首のしわで老けないために、やっておきたい対策4つ

首は人目に触れやすく、しわができると一気に老けた印象に!
ところが首って、とってもしわができやすい場所なんです。
だから早めにケアをしていって、しわを作らないようにしていくことが大切。

しわができてしまう原因をとり除きながら、しっかり対策もしていきましょう。

首のしわで損したくないなら、まずは原因をチェックして!

2017.08.12
では首のために必ずやっておきたい対策を4つ、厳選していきますね!

1・顔と同じく保湿

首も顔と同じように、保湿成分の減少でシワができていきます。
できてしまったシワは改善するのが難しく、予防のほうがずっと楽です。

シワができないように、顔のスキンケア時にデコルテまでしっかりと保湿してください。

デコルテはオマケで化粧水だけつけておこう…なんて油断は大敵です!
首は汗をかきやすいパーツなので、乾燥もしやすい場所。
化粧水、美容液、クリームと、顔と同じようにケアをしていきましょう。

首パックもプラス!

しわができやすいデコルテには、首パックをプラスするのもおすすめです。

1・保湿力の高いクリームや美容液をデコルテにぬる

2・デコルテに温めたタオルをあて、10~15分ほど蒸らす

3・仕上げにもしっかりと保湿クリームをぬる

ビタミンC誘導体がおすすめ

真皮の層で肌の弾力を支えているコラーゲンが減少するとしわができてしまいます。
そこでコラーゲンの増量をしたいところなのですが、コラーゲンは分子が大きくて真皮の層まで届けるのが難しい成分です。

だからコラーゲン自体よりも「コラーゲンを生成する成分」をとり入れたほうが効率的。
コラーゲンを生成する成分といえばビタミンCです。
化粧水はビタミンC誘導体配合の商品をつかうのがオススメです。

2・マッサージで血行促進

首にはマッサージもとり入れて、血流を良くしておきましょう。
リンパの流れが改善できるので老廃物が排出され、肌にハリが生まれます。

1・指のすべりが良くなるようにクリームやオイルをデコルテにぬる

2・耳の下(耳下腺)を中指で押して刺激する

3・耳の下からリンパに沿って老廃物を流すイメージで、鎖骨に向かってマッサージ

4・鎖骨のくぼみから肩に向かってマッサージ

5・鎖骨から脇の下のリンパ節に向かって老廃物を押し出す

ストレッチも効果的!

アゴの筋肉が衰えてしまうとシワができやすくなってしまいます。
マッサージのついでに、アゴのストレッチもプラス!

1・下あごを突き出して、「イー」と発音しながら首に力を入れる

2・首の筋肉に力が入っていると感じたら、そのまま10秒キープ

3・これを3セット繰り返す

簡単なので、テレビを観ながらでもやっておきましょう。

3・枕の高さを調節

寝ている間に首にしわが寄っていると、しわが定着してしまいます。
だから枕は、しわが寄らない高さに調節しましょう。

一般的に高いほうがしわが寄りやすく、低いほうが寄りにくいとされていますがベストの高さは人それぞれです。
正しい姿勢で眠れる枕を選んでください。

姿勢も注意

枕の高さを調節しておいても、普段の姿勢が悪くて首にしわが寄っては台無しです。

スマホをみるときはうつむかない、パソコンをみるときに前かがみにならないなど、首にしわが寄らないように気をつけましょう。

4・紫外線対策

紫外線はシミをつくるだけでなく、肌の保湿成分を破壊してしまいます。
スキンケアでの保湿がムダにならないように、首への紫外線対策もバッチリにしてください。

肌の老化を進めるUV-Aは一年中降り注いでいるので、冬場も油断しないで!
夏場はとくに日焼け止めクリーム+ストールなどで強化していきましょう。

首のしわ対策は早いほどいい

首のしわ対策は、普段のケアにプラスしていけばいいものばかりです。
難しいケアではないので、しわができないように早く対策をとっていってくださいね。

スポンサーリンク