サツマイモは女性の味方!冬は焼き芋でホクホク美肌効果

寒い季節になると美味しい焼き芋。
まるでスイーツみたいに甘くて美味しい!
日本人が大好きな食べ物ですよね。

しかしサツマイモは美味しいだけじゃない!
とっても優秀な美肌効果がたっぷり含まれているんです。

思わず焼き芋を買いに走り出してしまうような、サツマイモの美容効果をご紹介していきましょう。

肌にいい栄養素がたっぷり!

サツマイモには肌にいいとされる栄養素が豊富に含まれています。
ビタミンBビタミンCビタミンEカリウムが代表的。

ほかにもカルシウム、マグネシウム、鉄分…などなどたくさんあるのですが、代表成分の働きを解説していきますね。

肌荒れに強くなるビタミンB

ニキビや肌荒れといったトラブルは、ビタミンBの不足が指摘されています。
なぜならビタミンBには、粘膜や健康な皮膚をつくりだす働きがあるからです。

そんなビタミンBが、サツマイモにはたっぷり。
サツマイモでビタミンBを補給しておけば、肌荒れ知らずの肌に!

ダイエットの味方にも

ビタミンBは脂質の代謝にも深く関わっている成分です。

脂肪の燃焼を助けてくれるので、ダイエットの強い味方にもなってくれます。

ビタミンCはリンゴの7倍

美白効果で有名なビタミンC
しかしビタミンCは美白だけでなく、肌の土台になるコラーゲンを生成してくれる成分でもあります。
肌のたるみやシワ改善にも役立ってくれるわけです。

さらには皮脂コントロール効果もあり、ニキビ予防にも!
とにかくビタミンCは、美肌をつくるために欠かせないといってもいいくらい優秀な成分。

そんなビタミンCも豊富に含まれていて、なんとリンゴの7倍以上の含有量がサツマイモにはあるんです!
フルーツであるリンゴのほうが豊富そうに見えますが、これは意外ですね。

抗酸化力のビタミンE

「スーパービタミン」と異名をもつビタミンEも、かなり美肌効果が高い成分です。
なんといっても注目したいのは抗酸化作用

肌の酸化(=老化)を防いでくれるのが抗酸化作用です。
ビタミンEはその抗酸化作用に優れた成分なので、肌の老化、劣化を防いでくれます。

そんな優秀な成分が、サツマイモを1本食べるだけで1日の必要量を簡単に摂取できてしまいます。

ポリフェノールもアンチエイジングに!

サツマイモの皮(皮の周辺にも)にはポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が含まれています。
ポリフェノールも強い抗酸化作用があることで有名な成分。

ポリフェノールとビタミンEの相乗効果で、意外にもサツマイモはアンチエイジング効果に優れた食品なんです。
できれば皮まで食べたい!

カリウムで体スッキリ

サツマイモはカリウムも豊富に含まれています。
データを参考にすると、米:サツマイモ(27:490)でなんと米の約18倍!
圧倒的な含有量ですね。

そんなカリウムは高血圧予防で有名な成分。
余分な塩分や老廃物を排出させる働きがあるからです。

体内の水分量をコントロールしてくれるので、カリウム摂取でむくみは解消。
水分、塩分、老廃物といった停滞しがちな物質をコントロールしてくれれば、体はいつでもスッキリに!

クロロゲン酸でさらなるダイエット効果

さらにサツマイモに含まれているクロロゲン酸は、糖の吸収をブロックする働きがある成分です。

カリウムのスッキリ効果に加えて、クロロゲン酸の働きが体をスリムにしていきます。

ヤラピンに注目!

ヤラピンって、なにやら聞きなれない成分ですよね。
ヤラッパ樹脂ともいいます。

サツマイモを切断したときに、白い液体が出ますよね。
それがヤラピンです。

じつはこのヤラピンは、サツマイモの魅力を語るうえで外したくない成分なんです。

なぜならサツマイモがもつ、特有の成分だからです。
ところがサツマイモの成分表にも記載されていないことが多い…。
知名度が少ない成分だからでしょうか。

しかしとても優秀な成分なんです!
胃袋の粘膜を保護したり、腸の動きを活発にしてくれる働きがあります。
サツマイモは食物繊維でも有名ですが、ヤラピンと食物繊維の相乗効果で便秘解消にはかなりの効果が期待できます。

焼き芋を食べると便通が良くなるのは、こういった効果があるからなんですね。

そしてたかが便通と侮ってはいけません。
腸内は肌を映す鏡」といわれるくらい、肌への影響力が高くなっています。

腸内環境が悪いと、肌は美しさを保てません。
スキンケアをいくらがんばっても効果がでないときには、腸内環境が悪いのかもしれないんです。

サツマイモで腸内をきれいに整えておけば、スキンケアも効果が出やすくなります!

サツマイモの食べ方

こんなに美肌効果があるサツマイモですが、やみくもに食べてしまってはカロリーの過剰摂取になってしまいます。

サツマイモのカロリーは中くらいのサイズ1本で260kcal程度。
ちなみに白米だとご飯茶碗1杯で約150kcalなので、中サイズ半分=ご飯茶碗1杯分くらいと覚えておきましょう。

ダイエットを意識しているなら、焼き芋を1食置き換えにするのがおすすめです。
焼き芋150g程度(中サイズ半分くらい)で1食とする方法です。
かなりのカロリーカットになり、なおかつサツマイモの効果も堪能できますね。

焼き芋ダイエットは続けやすいダイエットとしても高評価なダイエット方法になります。

焼き芋は太らない!?食べ方によってはダイエット効果も!

2016.11.07

ダイエットはさほど気にしていないなら、おやつを焼き芋にしてもいいですね!
じょうずに工夫して、カロリーオーバーにならないようにサツマイモを食べていきましょう。

焼き芋は簡単に作れる!

最近ではスーパーに行くと焼き芋が売られていたりしますが、自分でも簡単に作ることができます。
手軽に美味しい焼き芋が作れるのは石焼き芋器。
2000円くらいで購入できます。

石焼き芋器がなくてもレンジやトースターで作る方法も、検索するとたくさん出てきます。
自分好みの作り方で、美味しく美肌を手に入れてくださいね!

スポンサーリンク