きれいな髪に大変身!正しいブラッシング方法とブラシの選び方

きれいな髪は女性の憧れ。
ところがブラッシングを怠ってはいませんか。

ヘアケアはトリートメントだけではありません。
正しいブラッシングも髪をきれいにしてくれます。
スタイリングをするときだけでなく、髪のためにしっかりとブラッシングしていきましょう!

今回はブラッシングの効果やポイント、髪のためになるブラシの選び方を解説していきます。

ブラッシングの効果

髪をきれいにしたいと思ったら、まず思い浮かべるのはトリートメントという人が多いはずですね。
しかし毎日のブラッシング習慣もヘアケアの基本になります。

ではブラッシングにどんな効果があるのかみていきましょう。

髪がうるおってツヤツヤに!

頭皮はほかのパーツよりも皮脂量が多くなっています。
頭皮がベタつくのは嫌ですが、その皮脂は髪にうるおいを与えてくれるものなのです。

そのままにしておけば頭皮に留まってしまう皮脂も、ブラッシングすることによって髪全体に広がるようになります。

皮脂によって髪がうるおえば、ツヤも出てきれいな髪に!

マッサージ効果で育毛にも!

ブラッシングによって頭皮に適度な刺激が加わると、そのマッサージ効果で血液の流れが良くなります。
頭皮の血流がスムーズになると髪にも栄養が届きやすくなり、きれいな髪になっていきます。

髪の成長促進にもなるので育毛効果も!

ただしブラシで頭皮をゴシゴシとこすってはいけません。
頭皮を傷つけない程度の力加減でブラッシングしましょう。

髪の環境改善に!

髪をブラッシングすることでホコリや汚れが取り除かれます。
頭皮に付着しているフケも取れるので、頭皮や髪を清潔に保つことができます。

こういった環境改善も、髪をきれいに育てる大切なポイントです。

ブラッシングのタイミング

ブラッシングのタイミングは、朝のスタイリング時だけでなく外出からの帰宅時や就寝前など、汚れや絡まりが気になるときにしていきましょう。

一番のおすすめはシャンプー前のタイミングです。

シャンプー前にブラッシング!

シャンプーをする前にはブラッシングをするようにしましょう。
ブラッシングのメリットは前述したとおりですが、その中の1つである「汚れを落とす」効果がシャンプーの事前準備になります。
ブラッシングで汚れを浮かせておくことで、より洗髪の効果が高まるからです。

さらに髪の絡まりをとっておくことで頭皮まで水分やシャンプーが届きやすくなり、泡立ちも良くなります。

試しにブラッシングなしとブラッシングありでシャンプーしてみてください。
同じシャンプーでも泡立ちが全然違うはずです!

ブラシの選び方

ブラッシングの大切さがわかったところで、ブラシについても振り返っておきましょう。

スタイリングに使うロールブラシをブラッシングにも使用していませんか。
ブロー用のロールブラシや、目の細かいクシなどはブラッシングに不向きです。

静電気が発生しないブラシを使う

ブラッシングには静電気が発生しないブラシを使用しましょう。
静電気は髪を傷めやすくするので、せっかくきれいな髪にしようとブラッシングを頑張っても無駄になってしまいます。

ナイロン製のブラシは静電気を発生させやすいので、できれば避けてください。

硬すぎるブラシは選ばない

金属製のブラシのような、硬くて弾力性のないものは選ばないようにしましょう。

髪への刺激が強すぎたり、頭皮にダメージを与える危険性があります。
コンディションを良くするためのブラッシングが、逆に悪環境をつくることになりかねません。

ブラシは素材重視で!

ブラシにおすすめの素材は、猪毛や豚毛といったものです。
こういった素材はブラッシングのメリットをしっかりと生かすことができます。

普段はナイロン製のブラシを使っていた人が、猪毛でブラッシングするとその効果にビックリするほど!
髪にツヤが出て、まるでトリートメントしたみたい!といった感想も多くみられます。

猪毛や豚毛はホコリが付きやすいのですが、専用のホコリ取りを使えば簡単にお手入れできます。

専用のクリーナーを使って楽々お手入れ!

マペペ ヘアブラシクリーナー・Amazonでチェック

また最近では、セシオンというマイナスイオンを発生させる新素材も注目されています。
セシオンは静電気が起きにくく、キューティクルを整えるといった特徴があります。

素材がいいブラシは価格も高めになりますが、お手入れをちゃんとすれば長く愛用することができます。
毎日のブラッシングのために、素材重視でいいものを1つもっておきたいですね!

マペペのヘアブラシなら天然毛でもお手頃価格!
東急ハンズなどで扱っているので、機会があったら手に取ってみて。

つやつや天然毛のミックスブラシ・Amazonでチェック

ブラシのお手入れ

ブラシを洗うときは、シャンプーを溶かしたぬるま湯に付け、揺らしながら汚れを落とします。
汚れが落ちたらよくすすぎ、柄の水分をしっかりと拭き取ります。

あとは毛を下にして、タオルの上で乾かしましょう。

ブラッシング方法のポイント

最後にブラッシングのポイントもおさえておきましょう。

1・事前準備

髪の調子がいいときはそのままブラッシングをはじめてもいいのですが、髪がパサついているときには事前準備が必要です。

ブラッシングの前にスプレーやオイルで髪のすべりを良くし、ダメージを与えないようにします。

毛先が絡まっているときは、丁寧にほぐしておきます。
くれぐれもブラシで引っ張りながらほぐそうとしてはいけません!

2・ブラッシングの順番

いきなり髪の根元からブラッシングせず、最初は髪の真ん中から下方に向けてブラッシングしていきます。

急いでいても早くブラシを動かしてはいけません。
ブラシのスピードが速すぎると摩擦がおき、髪のキューティクルがダメージを受けてしまいます。
ゆっくりとブラッシングしていってくださいね。

つぎに髪の根元から毛先までをブラッシングして仕上げです。
このときにブラシを頭皮に強くあてすぎないようにしてください。
気持ちいいくらいのタッチが目安です。

ブラシは髪の表面だけでなく、髪全体に通すのがポイントです。

髪ツヤツヤで美人度アップ!

特別なトリートメントケアをしなくても、毎日の正しいブラッシング習慣で髪はきれいになっていきます。
ツヤツヤの髪で美人度アップさせてくださいね!

スポンサーリンク