プチプラなのに大活躍!ベビーパウダーの大人活用法にスポット!

ベビーパウダーといえば赤ちゃんに使うもの。
でも大人にだって大活躍できてしまうんです!

ベビーパウダーは低価格なので誰でも買いやすい。
それなのにあれこれ利用できてしまうからコスパ最高!

今回はそんなベビーパウダーの活用法をみていきましょう。

ベビーパウダーは肌にやさしい

べビパウダーはもともと赤ちゃんの肌に使うものとして作られているので、肌にとってもやさしいのです。

どうしてやさしいのかというと、その秘密は主成分にあります。

ベビーパウダーの主成分はコーンスターチ滑石(かっせき)。
メーカーによっての違いもありますが、ほとんどがこの2種類を主成分として配合されています。

コーンスターチ

コーンスターチとは、トウモロコシから採取できる植物デンプンです。
食用として聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
食用にもなるくらいだから、もちろん肌にもやさしい成分なんです。

コーンスターチは粒子が微細で、高い吸収性をもっています。
そして毛細管現象という作用を起こしてくれるんです。

毛細管現象によって余分な水分は吸着し、水分が少なくなったら放出するという働きが生まれます。
つまり水分コントロールができるということですね。

粒子がとても細かいので、肌へのあたりもやわらかです。

滑石(かっせき)

滑石とは、タルク(水酸化マグネシウムなどを含む鉱石)を細かく粉砕したものです。
つまりミネラルの一種なので、とても肌にやさしい成分です。

滑石には肌をサラサラに保つ働きがあります。
それは粒子の間にすき間をつくり、水分コントロールができるから。
コーンスターチと一緒に、水分バランスをとってくれるわけですね。

さらに滑石には消炎作用もあり、皮膚の摩擦を少なくしながら肌荒れも防いでくれます。

しかし成分表に「タルク」と記載されていると、嫌なイメージをもつ人もいるかもしれませんね。
それは一昔前に、タルクの中にアスベスト(発がん性物質)が混入するという事件があったからでしょう。
しかし現在では精製技術が発達したおかげで安全なタルクが使用されているし、精査も厳しくなっています。
安心して使用してください。

ベビーパウダーの活用法

さて、そんな肌にやさしく安価なベビーパウダー。
大人が利用すると、こんなにたくさんの活用法があります。

メイクスキンケアとに分けてみていきましょう!

メイクで活用!ベビーパウダー

フェイスパウダーに

前述したように、ベビーパウダーには水分や皮脂をコントロールする働きがあります。
だからフェイスパウダーとして、メイクの仕上げにササッ!
メイクのもちが良くなってくれます。

肌が弱くてメイク用品選びがむずかしい人も、ベビーパウダーなら安心して使用できる人がほとんどです。

■大きなブラシがおすすめ!

メイクの仕上げに使うときは、大きめのブラシを使用するのがおすすめです。

しっかりとブラシにパウダーをふくませて、ティッシュの上で余分な粉を落としてから顔に乗せるときれいな仕上がりに。

小さいブラシで何度もつけていくと白塗りになってしまうので、注意してくださいね。

アイメイクの仕上げに

マスカラやアイライナーはどうしても落ちやすいもの。
落ちてしまうとパンダ目になってしまうので、困ってしまいますよね。

そこでマスカラやアイライナーの仕上げに、綿棒でベビーパウダーをササッ!
もちが良くなってパンダ目予防になります。

パウダーを乗せることで白くなってしまうときは、その上からもう一度マスカラやアイライナーを重ねればO.Kです。
まつ毛のボリュームアップにもなります。

ルージュの仕上げに

ベビーパウダーを使えば、ルージュのもちも良くなってくれます。

ルージュを塗ったら、その上からベビーパウダーをササッ!
そしてグロスを重ねれば、落ちにくいリップメイクが完成です。

スキンケアで活用!ベビーパウダー

洗顔料でニキビ予防

いつもの洗顔料に、ティースプーン1杯ほどのベビーパウダーを混ぜて洗顔してみましょう。
ベビーパウダーがスクラブの働きをして、毛穴の奥までスッキリ!
ベビーパウダーの作用もプラスされて、ニキビ予防にもなります。

ただし普段よりも泡立ちが減ってしまいます。
そんなときは泡立てネットを使用して泡を立ててください。
粉が飛びちらないように、水で練りながら混ぜるのがポイントです。

■ボディソープにも

洗顔料と同じように、ボディソープにもベビーパウダーを混ぜてみてください。
クルクルと円を描くようにやさしく洗えば、きめ細かい肌に近づいていきます。

日焼け止めの仕上げに

日焼け止めを塗ったあとは、どうしても肌がベタついてしまいますよね。
だったら日焼け止めの仕上げにベビーパウダー!

肌がサラサラになって、快適に過ごすことができます。

■海でもベビーパウダー

海では肌がベタついて、肌が砂まみれに。
しかし水着を着る前にベビーパウダーを体に塗っておけば、ベタつき予防になって砂が落としやすくなります。

水着による肌への摩擦も軽減できます。

シャンプーの代わりに

なにかしらの事情で水が使えないとき、ドライシャンプーとしてシャンプーの代わりに使用することもできます。

ティースプーン1杯くらいを頭皮にもみ込みながら、髪の毛全体にいきわたらせます。
最後にブラシでパウダーが見えなくなるくらいにとかせばO.Kです。

災害用の防災グッズの中に1つ入れておくのもいいですね。

これは意外!ベビーパウダーの活用術

せっかくなので、メイクやスキンケア以外での活用法もみてみましょう。
意外な活用術がたくさんあります。

布製品の汚れ落とし

うっかりシミがついてしまった洋服。
そんなときはベビーパウダーを思い切り振りかけて、15分~20分放置。
それからパウダーを拭きとって、洗ってみてください。
汚れが落ちやすくなっています。

シャツやブラウスの袖口や襟にベビーパウダーをポンポンはたいておくのもおすすめです。
黄ばみ黒ずみ予防になるのでお洗濯も楽に!

バッグの汚れ防止

洋服の袖口や襟と同じように、バッグの持ち手も汚れやすいものです。
そこでベビーパウダーを薄くつけておきましょう。

持ち手の黒ずみが予防されて、お気に入りのバッグが長く使えますよ!

靴擦れ予防

新しい靴は擦れやすいもの。
新しくなくても、雨などの湿気が多い日には靴擦れしやすくなります。

そんなときは足にベビーパウダーを塗っておいてください。
摩擦が軽減されるので、靴擦れの確率をグッと減らせます。

アクセサリーのからまり解消

使おうとしているネックレスが絡まってる!なかなかほどけなくてイライラ…。
だったらパウダーを振りかけてから、揺らすように結び目をゆるめていってください。
すると不思議!結び目がゆるんでいきます。

あとは指で丁寧にほどいていけば解消です。
パウダーがしっかりとチェーンについた状態にするのがポイントです。

ベビーパウダーの注意点

ベビーパウダーを使ううえで、注意しておきたいのはそのです。

ベビーパウダーの粒子はとても細かいので、大量につけすぎると毛穴に詰まってしまいます。
だから少量を薄くのばして使用しましょう。
適量が大切です。

もちろん、初めて使用するときにはパッチテストもしてください。
肌にやさしいベビーパウダーですが、どんなスキンケア用品でもパッチテストは基本です!

beby(資生堂)

大手メーカーの資生堂から販売されているベビーパウダー。
Amazonでもベストセラーになっている人気商品です。

プレストタイプなので、化粧直し用にも持ち歩きやすいですね。
甘い香りが女子の心をくすぐってくれます。

ベビー 資生堂50g 【医薬部外品】・Amazonでチェック

一家に一つのベビーパウダー

数百円のプチプラ、ベビーパウダーにはこんなにたくさんの活用法があるんですね。
まさに一家に一つ。
赤ちゃんがいなくても、常備しておけば大活躍してくれること間違いなしです!

シッカロールナチュラル(和光堂)

大容量でたっぷり使えるベビーパウダー。
植物生まれ、国内産なので肌の弱い人にもおすすめの商品です。
なんとパフまで天然コットンパフ!

紅茶の香りで癒されます。

シッカロールナチュラル 120g・Amazonでチェック

スポンサーリンク