ノンケミカルって言葉に騙されてない?ノンケミカルの意味とは

化粧品でよく目にするノンケミカルという単語。
このノンケミカルというワードは、ちょっと誤解している人も多いようです。

間違った知識で化粧品を選ばないように、今回はノンケミカルの意味を解説しておきます。

ノンケミカルは自然派ではない

最近では「自然派」「無添加」「天然由来」といった、「肌にやさしそう」な化粧品が人気です。
もちろん肌にやさしいほうが美肌を保ちやすいですからね。

そんな中で「ノンケミカル」というワードは、そういった自然派化粧品の仲間と誤解されがちです。
パッケージに「ノンケミカル処方」と記載されているのをみて、「肌にやさしい成分でできてるんだ」と思っていませんでしたか。

そう思っていたなら間違いです。
ノンケミカルは自然派化粧品という意味ではありません

ケミカルは紫外線吸収剤

ケミカルとは紫外線吸収剤のことです。
だからノンケミカルとは、紫外線吸収剤が使われていないという意味。

紫外線吸収剤が使われていないだけで、防腐剤や香料といった化学成分がバンバン入っていてもノンケミカルを名乗れます。

そうです、ぜんぜん肌にやさしくなくてもノンケミカル。

最近の自然派志向のブームに乗って、肌にやさしいと誤解されるようにわざと「ノンケミカル処方」をアピールしている商品もあるので注意してくださいね。

もちろん、肌にやさしい成分でつくられているノンケミカル商品もあります。
ただ「ノンケミカル=自然派化粧品」と思ってはいけないということです。

紫外線吸収剤とは

紫外線吸収剤とは、紫外線対策につかわれている成分です。

UVカット成分はおもに「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」に分かれています。

紫外線吸収剤は紫外線のエネルギーを吸収したのちに、違うエネルギーへと変換する化学成分になります。
塗り心地がよく、白浮きもしないというメリットがあります。

しかし紫外線のエネルギーを吸収するので、肌への負担が大きいというデメリットがあります。
肌が敏感な人は紫外線吸収剤が合わない場合も多く、ノンケミカルを選ぶ傾向にあります。
こういった観点からも、「ノンケミカルは肌にやさしい」というイメージになってしまったのかもしれませんね。

紫外線散乱剤

せっかくなので紫外線散乱剤にも触れておきましょう。

紫外線散乱剤は、紫外線を跳ね返してUVカット効果を狙う成分です。

酸化チタンや酸化亜鉛といった成分が代表的ですが、紫外線吸収剤よりも肌にやさしいのが一般的です。
その一方で白浮きしやすいというデメリットがあります。

この紫外線散乱剤を使用した化粧品を「ノンケミカル」と呼びます。

ケミカルが絶対悪いわけじゃない!

紫外線対策をするときに、肌が弱い人はノンケミカルを選ぶのが一般的です。
しかしケミカルの代わりにつかわれている酸化チタンや酸化亜鉛が、かえって肌に合わない人だっています。

成分と肌との相性は人それぞれです。
ワードに左右されずに、自分に合ったスキンケア商品を選んでいきましょう!

スポンサーリンク