ソルトウォーターバッシングに注意!その危険性を探ってみよう

ソルトウォーターバッシングが効果的だと、少し前から話題になっています。
コストもかからず手軽にできるので、チャレンジしようと思っている人もいるはず。

しかし本当にお手軽な美容法といえるのでしょうか。
今回はソルトウォーターバッシングの注意点や危険性について詳しくみていきましょう。

ソルトウォーターバッシングとは

ソルトウォーターバッシングとは、「大量の塩水を一気に飲んで腸内洗浄をする」というもので塩水洗浄とも呼ばれているダイエット方法です。

海外セレブがこのダイエット方法で痩せた!という情報からはじまり、ネットで話題になってきました。

ソルトウォーターバッシングの方法

ソルトウォーターバッシングの方法は、とってもお手軽です。

まず1リットルの生理食塩水をつくります。(水と天然塩10gで簡単につくれます)

そして朝起きてすぐ、20分以内に1リットルの生理食塩水を飲み干します。

ソルトウォーターバッシングの効果

するとまるで腸内洗浄をしたように、宿便がどんどん出てくる!

宿便が排出されることでダイエット効果が生まれ、腸内がきれいになることで肌状態も良くなると、うれしい効果が盛りだくさん。

すごく簡単にダイエット効果美肌効果を得られるということになりますが、本当にそうなのでしょうか。

ソルトウォーターバッシングの危険性

ソルトウォーターバッシングの方法に関する記事を読むと、「宿便を出し切るために毎日連続しておこなう」や「20分以内に飲みきる」「前日の夜は食べない(もしくは少量にする)」といった注意点が載っています。

「きちんと守らないと効果は得られません」なんて書いてあると、頑張ってしまいますよね。
しかし塩分を含んだ大量の水を短時間で摂取、しかも連日なんて本当に大丈夫なのでしょうか。

効果を冷静に分析

そもそも大量の水を一気に飲めば、一時的に便秘が解消する可能性はあります。
前日の夜は食べない(もしくは少量にしておく)となれば、体重も減るでしょう。

もちろんそれだけの水分を摂取していれば、朝も食事はとれないでしょうから連日でどんどん痩せるでしょうね。

しかしこれは大量の塩水を飲んでデトックス効果があったから…とはいえません。

危険性を分析

たしかに痩せるには痩せるかもしれません。

でもまず考えてみてください。
ソルトウォーターバッシングの作り方で10gの塩を使用します。
しかし成人女性の1日の塩分摂取量の推奨(厚生労働省)は7g程度。
高血圧学会では6g未満としています。(WHOの基準はなんと5g未満!厳しい!)

すでにオーバーしていますね。
もちろん普通の食事にも塩分は含まれているので、人によってはかなりの塩分過多に。
体にマイナスになってしまうことは間違いありません。

大量の水分摂取は危険

ソルトウォーターバッシングについて、筑波大学の教授も警鐘を鳴らしています。

大量の塩水を短時間に摂取することで胃や腸が急激に膨れ、その刺激は身体に相当な負担になると。
場合によっては粘膜が切れてしまう可能性もあり、そうなれば大量の出血、ショック状態に陥ることにもなりかねないのです。

腎臓、肝臓の機能が低下している人がこういったダイエット方法を続けてしまうと、腎不全や呼吸不全、全身のむくみなどといった副作用も指摘されています。

腸内環境も悪化

さらにこのダイエット方法を続けていくと、健康な体の人でもかえって不健康になる可能性もあります。
なぜなら腸内の必要な菌まで排出されてしまうからです。

腸内にある菌は悪い菌だけでなく、身体にとって必要な菌も存在していて、そのバランスが大事なんです。

ところが善玉菌も悪玉菌も日和見菌も無差別に排出されてしまうと、腸内細菌のバランスはボロボロになってしまいます。

腸内環境は肌への影響もダイレクトに出るので、美肌効果どころか肌状態が悪くなってしまうことが予想されます。

危険なダイエットには注意!

冷静に分析すると、ソルトウォーターバッシング(塩水洗浄)はダイエット効果や美肌効果はないといえるし、とても危険性が高いダイエット方法です。

さまざまなダイエット方法が飛び交うなか、ときどき「こればマズいでしょ」と思う方法も出てきます。
しかし昨今ではネットによってあっという間に情報が拡散されていきます。
そして「流行っている」「話題にっている」となると、どんな方法でも不思議と安心感をもってしまうものです。

だけど情報に流されるのは危険。
とくにダイエットは体への影響も大きいので、危険性もしっかりと見極めてから行うようにしましょう!

スポンサーリンク