知らなきゃ損!顔コリ解消で5歳若返る!

「コリ」ときけば、思い浮かぶのは肩や首。
しかしもコリが生じているかも!?

顔のコリは自覚症状がほとんどなく、意識している人があまりいません。
ところが顔コリをほっておくと大変なことに!

今回は顔コリの影響と、コリのほぐし方をみていきましょう。

顔コリの影響とは

首や肩と比べて、顔の筋肉量は少なくなっています。
だから首コリや肩コリと違って、顔コリは痛みをほとんど感じることがありません。

そこで顔コリに自覚症状があまりないなら、ほうっておいてもいいのでは?と思ったら大間違いです!
「コリ」は血行不良を意味しています。

筋肉がこわばっている状態なので、血流が悪くなってしまうからです。
血流が悪くなれば老廃物が排出されにくくなります。
しわやたるみができやすくなり、肌の色もくすんでいってしまうのです。

筋肉のハリが強くなっていくと、顔が大きくみえてしまうこともあります。

こうして「顔コリ」は顔の印象を大きく左右していくものなのです。
最近急に顔が老け込んで見える…そんなときは顔コリが原因になっているかも!

顔コリの症状

なかなか気付きにくい顔コリですが、こんな症状があれば顔コリかもしれません。

・顔が大きくなったような気がする

・顔のたるみが気になる(ほうれい線が目立つ)

・寝起きの顔がむくんでいる

・顔の筋肉がピクピク動く(無意識状態で)

・寝ているときに歯ぎしりしている

顔コリの原因

顔コリの原因は、顔の筋肉(表情筋の疲労からくるものがほとんどです。

表情筋を酷使していたり、表情筋の緊張状態が長くなりがちな人は要注意です。

顔コリになりやすい人

表情筋は適度につかっていないとコリやすくなります。
つかいすぎていても、逆に全然つかわなくてもいけません。

・接客業の人(笑顔を絶やさない人)

・目を細めがちな人

・無表情の人

・口に力を入れて結ぶクセがある人

こういった人はとくに要注意です!

顔コリ解消法

顔にコリがあると一気に老けた印象になってしまいます。
逆にコリを解消すれば、顔は若返った印象に!

顔コリが怪しい人は、顔コリ解消法でしっかりとほぐしていきましょう。
顔コリが大丈夫な人も、これからコリを発生させないように意識していきましょう。

基本的に血行を良くすることで、コリは解消できます

ツボで顔コリ解消!

肩や首がこっているときにツボを押すと気持ち良くなりますよね。
顔も同じで、ツボを押すことで血行が良くなりスッキリできます。

顔コリにきくツボをおさえて、手が空いているときに押しておきましょう。(1日1回程度)

ツボの押し方

1・まずは深呼吸してリラックス

2・気持ちがいい程度の力で

3・息を吐きながら3秒かけてゆっくり押す

4・息を吸いながら2秒かけてゆっくり戻す

5・1つのツボにつき2~3回繰り返す

■四白(しはく)

目の下の骨のくぼみから指1本ぶん下に下がった位置にあるツボが四白です。

顔の血行促進、くすみに効果があるツボです。
※目の周辺の皮膚は薄いので、あまり強く押さないようにしておきましょう。

■散笑(さんしょう)

小鼻の横のほうれい線に沿って、中央あたりにあるツボが散笑

頬のたるみ、顔の引き締めに効果があるツボです。

■地倉(ちそう)

口角の両端にあるツボが地倉です。

血行を促進し、むくみやたるみに効果的なツボです。
食欲を抑制する効果もあります。

マッサージで顔コリ解消!

マッサージで顔コリを解消することもできます。
お風呂上がりの体が温まっているときがおすすめ!

顔のマッサージはいろいろありますが、なかでも超簡単なものをご紹介します。

リンパマッサージ

1・小鼻の横から頬骨の下に沿ってこめかみの下あたり(耳下腺リンパ)に向かって流すようにマッサージ。
※力を入れなくてもO.K!

2・耳下腺リンパ節から鎖骨のくぼみ(鎖骨リンパ)まで流すようにマッサージ。

表情筋マッサージ

1・両手でグーをつくり、こめかみにあてる。

2・円を描くようにグリグリ回してマッサージ。

3・耳の下も同じようにマッサージ。

顔コリ解消で若返る!

顔がこっていては老け顔になり、スキンケアも台無しになりかねません。
そんなことにならないように顔コリ予防、顔コリ解消をしていきましょう!

スポンサーリンク