう。

ホワイトニング歯磨き粉

一般的に歯磨き粉には、歯の着色汚れを落とすための研磨剤が配合されています。

さらにその汚れを落とす力を強化したものが、ホワイトニング歯磨き粉
研磨剤に工夫をこらし、歯の汚れを落としやすくしています。

ほかにも研磨剤ではなく、色素を分解して落とす成分配合で着色汚れを落とすといった製品もあります。

各社が独自のアプローチ方法で歯を白くする製品をつくっていますが、研磨性が強すぎるものには注意が必要です。
歯茎や歯自体を傷つけてしまう可能性もあります。

歯の消しゴム

歯磨き粉に含まれている研磨剤を利用した歯の消しゴムもあります。
消しゴムといっても文房具の消しゴムといった感じではなく、メラミンスポンジのようなイメージです。

歯の表面を消しゴムでこすった後に、うがいで汚れを流すだけの簡単ケア。
ただし研磨性が強いので、やはり歯茎や歯を傷つけてしまう可能性があります。
使用する場合は、1週間に1度くらいを目安にしておきましょう。

歯のパック

顔のパックのように、歯のパックもあります。
歯にシートを貼ると、そのシートが着色汚れを吸収させる仕組みになっています。

3~5分くらいで完了でき、普通の歯磨き粉では落ちない汚れも落とせるのでお手軽です。
また、研磨剤は使用していないので歯を傷つける心配もありません。

ティースホワイトパック

イオンクレンジング成分が高濃度で浸透吸着してくれます。
歯のキメに付着してしまった「蓄積くすみ」にも効果的。

スマイルコスメティック ティースホワイトパック・Amazonでチェック

ホワイトニングペン

ペンタイプで歯にそのまま薬剤を塗布するといった商品。
塗った後にブラッシングするだけなので簡単です。

ただし日本で販売されているホワイトニングペンは、歯内部を漂白される成分は配合されていません。
ホワイトニング後のメンテナンス用に使用するのがおすすめです。

歯のマニキュア

歯に白い塗料を直接塗り、歯を白く見せる歯のマニキュアもあります。
歯の内部まで着色していたり、象牙質が見えていても関係なく白くすることができます。

ただし市販されている製品で自然な仕上がりにするのはかなり難しく、じょうずにできても食事などで簡単に剥がれてしまいます。
あくまで緊急的措置として使用するのがおすすめです。

ハニックDC ルナ

いつでもどこでも手軽に歯を白く見せる歯のマニキュア。
爪のマニキュアとは違って、刺激臭などはありません。

ハニックDC ルナ 5.5ml・Amazonでチェック

これは強力!
歯の内部まで漂白する製品

歯の表面の汚れは落としやすいのですが、歯の内部まで着色しているとケアが難しくなります。

内部を漂白できる成分は、現在では過酸化水素(尿素)のみです。
ただし日本の法律上、歯磨き粉に配合することはできません。

そこでそういった漂白成分配合の製品を試したいときには、海外製の商品を手に入れることになります。
Amazonなどでも手軽に入手することが可能です。

ただしあくまで日本では販売不可の製品なので、十分に注意しながら使用してくださいね。

スーパースマイル

価格は高めですが、海外で人気No.1の米国製ホワイトニング歯磨き粉。

2種類のスーパースマイル歯磨きセット

スーパースマイル歯磨き粉のみは2,000円くらいで販売されていますが、漂白成分はアクセラレーターのほうに配合されています。
歯磨き粉本体だけでは漂白できませんので注意してください。

2種類のスーパースマイル歯磨きセット・Amazonでチェック

ホワイトテープ

同じく過酸化水素を染み込ませたテープ(ホワイトテープ)もあります。
歯のパックのように、歯に貼りつけて使用します。

28歯のホワイトニングストリップ

上の歯のための14、下の歯のための14で14日間治療。
効果が実感できると口コミの評価も高いホワイトテープです。

白い歯をキープするポイント

歯を白くさせたら、なるべく長持ちさせるケアも忘れずに。
こんなポイントをおさえておきましょう!

ホワイトニング歯磨きをを日常的に

歯が白くなっても、ホワイトニング歯磨き粉を日常的に使用するようにしましょう。
着色汚れを蓄積させず、その日の汚れはその日のうちに落としておくためです。

とくに色の濃い食べものや飲み物を口にしたときは、できるだけ早くホワイトニング歯磨き粉を使ってケアしてください。

ハイドロキシアパタイト入りがおすすめ!

ハイドロキシアパタイトという成分は、歯の表面を修復すると同時に、歯内部に色素沈着することを防ぐ効果があります。
白い歯をキープするには効果的なので、ハイドロキシアパタイト配合の商品はオススメです。

アパガードプレミオ

薬用ハイドロキシアパタイトを開発したサンギ社の製品。
アパガードといえば有名でいろいろな種類がありますが、プレミオはほかの種類より約1.4倍もハイドロキシアパタイトを配合している商品です。
@コスメのオーラルケア部門でも1位を獲得しています。

アパガード プレミオ【医薬部外品】100g・Amazonでチェック

ホワイトニングペンを有効活用

日本で販売されているホワイトニングペンでは、すでに着色してしまった歯にはあまり効果が期待できません。
しかしホワイトニング後に白さをキープするにはいいアイテムです。

ペンタイプなので持ち歩くことができ、着色が気になるときにちょちょいとすぐケアができます。
こまめにケアすることで白い歯がキープしやすくなります!

ボディマジック ホワイトニングペン

携帯できて、いつでもどこでも簡単にケア!

ボディマジック ホワイトニングペン・Amazonでチェック

歯のケアは健康にもつながる!

セルフケアで歯を白くするには、とにかく歯についた汚れを落としていくしかありません。
時間もかかるでしょうが、がんばっていきましょう!

また、正しい歯のケアは歯の健康にもつながります。
歯は生きていくうえでとても大切なパーツ。
見栄えだけでなく、歯と体の健康のためにもしっかりとケアしていってくださいね。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク