冬は下半身が太る!?冬太りを解消する3つのコツ

冬はもともと太りやすい季節です。
とくに下半身が太りやすい!

普段から下半身のお肉が気になっている人にとって、冬は困った季節。
しかし冬太りさせないコツもあるので安心してください!
ここでは冬に太りやすくなる原因と、その原因を解消するコツをご紹介していきます。

冬に太る原因

冬には太りやすくなる原因がたくさんあります。

夏は暑さから食欲が落ちやすくなるのに対して、冬は食欲が増加しやすくなります。
飲み会などのイベントも増え、暴飲暴食になることも。
厚着になるので、ボディラインへの緊張感も薄くなりがちですしね。

こういった外的要因も多いのですが、なんといっても冬は代謝が落ちる
体温が1℃下がると、なんと基礎代謝が14%も下がるといわれているんです。

そして代謝が落ちれば、脂肪が溜まりやすくなります。
さらに水分や老廃物も蓄積しやすくなるので、冬はどうしても太りやすくなるのです。

とくに下半身が太る!

冬になると、一番影響を受けるのが下半身です。
心臓から遠い位置にあるので血液も届きにくく、冷えやすいパーツだからです。
夏場でも足先だけは冷たいといった女性も多いのではないでしょうか。

足が冷えると、足についた脂肪も冷えます。
冷たくなった脂肪は、なかなか温まりません。
固い状態になったまま停滞し、下半身を取り囲んでしまいます。

こうしてますます下半身は冷えやすくなり、代謝が落ち、太くなっていく…という悪循環になりがちです。

骨盤も影響する

下半身の場合は、骨盤も大きく影響します。
下半身に向かっているリンパ節は股関節にあるのですが、骨盤が歪んでしまうとそのリンパが流れにくくなります。
リンパが滞ると老廃物も流れなくなり、下半身に溜まってしまうからです。

冬太りを解消!3つのコツ

ここまでで、冬に太らないようにするコツもなんとなくわかってきたのではないでしょうか。
そうです、冷やさないことが一番のポイントになります。

体を冷やさないようにし、代謝を上げて、脂肪が溜まらないようにしていけばいいのです。

1・湯船に浸かる

いつもはシャワーだけの人も、冬は湯船に浸かるようにしましょう。
体を温めるだけでなく、水圧によって血流も改善されやすくなります。

入浴した後はオイルで足だけでもマッサージしておけば、末端も冷えにくくなります。
足の乾燥予防にもなるので一石二鳥!

週に一度は半身浴でインナーケア!その4つの美容効果とは?

2016.03.08

混ぜるだけでいいの!?美容効果バツグンの日本酒風呂とは?

2016.03.09

2・ストレッチ

足をよく動かして、代謝を上げていきましょう。
できればしっかりと運動しておきたいところですが、なかなかできない人はテレビを観ながらストレッチ
足首をクルクル回すだけでも効果があります。

このときに股関節もストレッチしておくと、下半身へのリンパの流れも良くなります。

踏み台昇降がおすすめ!

自分はけっこう運動できるよ!という人には踏み台昇降がおすすめです。
部屋でできるし、テレビを観ながらでもO.Kなので継続しやすい運動です。

ネットで2,000円くらいで踏み台昇降用の台(高さが変えられるものがいいですよ)が売られていますが、雑誌を重ねて縛れば自作もできます!
高さは15cmくらいにするといいでしょう。(ちょっと辛ければ10cmくらいでも)

たかが足踏みと思っていても、結構な運動量になります!
10分もすれば汗が出てきます。
ストレッチを挟みながら、15分を2セット頑張ってみましょう。

3・代謝アップの食材

体の内側から体を温めることも大切です。
飲み物を飲むときには、冷たいものよりも温かいものを。
起床のときに白湯を飲むと、体温が上がって代謝アップになるのでおすすめです。

また、食事のときには体を温める食材をとり入れていきましょう。
ネギ、ショウガ、ゴボウ、レンコン、カボチャ…などなど、体を温める作用がある食材はたくさんあります。

体を温める食材をいちいち調べなくても、簡単な見分け方があります。
たとえば野菜なら

・冬が旬の野菜

・地中にできる野菜

・赤、オレンジ、黒色の野菜

こういった野菜が体を温めてくれます。

ちなみに果物なら、寒い地方でとれる果物に温める作用があります。
南国産のフルーツは逆に体を冷やすので注意してくださいね。

体を温めて太らせない!

体が冷えやすい冬は、体を温めて太らないようにしていきましょう。
毎年冬になると体重が増えていた人も、今年はこれで乗り切ってください!

スポンサーリンク