忙しい人は必見!おすすめのスキンケア時短術・4つ

朝は少しでも寝ていたい。
子育て中でスキンケアの時間があまりとれない。
忙しい理由はそれぞれですが、それでも肌にスキンケアが必要なのは共通です。

肌をほったらかしにしていては、しわやシミをつくってしまうことになるかもしれません。

ではスキンケアの中で、時間をどこまで節約できるでしょうか。
おすすめの時短術と注意点をご紹介していきます!

1・朝はぬるま湯洗顔

朝の洗顔で洗顔料をつかっている人も多いと思います。
しかし肌質にもよりますが、朝の洗顔は洗顔料を使わなくてもO.Kなところ。
むしろ皮脂が少なめな人にはおすすめしたい方法です。

必要か不必要かはこちらの記事を参考にしてください

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016.03.17

洗顔料をなしにできれば、泡を立てる手間がカットできますね。

ただし夜はちゃんと洗顔料をつかって洗顔しましょう。

冷たい水はダメ!

ここで注意しておきたいのは、「だったら水で洗顔してしまおう」と思ってしまうことです。

肌にとって「」と「ぬるま湯」は同じではありません。

水での洗顔は皮脂が固まってしまい、そこに含まれている汚れが落とせなくなってしまいます。

皮脂が溶けだすのはだいたい30度くらい。
しかし温度が高すぎると保湿成分まで溶けだしてしまいます。
だから顔を洗うときは30度~35度のぬるま湯がいいのです。

2・シートマスク

普通なら洗顔の後に化粧水、乳液、クリームと進んでいくところです。
そこでその時間を短縮するために使えるのが、シートマスク

最近ではさまざまなシートタイプのマスクが並んでいます。
価格もリーズナブルなものがたくさんありますね。


管理人が愛用しているシートマスク。
使いやすくてコスパもいい!

フェイスマスク ルルルン・Amazon販売ページ

シートマスクには保湿や美白など目的別に美容成分が配合されています。

化粧水、美容液、乳液の役割が備わっているオールインワンのシートマスクなら、貼りつけておくだけでスキンケア終了です。

しかもシートマスクのいいところは、何かをしながらでもスキンケアを進められるところ。
顔にペタッと貼りつけたら、その間にほかの用事をすませてしまいましょう。

おすすめはドライヤーをしながらのシートマスクです。
ドライヤーの熱から肌が守られるので、一石二鳥。

乾き過ぎにご用心!

ここで注意しておきたいのは、シートマスクを放置し過ぎることです。

シートマスクは吸水性のある素材を使用しているため、乾ききってしまうと今度は肌の水分を奪いはじめてしまいます。

必ずシートマスクが乾いてしまう前に顔から剥がしてくださいね。

3・オールインワンゲル

シートマスクは使い慣れていないから、なんだかやりにくい…というならオールインワンゲル

オールインワンゲルはご存知、多機能なスキンケア商品です。

化粧水、乳液、美容液、クリームといった機能が集約されているので、それ一つでスキンケアを終了できます。

どうして多機能になっているか不思議に思う人はこちらの記事を参考にしてください

オールインワンゲルの選び方は難しい!?上手に選ぶポイントは?

2016.09.17
スキンケア用品をラインで揃える必要がないので、お金の節約にもなります。

下地機能付きは朝だけ!

オールインワンゲルの注意点は「下地」の機能もついたものです。

下地はメイクの一部と考えるべきなので、肌に負担をかける成分が配合されているかもしれません。

朝に使用するのはいいのですが、夜のスキンケアでは避けておいたほうが無難です。
夜にオールインワンゲルをつかうときには、下地機能がないものにしておきましょう。

4・日焼け止め乳液(UV乳液)

外出するなら紫外線対策は必須です。
紫外線はシミをつくるだけでなく、保湿成分を破壊して肌老化を加速させてしまうものだからです。

そこで忙しいときに利用したいのが日焼け止め乳液
乳液とUV機能が合体しているものです。

保湿と紫外線対策が一緒にできれば、忙しくて保湿がおろそかになりがちな人にとってはありがたいアイテムといえます。

時短しても肌イキイキ!

最近では便利なスキンケアアイテムがたくさん出ています。
丁寧なスキンケアが理想ですが、忙しいときには時短スキンケアで乗り切りましょう!

肌の元気がなくならないように、工夫してくださいね。

スポンサーリンク