新しい美白成分ルミキシルの効果について、カン違いしちゃダメ!

新しい美白成分配合として注目されているルミキシル
美白を意識している女性にとっては、かなり気になる商品のはずですね。
たしかにLumixylペプチドは、美白成分としてとても有効な成分です。

ただし、その効果についてちょっとカン違いされやすいところがあります。
ルミキシルの効果について解説していきますので、使用する前に正しい知識をとり入れておきましょう!

ルミキシルとは

ルミキシルとは、スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分を配合した化粧品です。
Lumixyl(ルミキシル)ペプチドという成分が使用されています。

Lumixylペプチドとは天然のアミノ酸で構成されたタンパク質で、ハイドロキノンの約17倍ものメラニン抑制作用があるとされています。
天然成分ということで肌への刺激も少なく、ハイドロキノンでは肌荒れしてしまった人もルミキシルなら大丈夫だった!という場合も多くあります。

また、ハイドロキノンは肌の漂白作用が高いので長期の使用ができません。(3ヵ月以内が目安)
しかしルミキシルは長期の使用ができるという安心感もあります。

ハイドロキノンとは美白効果で有名な成分です。
メラニンの還元作用があり、できてしまったシミにも効果的に作用することができます。
ただし効果が高い反面、扱いが難しい成分でもあります。

シミにはハイドロキノン?上手な使い方で、強い味方に!

2016.04.04

効果が17倍ではない

ルミキシルは「ハイドロキノンの17倍ものメラニン抑制効果がある」とよくアピールされているので、ハイドロキノンの17倍も美白効果があるんだ!とカン違いされやすくなっています。

たしかにLumixylペプチドには、メラニンを生成するもとになっている酵素チロシナーゼを86%抑制できることが研究で明らかになっています。
その効果はハイドロキノンと比較すると、約17倍。

しかしそれはあくまで、抑制効果。
つまり「シミを予防する効果」ということです。

ハイドロキノンにはメラニンの還元作用があるので、すでにできてしまっているシミを薄くする効果が高い成分となっています。
もちろんルミキシルもすでにできてしまったシミやそばかすにも効果が期待できますが、その効果はハイドロキノンには敵わないと思ったほうがいいのです。

まずはルミキシルを正しく使用する

現在では、皮膚科でシミを消そうとなるとトレチノイン+ハイドロキノンを使用する療法が多くなっています。
トレチノインハイドロキノン療法なら、ネットで個人的に入手することもできるので、検討している人も少なくないでしょう。

しかしトレチノインもハイドロキノンも、効果が高いだけにリスクも高くなっています。
まずは3ヵ月を1クールとするのですが、治療の初期症状で肌が赤くなったり、乾燥状態でボロボロになったりする場合が多くあります。
仕事の内容次第では、メイクができないので困ったことになる可能性も。

また、炎症性色素沈着を引き起こしてしまう可能性もあります。
もちろん肌の弱い人、敏感肌の人などはトレチノインハイドロキノン療法は難しいと考えてください。

そこでトレチノインハイドロキノン療法を考えている人は、まずルミキシルを試してみるという選択肢もあります。
自分は肌が強いから大丈夫!と思っていても、トラブルを起こす可能性が否定できないのがトレチノインハイドロキノン療法です。
まずは肌に負担をかけないルミキシルを試して、効果がなかったときにトレチノインハイドロキノン療法にチャレンジするという選択肢のほうがおすすめできるといえます。

ルミキシルの正しい使い方

ではルミキシルの正しい使い方や、注意点をみておきましょう。

ルミキシルは素の肌に

ルミキシルブライトニングクリームを使用する前に、必ずメイクを落とし、洗顔をして肌を素の状態にします。

そして洗顔後の乾いた肌に、1番目に使用するのがポイント。
シミや肝斑など、気になる部分には重ね塗りをしてください。

その後に化粧水などいつものスキンケアをするのですが、すぐには浸透しない状態になっています。
ルミキシルブライトニングクリームを塗ってから、10分ほど経過してからいつものスキンケアをするようにしましょう。

◆ピーリングをプラスする

ルミキシルの有効成分をより浸透させるために、ピーリングをプラスするのもおすすめです。
ただしピーリングもリスクがあるので、正しい使い方や選び方をしてください。

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016.08.01

紫外線対策は絶対!

美白ケアについて、間違った考え方をしている人もいます。
美白ケアをしていると「紫外線に強くなっている」わけではありません。
いつもより「紫外線に弱くなっている」状態になります。

せっかくルミキシルで美白ケアをしていても、紫外線対策をしていなければシミがさらに濃くなってしまうなんてことも…。
ルミキシルを使用している間は、紫外線対策をしっかりと強化してください!

日焼け止めパウダーが便利過ぎる!その使い方とおすすめ商品は?

2016.07.25

保湿も忘れずに

紫外線対策も必須なのですが、美白成分は肌を乾燥させるので保湿もしっかりとする必要があります。

肌が乾燥するとターンオーバーが乱れて、肌の生まれ変わりがうまくできなくなってしまいます。
肌を早く白く戻すためにも、保湿はしっかりとしていってください。

保湿成分を性質別に仕分けしてみた!スキンケア選びの参考に!

2016.12.17

ルミキシルの購入方法

ルミキシルは、ドラッグストアなどでは手に入りません。

ルミキシルを取り扱っている美容皮膚科や、クリニックなどで入手することになります。

《リニューアル!》《楽天ランキング・第1位獲得》【日本正規代理店・エンブレム付き正規品】ルミキシル クリーム30ml

価格:8,637円
(2017/7/26 11:05時点)
感想(79件)

また、クリニックは敷居が高いと感じているなら、ネットで比較的簡単に入手することも可能です。
ただし正規品かどうか、しっかりと見極める必要があります。

ルミキシルは試してみる価値アリ!

気になっているシミや肝斑があるとき、効果の高い美白ケアをしたいときに、ルミキシルは試してみる価値があるといえます。
すべての化粧品にいえることですが、もちろん万人にマッチするわけではありません。

うまくシミが消えたらラッキー!ぐらいの気持ちでチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク