肌劣化ゼロを目指すために!肌に悪い食品は避けていこう!

肌荒れ、老化、ニキビ…肌になんらかのマイナス要素が現れると、まずスキンケアでなんとかしようとしますよね。
しかしスキンケアだけで大丈夫?

肌はまず内側からつくられていくものです。
そしてその素材…つまり栄養は食品から摂取されています。
だからじつは肌にとって食品はとっても大事!

ここでは肌に悪い影響を与える食品を、トラブル別にみていきましょう。

ニキビに悪い食べ物

ニキビに悪い食べ物は油分です。
油っこい食べ物をとると、ニキビが増えるというのは有名な話です。
なぜなら過剰な油分を摂取することで、皮脂の分泌も過剰にしてしまうからです。

油分を全くとらないと肌乾燥を招いてしまいますが、ニキビ肌の場合はなるべく油分をカットして保湿するようにしましょう。

カフェインにも注意

コーヒーなどに含まれているカフェインには、ビタミンやミネラルを排出してしまう作用があります。

すると皮脂の分泌が過剰になってしまうので、ニキビ肌ならカフェインにも注意してください。

アーモンドにも注意

ビタミンEは肌代謝を高めるとして、注目されている栄養素です。
ニキビの改善にも有効とされています。

そしてビタミンEの含有量が多いことで有名なのがアーモンド。
肌を気にしてアーモンドをおやつにつまむ女性も多くなっています。

ところがナッツ類はビタミンEが豊富な代わりに油分も多くなっています。
ニキビ肌のときには、ナッツ類のとり過ぎにも注意が必要です。

乾燥肌に悪い食べ物

乾燥肌に悪い食べ物は、まずカフェインです。
カフェインには利尿作用があり、体内の水分を多く排出してしまいます。

体内の水分量が減れば、もちろん肌の水分量も減少してしまいます。
乾燥肌が気になるときには、カフェインの摂取を控えるようにしましょう。

また過剰な塩分も、細胞の水分を奪ってしまいます。
味の濃い食べ物にも注意してください。

冷たいものに注意!

冷たい食べ物や飲み物は、体を冷やしてしまいます。
体が冷えると血行が悪くなり、肌の代謝も悪くなります。
こういった代謝の停滞も乾燥を招く原因に。

肌乾燥を改善したいときには、体を冷やすような食べ物を控えるようにしていきましょう。

肌老化に悪い食べ物

肌を老化させる食べ物は、糖質の多い食べ物です。

糖分は肌を酸化させるだけでなく、ビタミンBを消費してしまいます。
ビタミンB群は、肌をきれいに保つためにとても大切な成分です。

糖化が怖い!

糖分は肌を糖化させるというリスクもあります。
糖化とは、分解しきれなかった糖質とタンパク質が結びつくことで起きる現象。
糖化タンパク質(AGEs)を生成してしまうことです。

糖化は肌の色を黄色くくすませてしまったり、コラーゲンを固くしてしまったり(肌のハリがなくなる)、シミができやすくなったりと、肌を老けてみせる要素がとても多い現象になっています。

しかも怖いことに、糖化によってできてしまった糖化タンパク質は一度生成されるともう分解することができません!
だから糖化タンパク質を生成させないためにも、糖質はなるべくカットしていきましょう。

糖化が肌を老化させる!糖化を防ぐための簡単なポイント5つ

2016.06.23

バランスの良い食生活を

自分が思っている以上に、体内のコンディションが肌に影響を与えているものです。
血行を良くしておく、代謝を高めておく、腸内環境を整えておくなど、体内環境も意識していきましょう。

そして体内環境を良くするためには食生活が大切になってきます。
普段からバランスの良い食生活を心がけてください。

スポンサーリンク