手作り炭酸風呂で贅沢な時間。メチャ簡単なのに美容効果も!

バブでお馴染みの炭酸風呂
市販の炭酸入浴剤ならお風呂に入れるだけで簡単だけど、お金がかかる…。
そんなときは手作りで炭酸風呂にしてしまいましょう!

炭酸風呂は美容効果もたっぷり。
ではその効果と、簡単な炭酸風呂の作り方をご紹介します。

炭酸風呂とは

炭酸風呂とは、二酸化炭素(炭酸ガス)が溶け込んだお風呂のことです。

人工的な炭酸風呂だけでなく天然のものもあり、ヨーロッパ諸国では古くから人気となっていました。
それというのも、炭酸風呂は健康と美容に大きな効果をもたらしてくれるからです。

炭酸風呂の効果

炭酸がお風呂に溶け込んでいることによって、さまざまな効果が生まれます。
どういった効果があるのかみていきましょう。

血行促進効果

炭酸風呂の一番の魅力は、血行の促進効果です。
バブのCMでも「普通のお風呂よりも、体がよく温まる」といったイメージになっていますが、それは血行促進効果によって温まりやすくなっているからです。

二酸化炭素は分子構造が小さく、毛細血管まで浸透することが可能です。
すると血中の二酸化炭素濃度が上がることになるので、体は酸素をとり込もうと働きます。
そして毛細血管が広がり、血流が増える(血行が促進する)といったメカニズムです。

代謝アップで美肌に!

血行が促進されれば代謝がアップします。
代謝が上がれば、もちろん肌のターンオーバーが整いやすくなります。
さらに肌への栄養も届きやすくなるので、肌の調子はどんどん上向きに!

肌の表面が弱酸性になるので、保湿効果も期待できます。
※天然の炭酸風呂は中性~弱アルカリ性ですが、人口の炭酸風呂は弱酸性。

ダイエット効果も!

新陳代謝がアップすることでダイエットもしやすくなります。

なかなか落ちなかった体重も、エネルギーの消費がスムーズになることで落ちやすくなってくれるからです。

体臭予防効果

ニオイの原因は酸性とアルカリ性の2種類があります。

人口の炭酸風呂は弱酸性になるので、アルカリ性が原因になっている体臭を中和してくれる効果もあります。

炭酸風呂を手作りする方法

魅力がたくさんある炭酸風呂ですが、入浴剤を買わなくても簡単に手作りできます。
しかも材料は100円ショップでも購入可能!
コスパもかなり上々です。

材料

・重曹

・クエン酸

※重曹はお掃除用と食品用がありますが、食品グレードのものを使用してください!

作り方

重曹大さじ2クエン酸大さじ1をあらかじめ混ぜておいたものを湯船に入れる。
たったこれだけです!

直接材料を湯船に入れたい場合は1度に入れず、まずは重曹(またはクエン酸)を混ぜてからクエン酸(または重曹)を混ぜてください。

発砲が開始されるとどんどん炭酸ガスが抜けていってしまうので、必ず入る直前に混ぜてくださいね。

湯船の大きさによっては炭酸が足りないと感じるかもしれません。
そのときは重曹大さじ3とクエン酸大さじ1.5にするなどして調節してみてください。
※重曹:クエン酸を2:1というのは、反応しやすい比率だからです。

濃度のチェックポイント

・肌に炭酸の泡が付くか

・血行促進されているか(肌が赤くなるか)

こういった点をみながら濃度を調節するといいでしょう。

ただし炭酸濃度を上げようと、大量に投入するのは禁物です。
二酸化炭素が発生し過ぎて酸欠になってしまいます!

炭酸風呂のアレンジレシピ

炭酸風呂をつくるときに、天然塩を大さじ3ほどプラスするのもおすすめ!
天然塩にはミネラルが豊富に含まれているため、デトックス効果血行促進効果もさらにアップしてくれます。

ニキビや毛穴ケアに塩パック!ウソみたいな効果にビックリ!

2017.02.15

アロマオイルもGOOD!

炭酸風呂にアロマオイルをプラスすれば、アロマテラピー効果も!
リラックス効果、安眠効果などお好みに合わせてチョイスしてみましょう。

ただし刺激の強いオイルや、光毒性があるオイル(柑橘系のオイルなどにある、紫外線によって毒性をもつ成分)は炭酸風呂に不向きです。

炭酸風呂の注意点

とっても簡単にできる炭酸風呂ですが、ちょっとした注意点もあります。
炭酸風呂をじょうずに楽しむためにも、しっかりチェックしておいてください。

目に注意

炭酸風呂のお湯は刺激になるので、入浴の際には目に入らないようにしましょう。

万が一入ってしまったときは、すぐにすすいでください。

温度に注意

炭酸風呂には角質を落とす働きもあります。
あまり高い温度にすると、角質を剥がし過ぎて肌乾燥の原因になりかねません。

また、高い温度は炭酸を抜けやすくもしてしまいます。

炭酸風呂の温度は高くし過ぎず、37度~38度くらいにしておきましょう。

換気に注意

お風呂の中が二酸化炭素で充満してしまうと、体調が悪くなってしまいます。
適度な換気をするようにしましょう。

とくに濃度の高い炭酸風呂をつくったときには注意が必要です。

脱水症状に注意

炭酸風呂は汗がたくさん出ます。

脱水症状にならないように水分補給をしてください。

追い焚きに注意

銅でできているボイラーに炭酸水が触れると、炭酸銅が生成されてしまいます。
だから追い焚き機能がついていてもボイラーに入らないように、追い焚きはしないようにしてください。

アトピーに注意

炭酸風呂について検索すると、アトピーにも効果的という口コミをよくみかけます。
しかしそれは軽度のアトピー症状の場合だと思ってください。

痒みが出ていたり、症状が重くなっているときには悪化する恐れもあります。

軽度のアトピーだからと炭酸風呂にチャレンジするときにも注意して、肌に異常を感じたらすぐに中断してください。

炭酸風呂でポッカポカ

炭酸風呂はコスパもよく、簡単に作ることができます。
冷え性にも効果的なので、これからの寒い季節には最適!

ぜひ炭酸風呂をじょうずに楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク