女性も薄毛の悩みに注意!対策や治療法は?

髪の毛が薄くなるのって男性だから他人事…なんて思っていたら、大変!
男性だけじゃなく、女性だって薄毛になるんですよ。

とくに最近ではますます薄毛に悩む女性が増えてきました。
それというのも、薄毛の原因は加齢だけじゃないからです。

髪にボリュームがなくなるのは深刻な問題。
そこで薄毛対策や治療法について、しっかりとチェックしておきましょう!

女性も男性型脱毛症になる

世の男性が薄毛になる原因のほとんどは「男性型脱毛症(AGA)」です。

しかし「男性型」といっても女性も油断大敵なんです。
男性型脱毛症の女性版が「女性男性型脱毛症(FAGA)」。
なにそれ?といいたくなるような名称ですが、女性ホルモンの減少にともなって男性ホルモンが優位になると発症しやすくなる症状です。

女性ホルモンの減少が原因なので、更年期を境に発症する人も多く、薄毛に悩む女性の半数はFAGAだといわれています。

そのほかの薄毛

女性の薄毛は、FAGAのような加齢によるものだけじゃありません!

分娩後脱毛症

分娩後脱毛症とは、出産後に抜け毛が増える症状のことです。

妊娠中は女性ホルモンが活発になっているのに対して、出産後には女性ホルモンが一気に減少することになります。
こうしてホルモンバランスが崩れることによって発症する薄毛。

ほとんどの人は時間経過とともに症状が治まっていきます。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは、髪の毛が全体的に薄くなる症状です。
髪全体のボリュームがなくなったと感じたら、びまん性かも。

加齢やストレス、間違ったヘアケアが原因になることもあります。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって起きる症状です。

皮脂分泌が過剰になる原因としては、シャンプーの仕方が間違っていたり、シャンプーそのものが悪かったり…。
悪化すると皮膚炎にもなりかねないので、ヘアケアの見直しが必要です。

牽引性脱毛症

分け目の毛が薄くなってきたら、この牽引性脱毛症かもしれません。

ヘアアレンジなどで地肌が強く引っ張られることが原因の症状なので、女性にはけっこう多い脱毛症。
アレンジの見直しをしてみましょう。

円形脱毛症

円形脱毛症は有名ですね。

ストレスによって自律神経が誤作動を起こすと、身体にとって必要な組織を攻撃してしまいます。
すると自己免疫性疾患になってしまうわけですが、円形脱毛症はその症状の一つです。

薄毛対策・ホームケア

薄毛の原因は女性にもたくさんあり、油断大敵だということがわかってきましたね。

では薄毛にならないために、どういった対策をとっていけばいいのでしょうか。
まずは簡単なホームケアの対策方法からです。

女性ホルモンを増やす

FAGAといった女性ホルモンの減少からくる薄毛には、ホルモンを減らさない対策が有効です。

加齢とともにどうしても女性ホルモンは減ってしまうわけですが、増やす努力もできます。

有名な栄養素がイソフラボン
大豆食品に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをすることがわかっています。
食生活の中で大豆食品を積極的にとり入れていきましょう!

最近ではエクオールにも注目が集まっています。

エクオールには若返り効果が!?アンチエイジングに朗報!

2016.01.25

シャンプー、ヘアケア用品の見直し

シャンプーやヘアケア用品が肌に合っていない可能性もあります。
地肌が荒れていると感じたら、ヘアケア用品の見直しをしてみましょう。

また、パーマやヘアカラーによってダメージを受けている可能性もあります。
回数を減らすなどの対応をして、地肌の健康をキープできるようにしてください。

頭皮のマッサージ

頭皮のマッサージをすることで血行が良くなり、薄毛の改善が期待できます。
指の腹を使って、頭皮をやさしくマッサージしていきましょう。

とくに喫煙をしている人は血流が悪くなりがちです。
マッサージと並行して、喫煙の本数もなるべく減らしていってください。

マッサージだけでなく、お風呂にゆっくり浸かるなど「体全体(内臓も)を温める」ことも有効です。
体が温まるとエストロゲン(女性ホルモン)の分泌が促進されます。

良質な睡眠をとる

睡眠時に分泌される成長ホルモンによって、髪も健やかに育ちます。

成長ホルモンをしっかりと分泌させるには、良質な睡眠をとることです。
睡眠導入の3時間前からは食事をとらない(糖質をとらない)、1時間前からはリラックスしながらストレッチなど、熟睡できる準備をしましょう。

就寝前にスマホやPCといったブルーライトをみていると、脳に刺激が残って熟睡できなくなるので注意してください。

ドライヤーで乾かす

シャンプーの後は必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

髪は自然乾燥させたほうがいいと思ったら大間違いです!
髪を濡れたままにしておくと雑菌の増殖を招いたり、頭皮を乾燥させたりと肌トラブルの原因になりかねません。

ドライヤーは髪から15~20センチほど離し、髪の根元から乾かすのがポイントです。
髪の先から乾かすとオーバードライといって、髪がパサつくもとになります。

育毛剤や育毛シャンプーを使う

女性用の育毛剤や育毛シャンプーも販売されています。

女性のための無添加育毛剤、マイナチュレ。
リピート率90%以上の実力派育毛剤です。

無添加育毛剤マイナチュレ・公式ページ

すでに薄毛が気になっている人や、早く改善したい人はこういった商品を利用するといいでしょう。

薄毛対策・治療方法

薄毛の悩みが深刻な人は、ホームケアだけでなく治療も視野に入れる必要があります。
ではどんな治療方法があるのかみていきましょう。

美容クリニック

女性の脱毛症が相談できるクリニックがあります。

専門に薄毛を取り扱っているクリニックなら、症状の改善に向けての対策も長けています。

東京ビューティークリニックは女性の髪専門のクリニック。
通いやすい雰囲気の中で、さまざまな髪の悩みに答えてくれます。

東京ビューティークリニック・公式ページ

皮膚科

医療機関を受診したいときには皮膚科になります。

皮膚科の先生に相談し、適切な治療を進めていきましょう。

発毛剤

発毛剤と育毛剤は同じようで別物です。

発毛剤は髪を生やす効果が認められている製品。
そのかわり副作用の可能性もあるため、薬剤師の処方が必要になります。

女性用の発毛剤といえばリアップリジェンヌ。
有効成分ミノキシジルが発毛を促してくれます。

効果が強い反面、リスクもそれなりにあると考えなければいけません。
育毛剤にするか発毛剤にするかは、しっかりと検討しましょう。

髪は女の命!

髪は女性をきれいにみせてくれる大切なパーツ。
いつまでもボリュームのある髪を維持して、ヘアスタイルを楽しみたいですね!

ベルタ育毛剤は、女性のために開発された女性のための育毛剤。
「ナノ浸透」によって頭皮の奥までアプローチしてくれる!

女性用育毛剤【ベルタ育毛剤】・公式ページ

スポンサーリンク